1. Home
  2. EAT
  3. 万能調味料「酒粕」を使った毎日の簡単おかずアレンジレシピ

万能調味料「酒粕」を使った毎日の簡単おかずアレンジレシピ

3,043

「酒粕」がいま多くの注目を集めています。 タンパク質、ビタミンB1、B2、B6、食物繊維、亜鉛などの栄養素を多く含んでおり、美肌効果、美白効果、ダイエット効果、がん予防や美容と健康にとてもいいと言われています。

酒粕を毎日の食事でおいしく取り入れるには

20180221_sakekasu1

でも一体どうやって酒粕を取り入れたらいいのでしょうか。 今回はその酒粕を、上手においしい食事として取り入れる方法をご紹介します。

チーズとの相性が抜群の「酒粕グラタン」

寒い日にぽかぽか温まりそうな「酒粕グラタン」。こちらを作ったhisako1355さんに作りかたとポイントを教えていただきました。

  1. 鶏肉と白ネギ(または玉ねぎ)を無塩バター(サラダ油でも可)で炒め、しめじや好みの根菜(ニンジン、里芋、蓮根、ごぼうなど)を炒める。
  2. 小麦粉を適量入れ、火を止めて全体を絡ませる。
  3. 弱火でフツフツしてきたら白だしと白みそを入れる。甘めが好きな人はみりんを追加し、とろみが出るまで煮る。山芋のすりおろしとマヨネーズを入れるのもオススメです。
  4. 酒粕を好みの量入れ、酒粕が溶けるまで煮る。
  5. シュレッドチーズを4に適量入れる。
  6. チーズが溶けて全体に混ざったら火を止め、耐熱容器に流し入れる。
  7. 6の上にシュレッドチーズ、とろけるスライスチーズをちぎってのせ、オーブンでこんがり焼いて完成。

「酒粕は多めに入れるとほんのり優しく、酒粕の香りがします。チーズの香りと合わさるので酒粕の香りは強くなく、お子さまでも大丈夫なほどです。」

チーズの香りが強いので酒粕初心者や酒粕が得意ではない、という人にもおすすめです。

朝食にもピッタリの酒粕トースト

酒粕はパンとの相性も抜群。こちらはゆかRさんが作った酒粕トーストです。 酒粕トーストの作りかたを伺ってみました。

「酒粕はバターと牛乳を少し混ぜてレンジで10〜20秒あたためます。 ペースト状になったらイングリッシュマフィンに塗り、仕上げに蜂蜜をかけました。」

まるでチーズのような味わいという酒粕トースト。朝食にはもちろん、ちょっとしたお酒のつまみにもなりそうです。 酒粕ペーストを塗ってトーストするだけでもおいしいそうですよ。

アイデア次第でアレンジは色々

他にも酒粕を使ったアレンジ方法はたくさん。

めぐさん(@megg_muu)がシェアした投稿 -

酒粕を入れたカレーや

eriさん(@erinren_)がシェアした投稿 -

酒粕を入れたパウンドケーキなどもあります。 カレーもパウンドケーキも、他の材料と組み合わせることでさらにアレンジが広がります。

食事としてもスイーツとしても取り入れやすい酒粕。食べやすくて美容にも健康にも効果的なんて、簡単なメニューから一度は試してみたい食材です。

横山かおり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. レディー・ガガのすっぴんを支える、ビタミンCに秘められたパワー

    2. 【お悩み】セックスをする気が起きず、性欲がなくなってしまったかも......

    3. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    4. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. 夜の営みにプラス効果!? 精のつく身近な食べ物10

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン