1. Home
  2. EAT
  3. 温めてほぐれる生姜とれんこんのすりおろしスープレシピ

温めてほぐれる生姜とれんこんのすりおろしスープレシピ

2,120

寒さが厳しくて、冷え性にはつらい日々。重ね着しても、ホッカイロを貼っても、なかなか温まりません。芯からポカポカするには、やはり内側から温める必要がありそうです。

体の芯から温まる、生姜とれんこんのすりおろしスープ

1802_soup_01

伊勢丹新宿店フレッシュマーケットの鈴木シェフが教えてくれたのは、意外な「温め食材」を使ったスープのレシピ

体を温める食材としてよく知られるのは、生姜や唐辛子ですが、実は根菜も「温め食材」のひとつ。土の中でエネルギーを蓄えるれんこんごぼうなどの根菜類は、東洋医学の考え方では、「陽」の食材に分類され、体を温めるものとして考えられています。

(「FOODIE」より引用)

鈴木シェフが提案するのは、れんこんをベースに生姜、長ねぎ、唐辛子と4つの「温め食材」を組み合わせたスープです。

材料>(2人分)

  • れんこん…1節(120g)位
  • 生姜…1かけ
  • 長ねぎ(小口切り)…1/2本分
  • 鶏ひき肉(市販の鶏団子用)…60〜80g
  • 牛乳…400cc〜500cc
  • 白だし(濃縮タイプ)…小さじ2
  • オリーブオイル…大さじ2
  • 塩、七味唐辛子…好みで

作り方

1. れんこんをすりおろし、炒める

1802_soup_02

鍋に長ねぎの小口切りを入れ、れんこんを皮付きのまますりおろします。このとき、鍋に直接すりおろすと簡単! オリーブオイルを回し入れ、長ねぎの香りが立つまで炒めていきます。

2. 牛乳を加えて煮る

1802_soup_05

「加える牛乳を少なめにして、お好みのチーズをプラスすれば、パスタソースやグラタンソースとしてもアレンジできますよ」(鈴木シェフ)

3. ひと煮立ちしたら、鶏団子と白だしを加えて煮る

1802_soup_03

「鶏団子は、きれいなボール状にしなくてもOKです。スプーンですくったものをそのまま鍋に投入すると時短にもなり、歯触りもおいしくなります。もしくは形を作らずに、あえてポロポロのそぼろ状にしてもいいですね」(鈴木シェフ)

4. 鶏団子に火が通ったら、生姜をすりおろしてひと煮立ちさせる

1802_soup_04

鶏団子に火が通ったら、牛乳を加えてスープのとろみを調整します。生姜を皮付きのまま鍋にすりおろし、ひと煮立ちさせたら完成です。味が物足りないなと感じたら塩をプラスしてください。

(「FOODIE」より引用)

クリーミーでトロッとしたれんこんスープに、皮ごとすりおろした生姜の香り。想像するだけでポカポカしてきます。七味唐辛子をトッピングしたら、味にアクセントがついて、ますます温まりそう。れんこん以外でも、ごぼうやかぶ、たまねぎなどの根菜でもおいしく作れるとのこと。寒い日の朝食や、体をいたわりたい休日にぴったりの内側から温まるスープです。

FOODIE

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン