1. Home
  2. EAT
  3. 温めてほぐれる生姜とれんこんのすりおろしスープレシピ

温めてほぐれる生姜とれんこんのすりおろしスープレシピ

1,958

寒さが厳しくて、冷え性にはつらい日々。重ね着しても、ホッカイロを貼っても、なかなか温まりません。芯からポカポカするには、やはり内側から温める必要がありそうです。

体の芯から温まる、生姜とれんこんのすりおろしスープ

1802_soup_01

伊勢丹新宿店フレッシュマーケットの鈴木シェフが教えてくれたのは、意外な「温め食材」を使ったスープのレシピ

体を温める食材としてよく知られるのは、生姜や唐辛子ですが、実は根菜も「温め食材」のひとつ。土の中でエネルギーを蓄えるれんこんごぼうなどの根菜類は、東洋医学の考え方では、「陽」の食材に分類され、体を温めるものとして考えられています。

(「FOODIE」より引用)

鈴木シェフが提案するのは、れんこんをベースに生姜、長ねぎ、唐辛子と4つの「温め食材」を組み合わせたスープです。

材料>(2人分)

  • れんこん…1節(120g)位
  • 生姜…1かけ
  • 長ねぎ(小口切り)…1/2本分
  • 鶏ひき肉(市販の鶏団子用)…60〜80g
  • 牛乳…400cc〜500cc
  • 白だし(濃縮タイプ)…小さじ2
  • オリーブオイル…大さじ2
  • 塩、七味唐辛子…好みで

作り方

1. れんこんをすりおろし、炒める

1802_soup_02

鍋に長ねぎの小口切りを入れ、れんこんを皮付きのまますりおろします。このとき、鍋に直接すりおろすと簡単! オリーブオイルを回し入れ、長ねぎの香りが立つまで炒めていきます。

2. 牛乳を加えて煮る

1802_soup_05

「加える牛乳を少なめにして、お好みのチーズをプラスすれば、パスタソースやグラタンソースとしてもアレンジできますよ」(鈴木シェフ)

3. ひと煮立ちしたら、鶏団子と白だしを加えて煮る

1802_soup_03

「鶏団子は、きれいなボール状にしなくてもOKです。スプーンですくったものをそのまま鍋に投入すると時短にもなり、歯触りもおいしくなります。もしくは形を作らずに、あえてポロポロのそぼろ状にしてもいいですね」(鈴木シェフ)

4. 鶏団子に火が通ったら、生姜をすりおろしてひと煮立ちさせる

1802_soup_04

鶏団子に火が通ったら、牛乳を加えてスープのとろみを調整します。生姜を皮付きのまま鍋にすりおろし、ひと煮立ちさせたら完成です。味が物足りないなと感じたら塩をプラスしてください。

(「FOODIE」より引用)

クリーミーでトロッとしたれんこんスープに、皮ごとすりおろした生姜の香り。想像するだけでポカポカしてきます。七味唐辛子をトッピングしたら、味にアクセントがついて、ますます温まりそう。れんこん以外でも、ごぼうやかぶ、たまねぎなどの根菜でもおいしく作れるとのこと。寒い日の朝食や、体をいたわりたい休日にぴったりの内側から温まるスープです。

FOODIE

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    温めてほぐれる生姜とれんこんのすりおろしスープレシピ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More