1. Home
  2. EAT
  3. 温めてほぐれる生姜とれんこんのすりおろしスープレシピ

温めてほぐれる生姜とれんこんのすりおろしスープレシピ

1,698

寒さが厳しくて、冷え性にはつらい日々。重ね着しても、ホッカイロを貼っても、なかなか温まりません。芯からポカポカするには、やはり内側から温める必要がありそうです。

体の芯から温まる、生姜とれんこんのすりおろしスープ

1802_soup_01

伊勢丹新宿店フレッシュマーケットの鈴木シェフが教えてくれたのは、意外な「温め食材」を使ったスープのレシピ

体を温める食材としてよく知られるのは、生姜や唐辛子ですが、実は根菜も「温め食材」のひとつ。土の中でエネルギーを蓄えるれんこんごぼうなどの根菜類は、東洋医学の考え方では、「陽」の食材に分類され、体を温めるものとして考えられています。

(「FOODIE」より引用)

鈴木シェフが提案するのは、れんこんをベースに生姜、長ねぎ、唐辛子と4つの「温め食材」を組み合わせたスープです。

材料>(2人分)

  • れんこん…1節(120g)位
  • 生姜…1かけ
  • 長ねぎ(小口切り)…1/2本分
  • 鶏ひき肉(市販の鶏団子用)…60〜80g
  • 牛乳…400cc〜500cc
  • 白だし(濃縮タイプ)…小さじ2
  • オリーブオイル…大さじ2
  • 塩、七味唐辛子…好みで

作り方

1. れんこんをすりおろし、炒める

1802_soup_02

鍋に長ねぎの小口切りを入れ、れんこんを皮付きのまますりおろします。このとき、鍋に直接すりおろすと簡単! オリーブオイルを回し入れ、長ねぎの香りが立つまで炒めていきます。

2. 牛乳を加えて煮る

1802_soup_05

「加える牛乳を少なめにして、お好みのチーズをプラスすれば、パスタソースやグラタンソースとしてもアレンジできますよ」(鈴木シェフ)

3. ひと煮立ちしたら、鶏団子と白だしを加えて煮る

1802_soup_03

「鶏団子は、きれいなボール状にしなくてもOKです。スプーンですくったものをそのまま鍋に投入すると時短にもなり、歯触りもおいしくなります。もしくは形を作らずに、あえてポロポロのそぼろ状にしてもいいですね」(鈴木シェフ)

4. 鶏団子に火が通ったら、生姜をすりおろしてひと煮立ちさせる

1802_soup_04

鶏団子に火が通ったら、牛乳を加えてスープのとろみを調整します。生姜を皮付きのまま鍋にすりおろし、ひと煮立ちさせたら完成です。味が物足りないなと感じたら塩をプラスしてください。

(「FOODIE」より引用)

クリーミーでトロッとしたれんこんスープに、皮ごとすりおろした生姜の香り。想像するだけでポカポカしてきます。七味唐辛子をトッピングしたら、味にアクセントがついて、ますます温まりそう。れんこん以外でも、ごぼうやかぶ、たまねぎなどの根菜でもおいしく作れるとのこと。寒い日の朝食や、体をいたわりたい休日にぴったりの内側から温まるスープです。

FOODIE

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 天然の甘味料もOKとは言えない。糖尿病の人に気をつけてほしい食べ物8種(後編)

    3. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    4. 期待に応えることをやめてみる......自分をワンランクアップさせる思考法

    5. 脂肪を燃焼しても、筋肉には変わらない【痩せるカラダを作る方法】

    6. 怒りを上手にコントロールする6つの方法

    7. 毎日3.7リットル水を飲むガロン・ウォーター・チャレンジについて、栄養士の見解

    8. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    9. リップ要らずの唇になる「金魚の口」 #30日間の顔ヨガ

    10. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    4. 腰に一番よい寝姿勢は? 腰や背中が痛いときオススメの寝方を専門家が指南

    5. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    6. 良質な睡眠、肌ツヤUP、太りにくい体へ。食べ方で血糖をコントロール!

    7. 怒りを上手にコントロールする6つの方法

    8. ライム病と闘う歌姫「体の機能が停止していくのを感じ、溺れたような気分」

    9. 痩せてきたのに、なんかクサイ。「ダイエット臭」って知ってますか?

    10. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. あなたは大丈夫? 糖尿病予備軍の見過ごせないサイン7つ

    3. 「歩くたびに疲れがとれる」と噂のサンダルを履いてみた

    4. 若年性乳がん、どんな人がなりやすい?

    5. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    6. 糖質制限でガマンしない、失敗しない。糖質で太らない5つのヒント

    7. 「この日空いてる?」と予定を聞かれたときのスマートなかわし方

    8. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. 医師が教える副腎疲労。ひどい疲れには3つの“フリー”

    10. キスだけでもうつる「梅毒」がいま増加中! 初期サインを見すごさないで

    温めてほぐれる生姜とれんこんのすりおろしスープレシピ

    FBからも最新情報をお届けします。