1. Home
  2. EAT
  3. うまみがぎゅっと凝縮。ほたてのオイル漬けの作り方

うまみがぎゅっと凝縮。ほたてのオイル漬けの作り方

1,967

クリハラチナツ

お刺身で食べても焼いてみても美味しく、魚介類の中でも人気のあるほたて。うまみとともにタウリンや亜鉛などミネラルも豊富な栄養の面でも魅力な食材です。

箸が止まらない、中華風ほたてのオイル漬け

20180220_hotate

ほたてをさらに美味しく、長く楽しみたい時におすすめなレシピがFOODIEにありました。伊勢丹新宿店の魚のプロ<東信水産>の上條八千代シェフが作るのは中華風のほたてのオイル漬け。お酒にあてにもぴったりなレシピです。

うまみがたっぷり!「ほたてのオイル漬け」レシピ

<材料>(作りやすい分量)

・ボイルほたて 20粒(約250g)

・あれば干しえび 5g(少量の水に浸けてもどし、粗みじん切りにしたあとフライパンでから煎りにする)

・にんにく 2かけ(半分に切って芽をとり、包丁の腹でつぶす)

・赤唐辛子の小口切り 1~2本分

<合わせ調味料>

・オイスターソース 大さじ1

・日本酒 大さじ1 ※紹興酒でも可

・しょうがの絞り汁 小さじ1

ごま油、サラダ゙油 各適量


<作り方>

1.ほたては両面に焼き目をつけて、水分を飛ばす

フライパンにサラダ油少々を中火で熱し、ほたてを並べて両面に焼き色(上写真)がつくまでしっかりと焼く。

2.合わせ調味料を加える

ほたてに焼き色がついたら、余分な水分はペーパータオルでふき取ってから、<合わせ調味料>をまわし入れ、たれを煮詰めながら全体にからめる。たれがほぼなくなって照りが出てきたら、火を止める。

3.保存容器に干しえび、赤唐辛子を入れてオイルを注ぎ、ほたてを漬ける。

煮沸消毒した保存ビンに干しえび、赤唐辛子を入れ、サラダ油とごま油を3:1など、好みの割合で保存ビンの半分まで注ぎ、軽く混ぜる。

ほたてを加え、干しえびや赤唐辛子が全体に行き渡るように混ぜる。にんにくを加え、仕上げにほたてがかぶるくらいオイルを足し入れ、ひと晩以上漬けてなじませる。

FOODIEより引用)

最大のポイントは、ほたての水分をしっかり飛ばすこと。ごま油は商品によってコクが異なるので油の割合はお好みで調節すると良いそう。生のほたてではなくボイルを使うのは水分が抜けているのでうまみが強く、調味料が入りやすいので加熱調理に向いているのだとか。身のプリッとした部分とひものコリコリした食感の両方が楽しめますね。

オイスターソースのコクと、ごま油の香りが食欲をそそってご飯が進み過ぎてしまいそう。保存は冷蔵庫で一週間。一晩経てばおいしくいただけます。

そのままだけでなく、チャーハンやパスタに加えても美味しそう。たくさん作りおきして、いろんな料理を楽しみたいですね。

FOODIE

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. パリ、青葉台、そして秋谷へ。夫妻の思い出がつまったインテリア/こぐれひでこさんの住まい[後編]

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    8. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    9. ごはん日記の素材たち。まず好きな食材を買って、メニューはあとから考える/こぐれひでこさん[後編]

    10. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    5. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    6. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    7. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    8. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    7. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    8. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    9. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら