1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 日焼けしにくい肌に。新発想のUVケアアイテム「shiro」から登場

日焼けしにくい肌に。新発想のUVケアアイテム「shiro」から登場

1,461

寒い冬が終わると、紫外線が気になりはじめます。一年中、紫外線ケアをする方がいいのはわかっていますが、UVブロックのクリームや乳液は、ちょっと突っ張る感じがして冬場は敬遠する人もいます。でも、UVブロックではなく、24時間、肌に負担をかけないサンケアローションが3月8日、「shiro」から発売されます。

サンブロックではなく、日焼けしにくい肌を目指す新発想

20180221_uv

image via Shutterstock

UVケアというと、紫外線をカットし、肌にダメージを与えないように防御するので、朝のスキンケアで化粧下地や体にぬって使用しますが、shiroから新登場する「サンケアローション」は、24時間使用可能です。

20180221_uv1

サンケアローション 50ml 7,344円(税込)

それは、100%植物性で、酸化チタンや酸化亜鉛フリーで作られているからです。肌に潤いを与えながら、植物成分がフィルターのように作用し紫外線からのダメージを受けにくい素肌を育ててくれるというもの。なので、朝はもちろん、夜のスキンケアにも使うことで、より効果が高められるそう。サンケアローションは、UVA・UVBをお肌の表面で吸収するフィルターの働きをしてくれます。

たまねぎの日焼け止め効果と植物エキスの潤い効果

20180221_uv2

サンケアローションは、オレンジ色の、まるで化粧下地のような乳液タイプです。これは、たまねぎの外皮による色。たまねぎは、日光に当たり続けても、皮をむけば中は真っ白ですよね。外皮が、紫外線などの外からのダメージを守っているのです。

この効果に着目し、たまねぎエキスが肌の上で、同じ役割を果たしてくれます。しかも、エキスの原料は、大量に捨てられる国内産たまねぎの外皮のため、お肌にも農家にもうれしいたまねぎエキスなんです。そのほかにも、トマトやシアバターなどの植物エキスやオイルによって、角質層でフィルターのような作用で紫外線を吸収し、紫外線がメラノサイトに届くのを軽減します。

使うほどに肌が強くなっていくような感覚でスキンケアできるサンケアローションは、のびがよく、みずみずしいテクスチャーです。朝晩のケアにプラスして、焼けにくい肌になったら、夏のヴァカンスで、うっかり日焼け止めのぬり直しを忘れて失敗したというようなことがなくなりそう。今年の夏は、いつも以上にアウトドアのレジャーが楽しめるかも。

shiro

林 ゆり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    2. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    5. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    6. 置き換えダイエットをためす前に知っておきたいメリット・デメリット

    7. いま、日本ワインがどんどん美味しくなってるって知ってた?

    8. 好感度が上がる頭皮コンディショニング法

    9. 夏至の日からの過ごし方:変化やチャンスを活かせる自分をはぐくもう

    10. 生理、睡眠、活動量。女性の健康をサポートするスマートウォッチ「Fitbit Versa」が登場!

    1. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    2. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    3. 「コーヒーを飲むとがんになる」は本当?

    4. 「5大がん検診」って? 受けるべきがん検診は何だか知っていますか?

    5. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    8. 1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

    9. 1日30分のウォーキングで得られる心身への効果

    10. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    日焼けしにくい肌に。新発想のUVケアアイテム「shiro」から登場

    FBからも最新情報をお届けします。