1. Home
  2. MIND
  3. 月に1度は、自分を棚卸し。人生を主体的に運用する方法

月に1度は、自分を棚卸し。人生を主体的に運用する方法

6,872

片岡理森

年の初めや誕生日になると「さて、どんな1年にしようかな?」と自分の人生を見つめ直すものですが、それ以外にも、月に1度は自分を見つめ直す習慣を持った方が良いそうです。

目標や優先順位を定期的に確認する「棚卸の日」をつくる

1802_inventoryday_top

image via shutterstock

目標を立てても、そこにどれだけ近づけたのか、足りないことは何か、時間やお金の使い方は間違ってないか、などと確認する時間が取れていないのが現実。日々の忙しさや目の前のやるべきことに追われてしまうと、私たちはつい「自分」をおろそかにしてしまいます。そこで毎月、たとえば月初の1日や月末の31日、あるいは自分の誕生日と同じ日などに「自分を棚卸する日」を設定することを提案しているのが、テクノロジーを通じて人権問題に取り組んでいるSabrina Hersi Issa氏です。

「自分を棚卸しする日」とは、自分は人生をどう生きたいのか、何を優先したいのか、そのためにはどうすべきかを意識的に検討する日なのです。自分の人生をしっかりと運用していくうえで必要だと思うことは、すべてこの日に実行します。自分が望んでいるのは何なのかを確認しましょう。自分に心から正直になりましょう。ほかの誰でもなく、自分自身のために。自分が必要としていることに遠慮せず目を向け、それを書き出してください。自分の目標をリストアップし、計画を立てたら、それを、すぐに取り出して確認できる場所にしまいましょう。

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

手帳やカレンダー、スマホのメモなど、目に付きやすいところに目標を書き出しておくと、客観的に自分を見ることができそう。たとえばGPS機能付きの地図を見ながら目的地に向かって歩くときように、ゴールまであとどれくらいの距離があって、そこまでの間にどんなポイントが待っているのか、その道が通れなくなったらどんな横道があるのかなど、俯瞰した視野で確認できるようになるのかもしれません。

棚卸の日には、目標のリストアップだけでなく、他にもやることがあるようです。

自分に対して、こう質問しましょう。「今月は何を学んだだろうか?」「何に驚いたか? それはなぜか?」「何に感謝しているか?」「誰に感謝しているか?」(中略)次の1カ月で取り組みたいタスクを追加しましょう。

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

ただリストをながめるだけでなく、自問自答することでより自分の現在地が明確になります。さらに、リストは常に更新していくことで、さまざまな環境や心の状態に沿った柔軟な動きにつながっていきそう。

目標を立てるとやる気がみなぎる反面、目標を立てたことに満足してしまって、そのままおざなりになってしまうこともあります。こうして毎月決まった日に棚卸する習慣がつけば、少しずつでも着実に前に進んでいる自分を確認できるはず。この日ぐらいは自分を褒めてあげることも忘れないようにしたいです。

ライフハッカー(日本版)

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    3. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    4. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    5. 2020年11月30日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    6. 肌の未来は明るい!乾燥や老化へのアプローチを根本から変える新発見

    7. 温度に気をつけるだけ。にんにくの風味を最も引き出す調理法

    8. 缶詰より断然おいしい。低温調理で簡単「手作りツナ」レシピ

    9. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    5. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    6. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    7. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    8. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    9. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    10. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら