1. Home
  2. BODY
  3. 手軽に腸内環境改善。「ターメリック」のおいしい取り入れ方

手軽に腸内環境改善。「ターメリック」のおいしい取り入れ方

3,386

先日「Sunfood」の新製品発表会に参加しました。そこで、皮膚科の治療に「ホリスティック栄養学」に基づく栄養指導を取り入れ、アンチエイジングにも精通した医師・山﨑まいこ先生の「腸内環境改善」に関するお話がとても勉強になりました

体を病気に向かわせるふたつの要因

20182019_turmeric

image via Shutterstock

山﨑先生「私は、滞りのない体でいることが、病気をしないということだと考えています。では、健康をおびやかすものにはどのようなものがあるのでしょう? それは、慢性炎症と低体温です。慢性炎症を引き起こすのは、活性酸素とよばれるものです。体内では、呼吸で取り入れた酸素の2%は活性酸素に変わるといわれています。

また、外的要因として科学物質、電磁波、環境ホルモン、紫外線、タバコ、排気ガスなどがあげられます。健康な体は、活性酸素を常に分解することができますが、活性酸素が長く細胞に存在すると、ヒドロキシルラジカルという酸化力が強い物質に変わり、体の不調を招きます」

炎症をコントロールするポイントは?

山﨑先生慢性炎症をコントロールするためには、活性酸素を抑えることが大切です。その鍵となるのが腸です。腸では、腸内細菌と腸粘膜が協力して酵素やビタミン、ホルモンなどを合成し、体に必要なものは吸収し、有害なものはシャットアウトしたり、解毒したりしてくれています。人が腸内細菌をケアすれば、大きなヘルプをしてくれますし、無視すれば炎症を起こしている自覚がないまま自ら不調を招いてしまっている可能性もあります。また、意外と知られていませんが、幸福物質として知られているセロトニンも、実はその9割が腸で作られているんですよ」

腸内環境を整える合い言葉は「HOPE」

では、どうすれば腸内環境を整えることができるでしょう?

山崎先生がが提唱しているのが、気軽においしく滞りのない体にみちびくための「HOPE&ファスティング」です。

HOPEとは

・H(High Fiber)食物繊維の多い食事を心がけること

・O(Oil)良質のオイルを摂取すること

・P(Pro/Probiotics)有用菌や腸内菌のエサ←腸内の善玉菌のエサとなるものを摂取すること

・E(Enzymes)生の食品やサプリメントで酵素を摂取すること


気軽においしく食べることが、滞りのない体に導いてくれるのだそう。

小腸・大腸に働きかけるターメリックに注目

漢方はもちろん、アユールヴェーダでも共通して使われているスパイスであるターメリック。山崎先生によると、疲労回復、消化吸収促進、滋養強壮、殺菌やアンチエイジング効果が期待できるそう。とくに、ターメリックが消化管にもたらす作用は以下の4つ。

1. 小腸の壁をリラックスさせ、内容物を押し出す

2. 膨張感やガスの貯蔵を改善

3. 腸内の細菌叢や免疫反応のバランスを整える

4. 大腸粘膜の修復や再生を促進

毎日手軽にターメリックを摂れるスーパーフードミックス

20180219_turmeric1

ターメリックは、アユールヴェーダでは、すべての体質の人にすすめられる万能ハーブといわれています。また、黄金色のポリフェノール「クルクミン」を豊富に含んでいて、抗炎症、消化促進、血液浄化、美白効果があるそう。 Sunfoodの「オーガニック ゴールデンミルク スーパーブレンド」は、クルクミンの吸収を高めるブラックペッパー、ターメリックの働きを助けるボスウェリア、ゴジベリーやマカなどをブレンドしています。

20180219_turmeric2

飲み方はとても簡単で、1回3g(ティースプーン約1杯)を目安に200mlの植物性ミルクと混ぜるだけ。また、冷たくても温かくてもOKで、アーモンドミルクとの相性は抜群です。 「ターメリックがミルクで乳化されることで、腸内での吸収率を高めてくれます。続けやすい印象ですし、ミルクで割るのはとても理にかなっています」と山﨑先生も愛飲しています。

ターメリックというと、どうしてもカレーのイメージが強かったのですが、「オーガニック ゴールデンミルク スーパーブレンド」は、おいしく無理なくターメックを摂れる画期的なスーパーフードミックスだと感じます。滞りのない体を目指して、私も飲み続けたいと思います。

Sunfood,まいこホリスティック スキン クリニック

小竹美沙

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    2. ボトル330万本削減。洗い心地抜群な固形シャンプーが人気な理由

    3. 管理栄養士が教える、イチゴが心臓や脳、免疫にもよい理由

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. 手だけをつかって、簡単に幸福感を得られる方法

    9. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン