1. Home
  2. BODY
  3. 体臭が気になるのは、洗濯洗剤が合っていないのかも?

体臭が気になるのは、洗濯洗剤が合っていないのかも?

5,627

この時期、冷え性に悩める女性たちは厚着をしがちで、と同時に「ムレ」や「体臭」に思わず敏感になってしまうもの。体臭や足の匂い、デリケートゾーンの匂いが必要以上にきついと感じる時、それは洗濯洗剤を見直すいい機会なのかもしれません。

洗濯物に残る微量の洗濯洗剤が原因?

20180216_smell

image via Shutterstock

洗濯洗剤が原因で体臭がキツくなる、というのはにわかに信じられないことのように感じますが、実際にそのような症例が世界中のあちこちで報告がされているようです。

通常私たちが洗濯洗剤を購入する際には、匂いと汚れが落ちることを最優先されるため、蛍光増白材や漂白剤などの化学物質には目を向けないもの。口に直接入れるわけではないので、実際に洗濯洗剤からアレルギー反応を起こすケースも多くみられるといっても、あまりピンとこないのではないでしょうか。

ランジェリーなどは小さく丸めて整頓するために、特にこの微量の洗濯洗剤が肌との化学反応を起こし、デリケートゾーンのにおいの原因となることもあるのだとか。洗濯洗剤や柔軟剤はきちんと量を測り、できるだけ正しく使うことで肌への負担を減らしたいもの。多くの魅力的な選択肢のなか、アレルギーなどの体質・肌の状態などを考慮、自分にあった洗濯洗剤を選ぶことが大事なのです。

体臭の改善は、食生活から

体臭は外的要因だけでなく、主に口臭から推し量れるように、何を食べたかで決まることもあります。例えば肉やビール、玉ねぎ、にんにくやブルーチーズなどの香りのきついものを食べれば、それが匂いに影響を及ぼします。

年齢やホルモンの影響を受けた「加齢臭」、また「怒り」「緊張」などの感情と共に現れるストレスレベルによっても発汗量は変わり、体臭は大きく変化します。また、特に今の時期、寒い日には家の中にこもりっきりであり、運動をする機会もめっぽう減ってしまいます。汗をかいていないので喉も乾かず、十分な水分をとることもないために、これがきつい体臭の原因になることも。更に糖尿病や肝臓、腎臓などに関する深刻な病気のサインである可能性もあるのだとか。いつもと変わらない生活を送っているのにもかかわらず、突然酷い体臭が続くようなら、病院に行くようにしましょう。

デリケートゾーンに関しては様々なケア製品が見られるようになり、世の女性は匂いに敏感になりすぎた感もあります。ドイツでは産婦人科に来る女性の40%が、デリケートゾーンの洗いすぎで問題を抱えているという報告もあるほど。

ドイツでは、カップ一杯ほどのリンゴ酢を洗面器のお湯に混ぜて10〜15分ほど座ることで、pH値が健康的な状態になり、においの解消ができると民間療法もあるよう。自然の治癒力で、副作用もなし。やはり何でもやりすぎはよくないのですね。

THE WESTERN JOURNAL OF MEDICINE,LIVESTRONG.com,gesundpedia.de,femininund&fit,freundin

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    2. 【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

    3. 医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

    4. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    5. 将来病気になりにくい人は、腕立て伏せを何回できる?

    6. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    7. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは