1. Home
  2. STYLE
  3. 装着して寝るだけ。「いびき」を解消するウェアラブルデバイス

装着して寝るだけ。「いびき」を解消するウェアラブルデバイス

5,528

生活や仕事の質が低下すると言われる「睡眠負債」の原因には、睡眠時間の短さだけでなく、「いびき」も挙げられます。

そこで自覚のある人におすすめなのが、「いびき」をテクノロジーのチカラで防止・解消し、快眠を導くアイマスク型ウェアラブルデバイス「Snore Circle Smart Eye Mask(スノアサークルアイマスク)」です。

いびきの原因である喉の筋肉の緩みを軽減

scsem_01

とはいえ「アイマスク」をつけるだけでいびき解消につながるなんて、どういった仕組みなのでしょうか。

そもそも、いびきは気道が狭くなってしまうことで発生しますが、その大きな要因の一つが「喉の筋肉の緩み」であると言われています

『スノアサークルアイマスク』は独自の音認識(特許取得)と骨伝導技術によって、いびきを検知した後に睡眠を妨げない微弱な音と振動を発することで、迷走神経へ働きかけて、睡眠状態のまま起きることのない ”ほぼ起きている状態” の覚醒状態へ導き、咽頭部の筋肉が収縮させ、いびきの原因である喉の筋肉の緩みを軽減させるそう。

じつはこの製品、販売開始以降、世界25か国でのシリーズ累計販売台数20万台を突破した「耳につけるだけでいびきを識別・防止するスマートデバイス スノアサークル」のシリーズ最新モデルなのです。

つけてスイッチオンするだけ

scsem_02

実際に日本の医療機関において、30代男性と40代男性を対象にスノアサークルの機能をONにして寝た場合とOFFにして寝た場合のいびきの発生回数の測定をしたところ、いびきの発生回数が約半減されたことが確認されました。

製品自体は38gと超軽量で、しかも快適性を追求した高密度ソフトスポンジのアイマスクのため、違和感なく使用できます。使い方は、製品を装着後、本体のスイッチを入れて寝るだけ。

scsem_03

さらにうれしいのが、スマホアプリ「Snore Circle V4 / スノアサークル ブイ4」と連動させることで、いびきと睡眠を記録、管理、分析できること。これにより、毎日の睡眠状態を詳しく確認することができます。

毎日、健康的な眠りができていないと感じている人や、パートナーのいびきの音が気になってぐっすり眠れないという方はぜひ。いまなら2018年2月21日(水)まで、オンラインショップ限定で、通常価格16,200円(税込)のところ、先行販売限定価格12,960円(税込)で購入可能です。

【スノアサークル スマートアイマスク製品情報】

サイズ:幅23.5cm奥行2.6cm高さ8.3cm

素材:本体エコロジカル高密度ソフトスポンジ、ライクラ ファイバー(ストレッチ素材)、ABS樹脂/ポリカーボネート

バッテリー:リチウム電池 80mAh

重量:38g

定価:オープンプライス 先行予約販売特別価格:12,960円(税込)/通常販売価格:16,200円(税込)

同梱品:「スノアサークル いびき軽減スマートアイマスク」本体 、Micro USB充電ケーブル 、日本語取扱説明書 [対応モデル]

スマートフォンOS:iOS7/Android 4.3 以降 、Bluetooth 4.0

先行予約販売期間:2018年2月15日(木)〜2月21日(水)(7日間)

発売時期:2018年3月1日(木)~

型番:SC 23-002 製品

オフィシャルサイトはこちら

オンラインストアはこちら

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    2. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    5. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    6. 置き換えダイエットをためす前に知っておきたいメリット・デメリット

    7. いま、日本ワインがどんどん美味しくなってるって知ってた?

    8. 好感度が上がる頭皮コンディショニング法

    9. 夏至の日からの過ごし方:変化やチャンスを活かせる自分をはぐくもう

    10. 生理、睡眠、活動量。女性の健康をサポートするスマートウォッチ「Fitbit Versa」が登場!

    1. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    2. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    3. 「コーヒーを飲むとがんになる」は本当?

    4. 「5大がん検診」って? 受けるべきがん検診は何だか知っていますか?

    5. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    8. 1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

    9. 1日30分のウォーキングで得られる心身への効果

    10. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    装着して寝るだけ。「いびき」を解消するウェアラブルデバイス

    FBからも最新情報をお届けします。