1. Home
  2. EAT
  3. 低糖質な簡単おかず。おからのヘルシー豆乳キッシュ

低糖質な簡単おかず。おからのヘルシー豆乳キッシュ

糖質とはなにか? 糖質のすべてに迫ります

7,459

糖質オフ(糖質制限)を意識した低糖質メニューを毎日考えるのは意外と大変。とはいえ、単に炭水化物を減らしてしまえと考えるのは、安易すぎるようです。簡単に、おいしく続けられる低糖質ごはんを叶えたいなら、日常食に欠かせない低糖質食材を覚えておくこと、その一つがおからです。

今回は、低カロリー、低糖質、食物繊維が豊富で腸活も期待できる生おからを使ってヘルシー豆乳キッシュを作ります。生地なし、生クリームなし、だから簡単ヘルシーにできる一品です。

おからのヘルシー豆乳キッシュ

180213_dp_top

<材料>1人分

  • 鶏もも肉(皮なし) 40g
  • ブロッコリー 25g
  • 玉ねぎ 30g
  • オリーブオイル 小さじ1/2
  • ★生おから 15g
  • ★調製豆乳 70cc
  • ★溶き卵 1/2個
  • ★コンソメ(顆粒) 小さじ1/2
  • ★塩 少々
  • ★黒こしょう 少々
  • ピザ用チーズ 15g
  • プチトマト 2個
  • パセリ(乾燥) 適量

<作り方>

  1. オーブンに天板を入れ、予熱を入れる(220℃)。
  2. ブロッコリーは小房に分け、塩少々を加えた熱湯で茹で、ザルにあげる。
  3. 玉ねぎは根元を除き、薄切り。プチトマトはヘタを除き、横半分に切る。
  4. フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏肉を入れ、焼き色がつくまで炒める(中火)。
  5. 玉ねぎを加え、しんなりしたらブロッコリーを加えさっと炒める。バットに取り出し、粗熱を取る。
  6. ボウルに★を入れ、よく混ぜ合わせる。
  7. (6)に(5)を入れ混ぜ、耐熱容器に移し、ピザ用チーズ・プチトマトをちらし、オーブンで焼く(220℃ 15~20分位)。
  8. 粗熱が取れたら、パセリをちらす。

一人分でも簡単に作れるように、今回は生地は使わず、お好みの耐熱容器で作れるキッシュです。調製豆乳がなければ、牛乳などで代用も可能です。

管理栄養士からのワンポイントアドバイス!

おからは、キレイな髪の毛や爪、肌をつくる土台となるたんぱく質が含まれ、また便秘解消効果も期待できる食物繊維も含まれています。水分を含みやすい性質もあるので、お腹の中で膨れ満足感も高まりやすい一品です。鶏もも肉は鶏むね肉に比べると脂肪分が多いので、ダイエット中は余分な皮などはしっかり除くように調理しましょう。しっかり皮を除くことで1枚あたり約120〜150kcalほどのエネルギーカットに繋がりますよ。

(管理栄養士:服部麗)

>>体が喜ぶ時短レシピをもっと読みたい

こんなレシピも人気です!

レシピ提供:ダイエットプラス

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    2. ボトル330万本削減。洗い心地抜群な固形シャンプーが人気な理由

    3. 管理栄養士が教える、イチゴが心臓や脳、免疫にもよい理由

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. 手だけをつかって、簡単に幸福感を得られる方法

    9. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン