1. Home
  2. MIND
  3. 良縁に恵まれない…。実は目に見えない「心の相性」が原因かも

良縁に恵まれない…。実は目に見えない「心の相性」が原因かも

運命を変えるマインド革命

7,390

20180211_mind_top

image via Shutterstock

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。 人生を変えていくが人との関わりとめぐり逢い。 特に、素敵な異性とのめぐり逢いは、誰しも本能的に求めているもの。

けれど、せっかく綺麗にしているのに、せっかく仕事も頑張っているのに。でも、いい男がまるで死滅してしまったかようにめぐり逢えない。 何か変な儀式でもしてるんじゃないの?と疑いたくなるくらい、サッパリ出会えない。これは、実は目に見えない「心の相性」が原因です。

「心の相性」の正体は、具体的には「自分が普段、何をどう思っているか?」という心理状態のこと。 まるでパズルのピースのように、「今の自分の心の状態」が、その時、どんな人と出会い、どんな人と引き合うのか?が決まってしまうのです。

まずは、あなたの心の状態がどんなものだと、どんな男性と波長があってしまうのかをみていきましょう。

セルフイメージが低い・自分のことをダメだと思っている

「どうせ私なんて」「ほらやっぱりだめだった」「やっても無理だよ」 自分に自信がなく、ふだんから人とのやりとりでおどおどしている。自信がないから言いたいことも言えない。思ったことがあっても、つい愛想笑いをして誤魔化してしまう。

ダメだから、自己表現できない。人の目を見て話せない。心の暗さは、リアルな人への態度となって現れます。すると、「おどおどしていて暗い」「一緒にいても受け身でつまらない」「なんか無理してるなあ」「笑顔が嘘くさい」「それほど価値がある女性ではなさそう」と男性に思わせてしまいます。

その反対に、「私にはこういういいところがある!」「こんなこともあんなことも、与えることができる素敵なひと」と自分を信じて肯定することが出来れば、それが輝いた姿となって、異性の目に映ります。

そもそも男性を見極めていない

「誰でもいいから私のことをみて!」と思っていると、それが誰に対しても愛想のいい女性に捉えられます。しかしその反対に、「誰でもいいから自分を売り込んでいる、焦っている女性」というようにもみられてしまいます。

「誰に対してでもこびを売っている」というのは、「自信がない、それほど女性に免疫のない男性」からみればとても魅力的。「自分のことも受け容れてもらえるかも知れない」という予感をさせるからです。

お互いに軽いノリで、お互いになんとなく好きで、今は楽しい。けれど、人生を一緒にやっていくなんて考えられないし、協力し合ったり、将来どうするのかも、お互いに考えていない……。

こうしたことを改善していくためには、はっきりと「私は人生を一緒にやっていく、尊敬できる男性がいい」「その場ののりで生きているような男性は合いません!」と、自ら断捨離することが大切です。

偏った愛情を愛だと思い込んでいる

親から暴力をふるわれていたり、ものすごく厳しい家庭で育った場合、「厳しくされるのも愛情だよね」「文句言われても受けいれるのが愛なんだ」というように、愛そのものを誤解してしまいます。

「無視されても我慢しなければ」「お母さんは忙しいから、私は2番目で大丈夫」「お姉ちゃんは出来るから可愛がられるけど、私はそれほどでもないからあんまり可愛がられないのは当然」。こんなふうに思ってしまうと、それが大人になってからも「こういうものが愛なんだ」影響してしまうんですね。

しかし、愛とは本当は温かいもの。 一緒にいて困難を乗り越えたり、暖かく抱きしめ合ったり、お互いに話を聞いたり、優しく思いやりを与え合ったり、楽しいことや喜びを共有したり、反対に、苦しみも一緒に分かち合って和らげたりするもの。

こうして「私にとって愛とはこんな暖かいもの」としっかり認識し直すことができれば、そのとおりの愛を表現してくれる人とフィーリングが合うようになっていきます。 自分にあったぴったりの異性。 その人に出逢うためにも、こうした「心のロジック」が重要になります。

あなたはどんな人と愛しあいたい? 大切な自分の人生。しっかりと見極めてくださいね。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

image via Shutterstock

斎藤芳乃

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    良縁に恵まれない…。実は目に見えない「心の相性」が原因かも

    FBからも最新情報をお届けします。