1. Home
  2. EAT
  3. ハスカップの塩漬けで作る、新感覚のヘルシーレシピ

ハスカップの塩漬けで作る、新感覚のヘルシーレシピ

1,816

似鳥よーこりん

北海道に自生し、アイヌ民族からは“不老不死の果実”と呼ばれている、「ハスカップ」をご存知でしょうか。ブルーベリーよりもアントシアニンが多く含まれ、ビタミンCやEも豊富なため、目の疲れや、疲労回復、美肌づくりにも高い効果をもたらすスーパーフルーツなんです。

ハスカップを塩漬けにするとどうなる?

20180213_hasukapu1

そのまま食べると、かなり酸味が強いハスカップは、主に砂糖を加えて、ジャムやスイーツづくりに使われていますが、地元ならではの、ほかではあまり見ない利用法を知って驚きました。それは、「ハスカップの塩漬け」です。「フルーツを塩漬けに!? 」と、未知の味わいを想像すると、ワクワクしますよね! しかも、自分で作ることができてしまうんです。もともとは酸っぱい果実だったハスカップを品種改良で甘みを増し、無農薬栽培している「山口農園」の山口善紀さんに、そのレシピを教えていただきました

ハスカップの塩漬けの作り方

<材料>

  • ハスカップ 500g(冷凍のものでもOK)
  • 塩(天然塩) 40g(果実の8%)

<作り方>

  1. 果実をぬるま湯でやさしく洗う。
  2. きれいな瓶に入れ、塩を入れる。
  3. 1日経ったら瓶をひっくり返し、中身を混ぜる。

こんなに簡単に作ることができるなんてうれしいですね。3日目から食べられ、賞味期限は約一カ月ほど。プルンとしたつややかな外見はフルーツそのもので、コンフィチュールにも見えますが、口にすると、柔らかな皮の中から塩味のきいた果実の風味が拡がり、慣れるまではなんとも不思議な味わいです。

20180219_hasu_1

おにぎりの具にしたり、ごはんに混ぜ込んだりなど、梅干しの使い方をイメージすると、普段の食卓に取り入れやすいです。手作りの梅干しは、作るのになかなか気合いがいりますし、季節も限定されますが、ハスカップの塩漬けは、冷凍品を使えば年中作ることができ、塩分も控えめ

おすすめはおかゆのトッピング。戻したクコの実を思わせる優しい食感と、鮮やかなパープルの色合いが新鮮です。和洋どちらにも使えますので、アイデア次第で、ヘルシーレシピの幅がぐんと拡がります。

山口農園

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析