MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. EAT
  3. ハスカップの塩漬けで作る、新感覚のヘルシーレシピ

ハスカップの塩漬けで作る、新感覚のヘルシーレシピ

北海道に自生し、アイヌ民族からは“不老不死の果実”と呼ばれている、「ハスカップ」をご存知でしょうか。ブルーベリーよりもアントシアニンが多く含まれ、ビタミンCやEも豊富なため、目の疲れや、疲労回復、美肌づくりにも高い効果をもたらすスーパーフルーツなんです。

20180213_hasukapu1

ハスカップを塩漬けにするとどうなる?

そのまま食べると、かなり酸味が強いハスカップは、主に砂糖を加えて、ジャムやスイーツづくりに使われていますが、地元ならではの、ほかではあまり見ない利用法を知って驚きました。それは、「ハスカップの塩漬け」です。「フルーツを塩漬けに!? 」と、未知の味わいを想像すると、ワクワクしますよね! しかも、自分で作ることができてしまうんです。もともとは酸っぱい果実だったハスカップを品種改良で甘みを増し、無農薬栽培している「山口農園」の山口善紀さんに、そのレシピを教えていただきました

ハスカップの塩漬けの作り方

20180213_hasukapu

<材料>

  • ハスカップ 500g(冷凍のものでもOK)
  • 塩(天然塩) 40g(果実の8%)

<作り方>

  1. 果実をぬるま湯でやさしく洗う。
  2. きれいな瓶に入れ、塩を入れる。
  3. 1日経ったら瓶をひっくり返し、中身を混ぜる。

こんなに簡単に作ることができるなんてうれしいですね。3日目から食べられ、賞味期限は約一カ月ほど。プルンとしたつややかな外見はフルーツそのもので、コンフィチュールにも見えますが、口にすると、柔らかな皮の中から塩味のきいた果実の風味が拡がり、慣れるまではなんとも不思議な味わいです。

おにぎりの具にしたり、ごはんに混ぜ込んだりなど、梅干しの使い方をイメージすると、普段の食卓に取り入れやすいです。手作りの梅干しは、作るのになかなか気合いがいりますし、季節も限定されますが、ハスカップの塩漬けは、冷凍品を使えば年中作ることができ、塩分も控えめ

おすすめはおかゆのトッピング。戻したクコの実を思わせる優しい食感と、鮮やかなパープルの色合いが新鮮です。和洋どちらにも使えますので、アイデア次第で、ヘルシーレシピの幅がぐんと拡がります。

山口農園

Writing by似鳥よーこりん

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    3. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 頭皮のビフォーアフターが一目瞭然!極上ヘッドスパ体験をレポート

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 体臭が気になるのは、洗濯洗剤が合っていないのかも?

    8. 鰯のつみれ鍋は本当においしい【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    9. 文句ばかり言ってしまう性格をなんとかしたい! グチを減らすための6つのステップ

    10. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 良縁に恵まれない......実は目に見えない「心の相性」が原因かも

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 花粉と戦う「眞鍋かをり」が驚愕した、イギリスでの花粉エピソード

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    9. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    10. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    7. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    8. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    9. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    10. 辛酸なめ子より。すべての乾いている女性たちへ

    ハスカップの塩漬けで作る、新感覚のヘルシーレシピ

    FBからも最新情報をお届けします。