1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. デリケートゾーンケアにおすすめフェミニンウォッシュ3選

デリケートゾーンケアにおすすめフェミニンウォッシュ3選

1,007

「肌の内側を1倍とすると、デリケートゾーンはその42倍の経皮吸収率」と言われています。 忙しいときほど、デリケートゾーンも石けんやボディーソープで洗ってすませがちですが、洗浄力の強いアルカリ性のもので洗っていると、知らず知らずのうちに肌の常在菌まで洗い流してしまっていることがあるそうです。

20180213_wash

今回は、使ってみて「いいな」と感じたフェミニンウォッシュを3つご紹介します。

天然由来成分100%。きめ細やかな泡タイプ

20180213_wash1

「ピュビケア オーガニック フェミニン シフォン ソープ」2,268円(税込)

日本初のデリケートゾーン専門サロン「ピュビケアサロン白金台」とナチュラル・オーガニックの企画販売会社「たかくら新産業」がコラボレートして誕生したのが、天然由来成分100%の「ピュビケア オーガニック フェミニン シフォン ソープ」。ポンプを押すと、細かな泡状の弱酸性ソープが出てきます。香りは、ローズ&イランイラン、ジャスミン&ネロリ、ビターオレンジ&レモンの3種類。きめ細やかな泡で出てくるので、デリケートなゾーンもやさしく洗いあげます。

天然の乳清(ホエイ)が、健やかな肌に導く

20180213_wash2

「フェミニンウォッシュジェル」2,700円(税込)

ドイツのフランクフルトとケルンの間にある村で2002年に設立されたビオトゥルム社のフェミニンラインには、オーガニック乳清由来の「ラクトインテンシブ アクティブコンプレックス(ホエイ) 」が配合されています。このホエイのpH値は3から4の弱酸性で、デリケートゾーンをすこやかな状態に整えながら清潔に保ちます。 さらに、「フェミニンウォッシュジェル」にはカモミール(カミツレ花エキス)と カレンドラ(トウキンセンカ花エキス)の植物エキスが配合されていて、肌をやさしく健やかに整えてくれます。

フィトテラピーの発想で開発されたシリーズ

20180213_wash3

左からフェミニン クリーム 1,058円(税込)、フェミニン ウォッシュ 1,058円(税込)(CosmeKitchen限定)

「INTIME ORGANIQUE by le bois(アンティーム フェミニンウォッシュ)」は、デリケートゾーンのpHにソープのpHを合わせることで刺激を与えないように作られています。自然由来の原料を使用し、弱酸性のデリケートゾーンの免疫力を守ります。また、気になる処方ですが、抗炎症・抗菌にすぐれたローズマリー葉エキス、整肌成分として知られるネロリとオレンジ果皮油、さらに皮を圧縮したレモン果皮エキスなどを配合し、植物の力を最大限に活用。肌本来がもっている常在菌やうるおいを保ちながら、すっきりと洗い流してくれます。 イタリア最大級のオーガニック認証団体AIABやハラル認証を取得しており、多くの女性が手に取りやすいように配慮されています。

髪を洗うように、洗顔をするように、デリケートゾーンのケアをすることで、自分の体調に敏感になれ、気持ちまで整えられそうです。

Pubicare Organic,おもちゃ箱,INTIME ORGANIQUE,CosmeKitchen

小竹美沙

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    デリケートゾーンケアにおすすめフェミニンウォッシュ3選

    FBからも最新情報をお届けします。