1. Home
  2. BEAUTY
  3. デリケートゾーンケアにおすすめフェミニンウォッシュ3選

デリケートゾーンケアにおすすめフェミニンウォッシュ3選

2,752

小竹美沙

「肌の内側を1倍とすると、デリケートゾーンはその42倍の経皮吸収率」と言われています。 忙しいときほど、デリケートゾーンも石けんやボディーソープで洗ってすませがちですが、洗浄力の強いアルカリ性のもので洗っていると、知らず知らずのうちに肌の常在菌まで洗い流してしまっていることがあるそうです。

20180213_wash

今回は、使ってみて「いいな」と感じたフェミニンウォッシュを3つご紹介します。

天然由来成分100%。きめ細やかな泡タイプ

20180213_wash1

「ピュビケア オーガニック フェミニン シフォン ソープ」2,268円(税込)

日本初のデリケートゾーン専門サロン「ピュビケアサロン白金台」とナチュラル・オーガニックの企画販売会社「たかくら新産業」がコラボレートして誕生したのが、天然由来成分100%の「ピュビケア オーガニック フェミニン シフォン ソープ」。ポンプを押すと、細かな泡状の弱酸性ソープが出てきます。香りは、ローズ&イランイラン、ジャスミン&ネロリ、ビターオレンジ&レモンの3種類。きめ細やかな泡で出てくるので、デリケートなゾーンもやさしく洗いあげます。

天然の乳清(ホエイ)が、健やかな肌に導く

20180213_wash2

「フェミニンウォッシュジェル」2,700円(税込)

ドイツのフランクフルトとケルンの間にある村で2002年に設立されたビオトゥルム社のフェミニンラインには、オーガニック乳清由来の「ラクトインテンシブ アクティブコンプレックス(ホエイ) 」が配合されています。このホエイのpH値は3から4の弱酸性で、デリケートゾーンをすこやかな状態に整えながら清潔に保ちます。 さらに、「フェミニンウォッシュジェル」にはカモミール(カミツレ花エキス)と カレンドラ(トウキンセンカ花エキス)の植物エキスが配合されていて、肌をやさしく健やかに整えてくれます。

フィトテラピーの発想で開発されたシリーズ

20180213_wash3

左からフェミニン クリーム 1,058円(税込)、フェミニン ウォッシュ 1,058円(税込)(CosmeKitchen限定)

「INTIME ORGANIQUE by le bois(アンティーム フェミニンウォッシュ)」は、デリケートゾーンのpHにソープのpHを合わせることで刺激を与えないように作られています。自然由来の原料を使用し、弱酸性のデリケートゾーンの免疫力を守ります。また、気になる処方ですが、抗炎症・抗菌にすぐれたローズマリー葉エキス、整肌成分として知られるネロリとオレンジ果皮油、さらに皮を圧縮したレモン果皮エキスなどを配合し、植物の力を最大限に活用。肌本来がもっている常在菌やうるおいを保ちながら、すっきりと洗い流してくれます。 イタリア最大級のオーガニック認証団体AIABやハラル認証を取得しており、多くの女性が手に取りやすいように配慮されています。

髪を洗うように、洗顔をするように、デリケートゾーンのケアをすることで、自分の体調に敏感になれ、気持ちまで整えられそうです。

Pubicare Organic,おもちゃ箱,INTIME ORGANIQUE,CosmeKitchen

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. パリ、青葉台、そして秋谷へ。夫妻の思い出がつまったインテリア/こぐれひでこさんの住まい[後編]

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    8. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    9. ごはん日記の素材たち。まず好きな食材を買って、メニューはあとから考える/こぐれひでこさん[後編]

    10. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    5. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    6. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    7. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    8. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    7. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    8. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    9. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら