1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. デリケートゾーンケアにおすすめフェミニンウォッシュ3選

デリケートゾーンケアにおすすめフェミニンウォッシュ3選

1,877

「肌の内側を1倍とすると、デリケートゾーンはその42倍の経皮吸収率」と言われています。 忙しいときほど、デリケートゾーンも石けんやボディーソープで洗ってすませがちですが、洗浄力の強いアルカリ性のもので洗っていると、知らず知らずのうちに肌の常在菌まで洗い流してしまっていることがあるそうです。

20180213_wash

今回は、使ってみて「いいな」と感じたフェミニンウォッシュを3つご紹介します。

天然由来成分100%。きめ細やかな泡タイプ

20180213_wash1

「ピュビケア オーガニック フェミニン シフォン ソープ」2,268円(税込)

日本初のデリケートゾーン専門サロン「ピュビケアサロン白金台」とナチュラル・オーガニックの企画販売会社「たかくら新産業」がコラボレートして誕生したのが、天然由来成分100%の「ピュビケア オーガニック フェミニン シフォン ソープ」。ポンプを押すと、細かな泡状の弱酸性ソープが出てきます。香りは、ローズ&イランイラン、ジャスミン&ネロリ、ビターオレンジ&レモンの3種類。きめ細やかな泡で出てくるので、デリケートなゾーンもやさしく洗いあげます。

天然の乳清(ホエイ)が、健やかな肌に導く

20180213_wash2

「フェミニンウォッシュジェル」2,700円(税込)

ドイツのフランクフルトとケルンの間にある村で2002年に設立されたビオトゥルム社のフェミニンラインには、オーガニック乳清由来の「ラクトインテンシブ アクティブコンプレックス(ホエイ) 」が配合されています。このホエイのpH値は3から4の弱酸性で、デリケートゾーンをすこやかな状態に整えながら清潔に保ちます。 さらに、「フェミニンウォッシュジェル」にはカモミール(カミツレ花エキス)と カレンドラ(トウキンセンカ花エキス)の植物エキスが配合されていて、肌をやさしく健やかに整えてくれます。

フィトテラピーの発想で開発されたシリーズ

20180213_wash3

左からフェミニン クリーム 1,058円(税込)、フェミニン ウォッシュ 1,058円(税込)(CosmeKitchen限定)

「INTIME ORGANIQUE by le bois(アンティーム フェミニンウォッシュ)」は、デリケートゾーンのpHにソープのpHを合わせることで刺激を与えないように作られています。自然由来の原料を使用し、弱酸性のデリケートゾーンの免疫力を守ります。また、気になる処方ですが、抗炎症・抗菌にすぐれたローズマリー葉エキス、整肌成分として知られるネロリとオレンジ果皮油、さらに皮を圧縮したレモン果皮エキスなどを配合し、植物の力を最大限に活用。肌本来がもっている常在菌やうるおいを保ちながら、すっきりと洗い流してくれます。 イタリア最大級のオーガニック認証団体AIABやハラル認証を取得しており、多くの女性が手に取りやすいように配慮されています。

髪を洗うように、洗顔をするように、デリケートゾーンのケアをすることで、自分の体調に敏感になれ、気持ちまで整えられそうです。

Pubicare Organic,おもちゃ箱,INTIME ORGANIQUE,CosmeKitchen

小竹美沙

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン