1. Home
  2. STYLE
  3. わたしを守る「免疫」を知る。前代未聞の体験型アート展

わたしを守る「免疫」を知る。前代未聞の体験型アート展

2,263

meneki01

いつも、こうしているいまも、わたしたちのカラダを、守り続けているもの--。それは「免疫」です。でも自分のカラダのことなのに、よく知らないのも事実。難しいメカニズムを簡単かつ体験できるアート展、『君と免疫。展』が2月24日(土)~25日(日)の2日間限定で表参道にて開催します。

五感で「免疫」を知るアート展

meneki02

たとえば、同じような状況の中で、風邪やインフルエンザにかかっている人と、そうでない人がいます。その違いは、カラダの中の最大の防御システムである免疫の力。つまり免疫力の差です。感染力のある細菌やウイルスを持っている人に接触しても、免疫力が高い人ならば風邪を撃退できるって、不思議ですよね。

そんな、知っているようで知らない。そして難しく感じられがちな免疫を、異なるジャンルのアーティスト5組、石井正信さん(イラストレーター)、清川進也氏さん(音楽作家)、DAISY BALLOONさん(バルーンアーティスト)、勅使河原一雅さん(映像作家)、吉田 愛さん(建築家)とコラボレーションし、五感で楽しめるように再構築したのが、『君と免疫。展』です。

(株)明治が「お客様の健やかな毎日をサポートしたい」という願いのもと、「免疫」のメカニズムを楽しく学ぶプロジェクト『Do Wonders(ドゥ―・ワンダーズ)』を始動。その第1弾として、この展覧会が開催されることになりました。

それぞれの世界観を通して免疫にふれる

meneki03

なかでも興味深いのが勅使河原さんが手掛けた、体内に入り込む不思議な映像作品『混沌の王国』。文字にするとドキッとします。

「免疫世界での自己・非自己における『境界』と、私が今まで見つめてきた『境界』とを、重ね合わせてみようと思う。」(勅使河原さん)

人の世界の境界と免疫世界での境界は、どのように重なるのでしょうか。

DAISY BALLOONさんは、インスタジェニックなバルーン作品『bridge』を発表。2つの異なる免疫防衛ラインを往来する樹状細胞の「架け橋」のような活動に着目したとか。

「進化の本質とは、もともとも自分たちが所有しているものを活かしながら、新たなものを取り込み、再構築していくことでひとつの貢献をおこなっていく、そういうものだと私たちは信じています」(DAISY BALLOONさん)

他者との本質的な融合に目を向け続けるDAISY BALLOONらしい眼差しによって生み出された世界観に注目です。

音楽作家の清川さんは免疫を表現するために、もっとも原子に近い楽器として、自然物を加工して生まれた木琴を選びました。

「木琴という原始的な打楽器を用い、免疫という人の根本に、エネルギーを届けられないだろうか。」そう考え、また人の免疫を活性するという明るいメロディーとして、エルガーの「威風堂々」をセレクト。木々を打ち奏でる原始的なその音を、ぜひ体感したいです。

そして吉田さんが手掛けたのは、『無意識と意識が介在する庭』。

「普段意識の外側にあるけれど実は人間を活かしている自然という存在に気付くことのおもしろさを、例えばインテリアは建築の一部であり建築は都市の一部であるというようにミクロとマクロの視点を横断しながら物事を考えることで無意識に意識を向ける、そういった普段建築を通して考えていることに置き換えて表現したいと思った」(吉田さん)

無意識は人の目で意識されるとどうなるのでしょうか。

meneki04

最後にご紹介するのは、この展覧会の告知グラフィックでもある石井さんの『幻想免疫図鑑』。免疫を「個別の意思」のある生物ととらえ、「肉体の内側に広大な世界が広がり生命が溢れている、奇妙な感覚。そこで躍動する生物たちのイメージを紙に落とし込んだ。」とか。緻密で繊細なタッチから湧き出る躍動感。見れば見るほどにドキドキする作品です。

この5組のアートを通じて、わたしたちの体のなかで今も守ってくれている、普段は見ることのできないそのメカニズムを紐解いていく。そんな前代未聞の免疫アート展で、人間にとって必要不可欠な「免疫」の世界に触れてみたいと思います。

君と免疫。展

会場:SO-CAL LINK GALLERY(表参道)

住所:東京都渋谷区神宮前4-9-8

交通:東京メトロ「表参道駅」徒歩3分

※駐車場のご用意がございませんので、公共交通機関をご利用ください。

会期:2018年2月24日(土)10時~19時、2月25日(日) 10時~17時

観覧料:無料

参加アーティスト: 石井正信、清川進也、勅使河原 一雅、DAISY BALLOON、吉田愛

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. ふたりの関係に刺激をプラス! カップルに試してほしいこと<後編>

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    6. 自分に合う仕事を探していませんか? | 禅僧のおことば 18

    7. ロマンスを進める準備はできてますか? カップルに試してほしいこと<前編>

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. ヘルシーな血管に! 「食べる輸血」といわれるビーツのおいしい食べ方

    10. ほっこり体の芯から温まる。うま味引き立つ、具だくさん豚汁

    1. 太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

    2. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    5. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

    6. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    7. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    10. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    8. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    9. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    10. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    わたしを守る「免疫」を知る。前代未聞の体験型アート展

    FBからも最新情報をお届けします。