1. Home
  2. STYLE
  3. 灯りを消して、地球の未来を想う60分間「EARTH HOUR 2018」

灯りを消して、地球の未来を想う60分間「EARTH HOUR 2018」

2,326

1802_earthhour_top

image via shutterstock

WWF(公益財団法人世界自然保護基金)が主宰している、世界各地を消灯のリレーで繋ぐプロジェクトEARTH HOUR(アースアワー)」が、2018年3月24日(土)20時30分~21時30分に開催されます。

東京スカイツリー®も初参加。世界を繋ぐ消灯リレーとイベント

「EARTH HOUR」とは、世界中の人びとが同じ日・同じ時刻に消灯することで、地球温暖化防止と環境保全の意志を示すソーシャルグッドプロジェクト。

1802_earthhour_01

©WWF Japan

2007年にWWFオーストラリアの地球温暖化防止キャンペーンとして始まったものが世界中に広がり、2017年には187の国と地域が参加し、東京タワー(日本)、エッフェル塔(フランス)、ロンドンアイ(英国)、アクロポリス(ギリシャ)など世界各地を代表する12,000を超えるモニュメントが消灯しました。日付変更線に近い南太平洋諸国から「EARTH HOUR」がはじまり、現地時間の20時30分を迎えた地域から順次消灯を行い、消灯リレーが地球をぐるりと1周します。

1802_earthhour_02

ソーラーランタン ©WWF Japan

2018年の日本の「EARTH HOUR」では、初めて消灯に参加する東京スカイツリー®をメイン会場に、WWFジャパン主催のイベントを開催するほか、横浜市、広島市でもイベントを開催。また、EARTH HOUR開催当日に向けて、参加の輪を広げるための企画や各種関連イベントも実施されるそう。SNS企画#旅する60パンダ」は、参加者がパンダのぬいぐるみと共に写真を撮り、環境を守るための意思表示をするメッセージを添えてSNSで発信し、地球環境を想う人びとの輪を広げてゆきます。

1802_earthhour_03

2017年イベント時 ©WWF Japan

一人ひとりの行動が地球を救う希望になる

「EARTH HOUR」関連イベントや企画、消灯参加施設の詳細な情報などは、特設ページにて随時更新予定とのことですが、会場に足を運べなくても、このプロジェクトには自分の意思でどこにいても参加できます。

灯りはもちろん、デジタル機器も全部オフにして、地球を想う世界中の人たちとつながる貴重な時間を体感するチャンス。つい忙しさに追われるように過ごしてしまう日々のなかで、ふと力を抜いて地球に想いを馳せる時間は、私たちに新たな目標や希望を与えてくれるかもしれません。

EARTH HOUR 2018

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    灯りを消して、地球の未来を想う60分間「EARTH HOUR 2018」

    FBからも最新情報をお届けします。