1. Home
  2. EAT
  3. 月曜から気分をあげる「#ブルー皿マンデー」ブームに注目

月曜から気分をあげる「#ブルー皿マンデー」ブームに注目

3,920

楽しかった休日明け、月曜は少し憂鬱な気分になることもあります。 月曜から気分を上げるため、SNSでは「#ブルー皿マンデー」というタグが飛び交うようになりました。

ブルー皿を食卓で美しく見せるポイントは?

20180209_blue

食欲を減退させると言われる青色ですが、それを逆手に取って「ブルーのお皿を使って気分の上がるような食事をとろう」というムーブメント。ブルーな気分になりがちの月曜を楽しむためのタグ。

どうすればブルーのお皿を美しく見せることができるのか、3名のインスタグラマーにお話を伺ってみました

元気なビタミンカラー食材を取り入れる

彩りがよく丸くカットされた野菜がとてもかわいらしいプレート。 こちらを投稿されたkyokoさんにブルーのお皿できれいに盛りつけるコツを教えていただきました。

「ビタミンカラーをたくさん入れるようにしています。特に緑、赤、黄色は欠かさないように」

ブルーのお皿に負けないくらい、元気の出るビタミンカラーを取りいれるということ。野菜も彩りを考えて盛りつけられていたんですね。朝からさわやかに気分が上がるブルー皿です。

季節によって色を変えて楽しむ

まるでお店にきたかのようなおしゃれなオムライス。器もナプキンもブルーで統一されているにも関わらず、とても食欲をそそられます。 こちらを投稿されたMANAMIさんに盛りつけのコツを教えていただきました。

「いまは冬なので、ブルー皿には暖色系のお料理を盛りつけました。青に青系のグラデーションカラーでまとめると冷たい感じがしますが、夏場だと涼しさや冷たさを求めているので癒されます。季節によっても盛りつけるカラー(食材)が変わります。 またお皿よりも目を惹く色の食材や料理を盛りつけると、青いお皿は引き立て役にもなってくれるのです」

たしかに夏に青いお皿を見ても食欲は下がりません。むしろ「冷たくておいしそう」と感じるので、季節とカラーにも大きく関係があるようです。 寒い季節には心があたたかくなるようなカラーを取りいれるようにしましょう。

ブルーの美しさを活かしてSNSに投稿

#ブルー皿マンデーというタグはSNSで流行したもの。もしそれを投稿する場合など、撮影時のポイントasako♡彩〜irodori〜さんに教えていただきました。

自然の光でお皿が輝くように撮影できるときれいです。あえて窓の形が写っているのも素敵ですよ」

せっかくきれいに盛りつけられたブルー皿。写真に残しておきたくなる人も多いはず。ブルーのお皿は写真映えがするのでとても美しく見えます。光を当てることで輝いて見えるので、食事もよりおいしそうに見えるはず。 窓の形が入るというのは意外でしたが、明るく前向きな気分にさせてくれるに違いありません。

食欲を下げがちなブルーのお皿ですが、見せかた次第では気分を盛り上げてくれる色にも。月曜日の捉えかたにもピッタリ当てはまります。

いい気分で新しい1週間をはじめたいと思ったら、月曜日は少し早起きして「#ブルー皿マンデー」を試してみるのもいいかもしれません。

横山かおり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    月曜から気分をあげる「#ブルー皿マンデー」ブームに注目

    FBからも最新情報をお届けします。