1. Home
  2. EAT
  3. 月曜から気分をあげる「#ブルー皿マンデー」ブームに注目

月曜から気分をあげる「#ブルー皿マンデー」ブームに注目

4,267

楽しかった休日明け、月曜は少し憂鬱な気分になることもあります。 月曜から気分を上げるため、SNSでは「#ブルー皿マンデー」というタグが飛び交うようになりました。

ブルー皿を食卓で美しく見せるポイントは?

20180209_blue

食欲を減退させると言われる青色ですが、それを逆手に取って「ブルーのお皿を使って気分の上がるような食事をとろう」というムーブメント。ブルーな気分になりがちの月曜を楽しむためのタグ。

どうすればブルーのお皿を美しく見せることができるのか、3名のインスタグラマーにお話を伺ってみました

元気なビタミンカラー食材を取り入れる

彩りがよく丸くカットされた野菜がとてもかわいらしいプレート。 こちらを投稿されたkyokoさんにブルーのお皿できれいに盛りつけるコツを教えていただきました。

「ビタミンカラーをたくさん入れるようにしています。特に緑、赤、黄色は欠かさないように」

ブルーのお皿に負けないくらい、元気の出るビタミンカラーを取りいれるということ。野菜も彩りを考えて盛りつけられていたんですね。朝からさわやかに気分が上がるブルー皿です。

季節によって色を変えて楽しむ

まるでお店にきたかのようなおしゃれなオムライス。器もナプキンもブルーで統一されているにも関わらず、とても食欲をそそられます。 こちらを投稿されたMANAMIさんに盛りつけのコツを教えていただきました。

「いまは冬なので、ブルー皿には暖色系のお料理を盛りつけました。青に青系のグラデーションカラーでまとめると冷たい感じがしますが、夏場だと涼しさや冷たさを求めているので癒されます。季節によっても盛りつけるカラー(食材)が変わります。 またお皿よりも目を惹く色の食材や料理を盛りつけると、青いお皿は引き立て役にもなってくれるのです」

たしかに夏に青いお皿を見ても食欲は下がりません。むしろ「冷たくておいしそう」と感じるので、季節とカラーにも大きく関係があるようです。 寒い季節には心があたたかくなるようなカラーを取りいれるようにしましょう。

ブルーの美しさを活かしてSNSに投稿

#ブルー皿マンデーというタグはSNSで流行したもの。もしそれを投稿する場合など、撮影時のポイントasako♡彩〜irodori〜さんに教えていただきました。

自然の光でお皿が輝くように撮影できるときれいです。あえて窓の形が写っているのも素敵ですよ」

せっかくきれいに盛りつけられたブルー皿。写真に残しておきたくなる人も多いはず。ブルーのお皿は写真映えがするのでとても美しく見えます。光を当てることで輝いて見えるので、食事もよりおいしそうに見えるはず。 窓の形が入るというのは意外でしたが、明るく前向きな気分にさせてくれるに違いありません。

食欲を下げがちなブルーのお皿ですが、見せかた次第では気分を盛り上げてくれる色にも。月曜日の捉えかたにもピッタリ当てはまります。

いい気分で新しい1週間をはじめたいと思ったら、月曜日は少し早起きして「#ブルー皿マンデー」を試してみるのもいいかもしれません。

横山かおり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    2. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    8. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    9. 死を恐れていませんか? | 禅僧のおことば 21

    10. 12星座別のボディケア。本当にぴったりなアロマの選び方

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    4. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    5. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    6. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    7. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    月曜から気分をあげる「#ブルー皿マンデー」ブームに注目

    FBからも最新情報をお届けします。