1. Home
  2. EAT
  3. 蜂の元気の源「ビーポーレン」で朝ごはんをパワフルに

蜂の元気の源「ビーポーレン」で朝ごはんをパワフルに

2,328

朝食にグラノーラやミューズリーをとる女性は多いはず。カットフルーツを入れたり、チアなど混ぜたりして楽しんでいる人もいるでしょう。一日のスタートがさらに活力あふれるように、いつもの朝食に「ビーポーレン」を混ぜて、もっとグレードアップするのはいかがですか。

ビーポーレンって何? どうやって食べるの?

20180208_bee

image via Shutterstock

ビーポーレンとは、ミツバチが一生懸命に集めた花粉を、蜜と一緒に丸めたものを足に絡ませて運ぶ、あの黄色いペレット状のもの。はちみつやロイヤルゼリーと似たものでは? と勘違いしてしまいそうですが、両者は全くの違う成分を含みます。ビーポーレンはビタミンやミネラルを豊かに含むだけでなく、その他およそ100種類以上の栄養素を含んでいるとも言われ、喘息やアルコール依存症、また各種アレルギーの治療にも効くとの都市伝説も存在するほど。

その理由として、蜂たちが病気もせず、ここまで精力的に飛び回ることができる元気の源が、実はこのビーポーレンだから。ヨーロッパでは古くから自然食品としてスーパーや薬局などで簡単に手に入れることができるため、人々は毎日の食卓に気軽に取り入れています。たいてい売っているのは、小さくコロコロとしていて、見た目もかわいい乾燥ビーポーレン。ヨーグルトに混ぜて食べたり、フルーツサラダにトッピングして食べたりして、ポリポリとした歯触りを楽しんでいます。

自然食品だから、一粒ずつ色合いも味わいも違っている

こんな風にお菓子と一緒に楽しむ裏ワザもある

スムージ―ボールや、アイスクリームにトッピングしてもおいしい

日本では健康薬品を取り扱っているお店などでも簡単に手に入るようですので、ぜひ試してみてはいかがですか。ただしひとつ注意したいのは、天然食品がゆえ、アレルギー反応が出てしまう人がいるかもしれないということ。そのため、万が一を考え、妊婦さん・母乳で赤ちゃんを育てているお母さんは控えたほうがいいそう。また何か薬を服用されている方は、事前に医師に相談する必要があるようです。

Web MD

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ダイエットの味方!「食物繊維」を豊富に含む7つの食材

    3. ご存じですか? 危険な真菌感染カンジダ・オーリスの流行を

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    7. いつもの朝食が変わる!卵と野菜をしっかり摂れるアレンジレシピ10

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. ストレスで太るのはなぜ? 食欲ホルモンの分泌を抑える8つの食品

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. クリーニングのプロに聞いた、脇汗の黄ばみをきれいに落とす方法

    10. 30代からの肌改革!肌の根本から見直す「奥底」のケアとは

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    10. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法