1. Home
  2. MIND
  3. 「お酒が弱い」は最大の武器?相手との距離をグッと縮めるテクニック

「お酒が弱い」は最大の武器?相手との距離をグッと縮めるテクニック

コミュニケーション術のネタ帳

20170208_neta_wakunasi

こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。今日使えるコミュニケーションのネタは、「お酒が弱いことは最大の武器」です。

一般的に、お酒が弱い人の多くは、夜のコミュニケーションの場でかなり肩身が狭い思いを強いられているんじゃないでしょうか?みんなが酔っていい感じなのに自分だけ冷静だったりすると、若干、周囲から白い目でみられたりなど。

「もっと、お酒が飲めたりできればこんな歯がゆい思いをしないのに……」と(苦笑)。訓練して強くなる人もいますが、ほとんどは生まれもったもの、遺伝や体質ですから(笑)。

ただ、朗報です!逆転の発想をすれば、お酒が飲めないことが、いっきに相手のこころを掴むコミュニケーションツールにもなることもあるわけです。今回は、そんな出来事に僕が遭遇した話を紹介します。

お酒が飲めない人が、お酒を頼んだだけで……

同僚のA子は、全くと言ってお酒が飲めない子です。飲めないというより、飲むと体に湿疹ができるという、かわいそうな体質。でも本人はなんとかして、お酒が飲めるよう、常に、克服したいなと思っているんです。

あるとき、いつも、会食の席ではウーロン茶ばかりのA子が、その夜の席の中盤戦で、

A子:「なんか今日は、楽しくなってきたんで、お酒頼んでみようかな?」

と言ったんです。その瞬間、その場のいたメンバー全員がテンションがあがったんです。 実際、お酒は頼んだものの、舐める程度で、ほとんど口にはしていなかったんですけどね(笑)。

飲まなくていい、頼むことが大事

お酒が弱いことを、「そんな弱くて飲めない私が、お酒を頼みたくなるくらいその場が楽しい」という逆転の発想に使うことで、相手との心の距離をグッと近づけるんです。注文する好意だけでも、その場にいた相手としては嬉しく思います。(頼んでも、無理に飲まなくても大丈夫です。)

なぜなら、そんなお酒を飲めない子でも、飲みたくなるくらい楽しくさせた自分に酔いしれるからです。

これからお酒が飲めない人は、ここぞという勝負の時こうしましょう。まずはお酒が「弱い、飲めない」という事実を相手に刷り込むことが前提ですが、そのあと、「飲めないけど、今日はちょっとチャレジしてみようかな」と言ってみると、一発で相手の心を掴めると思います。特に、相手が男性なら、効果抜群です。

(イラスト・トミムラコタ)

>>【コミュニケーション術のネタ帳】をもっと読む

TETUYA

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    2. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    5. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    6. 置き換えダイエットをためす前に知っておきたいメリット・デメリット

    7. いま、日本ワインがどんどん美味しくなってるって知ってた?

    8. 好感度が上がる頭皮コンディショニング法

    9. 夏至の日からの過ごし方:変化やチャンスを活かせる自分をはぐくもう

    10. 生理、睡眠、活動量。女性の健康をサポートするスマートウォッチ「Fitbit Versa」が登場!

    1. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    2. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    3. 「コーヒーを飲むとがんになる」は本当?

    4. 「5大がん検診」って? 受けるべきがん検診は何だか知っていますか?

    5. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    8. 1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

    9. 1日30分のウォーキングで得られる心身への効果

    10. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    「お酒が弱い」は最大の武器?相手との距離をグッと縮めるテクニック

    FBからも最新情報をお届けします。