1. Home
  2. EAT
  3. 低糖質な簡単おかず。鶏むね肉のピリ辛トマトソース煮込みの作り方

低糖質な簡単おかず。鶏むね肉のピリ辛トマトソース煮込みの作り方

糖質とはなにか? 糖質のすべてに迫ります

9,136

MYLOHAS編集部

糖質オフ(糖質制限)を意識して低糖質で高タンパクのダイエット料理を作るなら外せない食材のひとつ「鶏むね肉」。手軽に安価に手に入るのも魅力です。ただ、焼くとパサパサになる、味が淡泊だから飽きてしまうといった使いこなせないデメリットも。

味が淡白な鶏むね肉は、熱を入れすぎず、うま味成分の強い食材と組み合わせると美味しいおかずになるんです。今回は、皮を取った鶏むね肉を使って「鶏むね肉のピリ辛トマトソース煮込み」を作ります。

糖質オフで高タンパク「鶏むね肉のピリ辛トマトソース煮込み」

20180206dp_top

<材料>1人分

  • 鶏むね肉(皮なし)80g
  • にんにく1/2片
  • たまねぎ1/4個
  • サラダ油小さじ1/2
  • トマトホール缶1/3缶
  • しいたけ2枚
  • ★ローリエあれば(1枚)
  • ★塩小さじ1/6
  • ★こしょう少々
  • 唐辛子少々
  • パセリ少々

<作り方>

  1. 鶏むね肉は薄くそぎ切りにする。にんにくはみじんぎり(すりおろしでも良い)。玉葱は粗めに刻み、耐熱皿に入れ、ラップをして電子レンジで600Wで1分加熱する。
  2. サラダ油を熱したフライパンでにんにくと玉ねぎ炒め、水大さじ1を入れて蓋をして中火で1分蒸し焼きにする。
  3. 肉を入れ、表面が白くなったらトマトホール缶を入れる。ヘラでトマトをつぶしながら混ぜ、沸騰したらしいたけと★を入れ蓋をして弱めの中火で3分煮込む。
  4. 蓋を外し、唐辛子を入れて強火で汁けがなくなるまで30秒ほど加熱する。
  5. 皿に盛り、刻んだパセリを飾る。

※唐辛子は加熱時間が長くなるほど辛味が増すので、量と加熱時間はお好みで調整してください。

鶏むね肉は直接煮込まず、そぎ切りにして電子レンジで加熱しておけば料理時間の時短に。単調な味になりがちな煮込みも唐辛子でピリッと辛みをプラスすることで、食欲がわき、トマトとしいたけの旨味でコクのあるしっかり食べ応えのある味わいに仕上がります。

管理栄養士からのワンポイントアドバイス!

糖質制限(糖質オフ)と聞くと、白米や麺類、パン類などを食べなければいい! と思いがちですが、実は根菜類(にんじんやごぼうなど)や芋類、果物類にも糖質は含まれます。ダイエットの結果を早く出したい! と思って、極端に糖質を抜いてしまうとかえって集中力がなくなってしまったり便秘になってしまったりするためカラダの不調を感じやすくなります。そのため極端に糖質を制限するには注意が必要です。

糖質が少ない食事をしたい際は、エネルギーの消費が少ない夕食のタイミングでチャレンジしてみることがおすすめです。ストレスも感じにくく食べ過ぎも防止でき余分な脂肪の蓄積を防ぐことができます。あわせて糖質を控えたい際は、腹持ちの良いたんぱく質をしっかり取り入れましょう。今回のレシピでも使用している鶏むね肉は、脂肪分も少なく高たんぱく質な食材なのでおすすめです。

(管理栄養士:服部麗)

>>体が喜ぶ時短レシピをもっと読みたい

こんなレシピも人気です!

レシピ提供:ダイエットプラス

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由