1. Home
  2. MIND
  3. たった3ステップで、「自分の運命」は変えられる

たった3ステップで、「自分の運命」は変えられる

運命を変えるマインド革命

9,354

20180205_mind_top

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。せっかく縁があっても、なんだかな……と思ってしまう。こうして最初からピンポイントに最高の相性を手に入れることは難しいですよね。

でも、実はこうして「ちょっと違う」を修正し、あなたにとっての「最高」を手に入れることも、マインドの力を使えばとっても簡単なんです。

今回は、こうしてマインドを使って最高の縁と愛を手に入れるための3つの方法を試してみましょう。

1, 縁を変えていく修正法

恋のチャンスを掴むためには、「修正する」ということが必須です。一つの出会いにこだわるのではなく、一つ出会ってだめだったとしたら、「ここがいけなかったな」と気づき修正すればいいだけなんですね。自尊心を持って相手を選び直すということを学んでいきましょう。

意外と自分を大切にしてくれなかった、相手がお金にうるさくて女性を卑下していたなどの場合でも、相手が違ったな、と思うだけで、自分を否定する必要はありません。単に、「自分がまだ、それくらい素晴らしい女性だと自分で思えていないだけ」と思うように心がけましょう。

不適切な相手にまた出会ってしまう場合は、自分がまだ自分を素晴らしい女性と思えていないか、自分がそれだけ素晴らしい女性だと認められていないだけです。

2, もっと最高の縁にふさわしい私を認める

次に、自分の価値をもう一度認め直しましょう。私は素晴らしい女性だ、人に与えられる女性である、他の人よりももっとやさしい、そして、何よりも「目の前の人のことがおかしいと思えるくらい、私はちゃんと生きているのだ」と思うことが大切です。

目の前の男性が「違う」「酷い」と感じるということは、それはあなたがきちんとした判断基準を持って、正義感や愛や礼儀に基づいて生きてきたということ。でも、その自分の正しさを認めていないからこそ、「あなたの素晴らしさに釣り合う相手を選び切れていない」だけだからです。

3, もっとよい相手と釣り合っていいという許可を出す!

こうして自分のことを認め直したら、あなたの素晴らしさにもっともっと釣り合う相手がいるとわかったはずです。

「私のように、ちゃんと人をエスコートできる人がよかったんだ」

「私のように、もっとちゃんとお金を扱える人がよかったんだ」

「私のように、きちんとした貞操観念を持っている人がよかったんだ」

こうして、自分の価値とともに、相手に求める条件を「もっと」掘り下げてみます。こうすることで、「自分にふさわしい相手」に自尊心を持って、新しく出会えるようになっていきます。

相手が自分にマッチしないということは、それだけ自分が「素晴らしい相手を許せていない」というだけのことなのです。ショックを受ける必要はなく、「もっともっと求めてよかったんだ!だって私はそれだけの生き方をしてきたのだから」と、自分を認めること。

これが、自尊心を持つ女性の新ルールです。あなたはもっともっと、あなたを幸せにできるはず。こうしてどんどんあなたの人生を素敵なものに変えていってくださいね!

image via Shutterstock

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    たった3ステップで、「自分の運命」は変えられる

    FBからも最新情報をお届けします。