1. Home
  2. MIND
  3. 脳をだまして習慣を身につけ、なりたい自分になる方法

脳をだまして習慣を身につけ、なりたい自分になる方法

3,768

20180205_mind

image via Shutterstock

人の行動のうち、80%は習慣......。そう聞くとちょっとびっくりしませんか。毎日の食事や車の運転などあまり考えなくてもできるようになったことがいわゆる「習慣」です。 このような行動だとわかりやすいですが、意外と見えないからわかりにくいのが「考え方の習慣」。

脳の仕組みRASを利用して良い習慣を身につける

考え方で多くの人が変えたいと思うのが、ネガティブに物事を考えてしまう習慣ではないでしょうか。このネガティブ思考から脱するための発想の転換のきっかけになりそうな方法が『自動的に夢がかなっていく ブレインプログラミング』アラン・ビーズ/バーバラ・ビーズ著(サンマーク出版)にありました。

本書では脳の仕組みの一つ、網様体賦活系(もうようたいふかつけい)通称「RAS」を活用する方法について書かれています。 RASとは脳幹にある網様体という神経の集まりで体の生命活動を維持する働き。いわゆる脳のコントロールセンターのようなものなのだそう。この働きを利用することで上手に脳をだまして悩みを解決していくことが可能だそう。本書の中から良い習慣を身につけるために知ると発想の転機になりそうな部分をピックアップしてみました。

できない、だめ。それは本当に自分が思っている?

あなたを閉じ込めているのは、あなたが周りに作った壁だけだ。

(『自動的に夢がかなっていく ブレインプログラミング』p214より引用)

私たちが身につけている習慣には積極的なものより消極的な習慣が多いそう。それは多くは幼い頃に大人からダメ、など否定的な言葉を聞き育ったため、自然と身についてしまった反応なのだとか。このため周囲の表情をうかがう行動しかとれなかったり、同意が得られないと何もできなかったり......。

代わりに積極的な行動を取れるようになるためには「根本原因」にフォーカスすることが大事なのだそう。それに役立つと本書でまず紹介されているのが以下のこと。

自分が何をどのように考え、どんな姿勢で受け止めているかを紙に書いておくととても役に立つ

(『自動的に夢がかなっていく ブレインプログラミング』p215より引用)

自分の思考を明確に言葉にすることはなかなかうまくはできないものです。人に話しているうちに意外な思いに気がつく、なんていうことも多く色々な感情や思いが複雑に絡まっています。そんな時に紙に冷静に書き上げていく行為は絡まった糸を一本一本解いていくことにつながります。

自信がある、と心から言えるようになるために

偉大な成功には失敗が不可欠である。早く成功したければ人の二倍失敗することだ。

(『自動的に夢がかなっていく ブレインプログラミング』p218より引用)

自信って最初からあるものではありません。最初からあるならばそれは過信と言っていいでしょう。自分の行動がいい結果になるのを確信できるまでになるには、数え切れないほどの失敗が不可欠。その失敗の中で本当に最適な方法が見えてくるのです。自分がしたいことに向かっている中での失敗は成功への布線に過ぎない、と考えられれば失敗にも堂々と立ち向かえそう。

何をやってもうまくいかない、と消極的に思うことがあったら試してみたいのが以下の3ステップ

ステップ1 自分に消極的な習慣があることを認める

ステップ2 その習慣の根本原因を突きとめる

ステップ3 新しく身につけたい積極的な習慣を考え、「置き換えの法則」を使ってそれまでの消極的な習慣と置き換える

(『自動的に夢がかなっていく ブレインプログラミング』p218より引用)

消極的な思いを変えるには新しく身につけたい考え方を視覚化するのがポイント。アファメーションと合わせてRASに根付かせることができれば、新たな習慣として身についていくそうです。

一度身についたことは変えられない、と思いがちですがそれ自体が自分が決めてしまっている思い込みなのかもしれません。ネガティブ思考に足を取られてしまうよりも「なりたい自分」にフォーカスして生活する方がずっと毎日が楽しくなりそう。脳の仕組みを効果的に使って良い習慣を身につけていくことができると良いですね。

[『自動的に夢がかなっていく ブレインプログラミング』]

クリハラチナツ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    脳をだまして習慣を身につけ、なりたい自分になる方法

    FBからも最新情報をお届けします。