1. Home
  2. MIND
  3. ハワイを代表するクムフラが語る感性を高める方法

ハワイを代表するクムフラが語る感性を高める方法

新習慣

3,754

相原光

20180202_fula

image via Shutterstock

「新しい場所に行くときは、静かにその場所を感じなさい」

(プア・カナヘレ(クムフラ) 映画「クム・フラ:キーパーズ・オブ・ア・カルチャー」より引用)

「クムフラ」というハワイのドキュメンタリー映画で出会ったこの言葉。「この言葉はとても重要なことを伝えている! 」と直感しました。

ハワイを代表するクムフラが語る「つながり」の大切さ

「知らない土地を初めて訪れるときはいつでも、その場所の良さを感じなさい。騒いだりお喋りをしたりする代わりに、その場所で感じることを静かに受け入れなさい。あなたが感じること、それがその土地の真の姿なのです」

フラのワークショップの途中で、プア・カナヘレ氏は参加者たちに語りかけています。

カナヘレ氏は、ハワイを代表するクムフラ(フラの先生)のひとり。ハワイの中で最も権威と伝統があるハラウ(フラスクール)として名高い「ハラウ・オ・ケクヒ」でフラを教えています。何代にも渡って受け継がれてきたフラの伝統の、由緒正しき継承者であり、ハワイ文化の専門家でもあります。

フラで最も重要なのは「自然とのつながり」。都市の生活では、そうした「つながり」を感じるのは難しいかもしれませんが、ほんの少し意識を変えるだけで、いつもの景色が違って見えてきます。

感性を高めて考え方をポジティブに

心を落ち着けて、その場所との一体感を感じるというのは、自分だけの特別な体験。そこにどんな風が吹き、どんな光りが注いでいるか、どんな雲が流れているか。鳥の声や波の音に耳をすませて、大地のにおいに触れる。「感じる」ことは、感性を磨くことでもあるのです。

感じる力が高まると、精神的にも余裕が生まれて、焦ったりイライラしたりすることが減少した気がします。考え方もポジティブになるので、日々のストレスケアにもなっているようです。

「その場所を感じる」ことは、日常生活で簡単に実践できるので、気づいたときに即実行しています。

ハワイの観光地、特に聖地などを訪れる際にも、ぜひ実践してみてほしいなと思います。ハワイ旅行で気分が盛り上がっているのはもちろん分かりますが、みんなで騒いで写真を撮って終わりでは、あまりにももったいなと思うのです。

ハワイの美しい大自然の中で、心を静かにその場所を感じてみてほしい。きっと、今までとは違う世界が見えるはずです!

    Ranking

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    3. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    6. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    7. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    8. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    9. トーストに合う、おいしい目玉焼きの作り方。あの調味料をたっぷり入れてみて!

    10. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    3. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    4. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    5. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    6. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    9. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    10. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    9. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら