1. Home
  2. EAT
  3. 頑張り過ぎずに糖質オフを続けられる、ロカボな食品シリーズ

頑張り過ぎずに糖質オフを続けられる、ロカボな食品シリーズ

糖質とはなにか? 糖質のすべてに迫ります

4,800

知恵子

糖質は気になるけれど、できれば甘い物や白ご飯、麺類はやめたくないもの。そこで、おいしく食べて、効率的に、健康的なからだへとシフトするためのサポーターとして便利なのが、三菱食品株式会社の健康に特化した新ブランド「食べるをかえる からだシフト」です。

糖質コントロールに最適なお手軽な食品シリーズ

1802_karadasift_top

image via shutterstock

生活者の健康ニーズを捉えて、おいしさ、バラエティ感、簡便性、継続性を主軸に考えた商品で、心もからだもよろこぶバランスの良い食生活をサポートする。そんなブランドコンセプトを掲げて誕生した「食べるをかえる からだシフト」。第一弾として、人々の関心が高まっている「糖質オフ」に着目した「糖質コントロールシリーズ」が発売中です。アイテムは全部で14品レトルトカレースープドレッシング乾麺がそれぞれ3種類と、レトルト米飯つゆ、といった、使い勝手の良いラインナップ。

第二弾として、2018年2月末には、主食系のラーメン・パリパリ麺パンケーキ・お好み焼き用のミックス粉、それをサポートするジャムソース親子丼・牛丼・中華丼のレトルト商品パン粉等の13品を新たに投入する予定とのこと。バラエティーが広がり、選ぶ楽しさが加わりそうです。

1802_karadasift_01

価格例:ビーフカレー(150g)/ 270円(税別)、ミネストローネ(150g)/ 200円(税別)、シーザーサラダドレッシング(170ml)/ 220円(税別)、そば(160g)/ 200円(税別)、ごはん 大麦入り(150g)/ 170円(税別)、つゆ(300ml)/ 260円(税別)

三菱食品が加盟している「一般社団法人 食・楽・健康協会」では、血糖値の急激な上昇は肥満の原因とされており、 糖質の摂取量は1食当たり20~40g、1日70~130gと推奨されています。そこで糖質合計130g/日以内に抑えるよう、単品だけでなく「食事」として適正な糖質量を考慮した商品作りをしているとか。この「糖質オフ」の根拠として挙げられるのは、メーカーのナショナルブランド商品との対比や、日本食品標準成分表2015年版(七訂版)との対比。比べると、それぞれのアイテムの糖質が約30~80%オフとなっています。

「味・量・価格」のすべてが揃っているから続けられるロカボ食

ロカボ食(低糖質食)として使い勝手が良いのはわかりましたが、気になるのは普段の食生活で無理せず続けられるかどうか。その点はどのように工夫されているのでしょうか。

まず継続するうえで最も重要なのが「美味しさ」です。「食べるをかえる からだシフト」では味覚を犠牲にしないよう、美味しさと機能のバランスを保つことに注力し開発を行っているとか。次に必須条件なのが「お腹を満たす満足感」です。食事量を減らすとストレスになるので、低糖質でもお腹は満たされたいもの。そこで代表的なカレーライスメニューで計算してみると、ごはん(糖質35g・糖質35%オフ)とグリーンカレー(糖質2.8g・糖質40%オフ)で、通常の食事量と変わらずに糖質もコントロールできるようです。最後の条件は価格ですが、設定金額を見ていると、他メーカーの食品と比較してもだいたい同じようなので、気軽に続けられそうな価格です。

オリジナルサイトで糖質コントロールレシピを紹介

長く継続する為には多様な商品ラインナップと食べ方提案が必要。「からだシフト」のオリジナルサイトでは、主食から調味料までバラエティーに富んだ商品の紹介とともに、時間をかけずに少ない具材でできる簡単レシピをご紹介。「ミネストローネドリア」は、糖質コントロールのごはん(糖質35%オフ)の上に、ミネストローネ(糖質50%オフ)かけ、チーズをちらしてオーブントースターでこんがりと焼けば完成。糖質コントロールのつゆはあまりにも万能。メーカーのナショナルブランド商品と比べて糖質80%オフなのに、おひたしにも、親子丼にも、麺つゆとしても使えて、手放せないアイテムになりそう。たとえば、つゆを使った「パプリカのおひたし」も簡単です。電子レンジで加熱した、細切りのパプリカやピーマンにつゆをかけて、かつお節をのせれば出来上がり。また、糖質コントロールのつゆと、レトルトごはんを使った親子丼もおいしそう。ごはんは、1パックで糖質35.0g。普通の白ご飯に比べると、約35%の糖質オフになります。

このように「糖質コントロールシリーズ」を上手に活用すれば、安心して楽しく、頑張り過ぎないロカボな食生活が続けられそうです。

食べるをかえる からだシフト

    specialbunner

    Ranking

    1. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    4. ぽっこりお腹を撃退! ついでに「姿勢もよくなる」動きって?

    5. 「糖質制限なんてする必要ありません」食事制限ダイエットの落とし穴

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    8. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    9. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    8. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    9. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    5. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    6. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    7. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    8. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    9. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?