1. Home
  2. EAT
  3. 頑張り過ぎずに糖質オフを続けられる、ロカボな食品シリーズ

頑張り過ぎずに糖質オフを続けられる、ロカボな食品シリーズ

糖質とはなにか? 糖質のすべてに迫ります

3,477

糖質は気になるけれど、できれば甘い物や白ご飯、麺類はやめたくないもの。そこで、おいしく食べて、効率的に、健康的なからだへとシフトするためのサポーターとして便利なのが、三菱食品株式会社の健康に特化した新ブランド「食べるをかえる からだシフト」です。

糖質コントロールに最適なお手軽な食品シリーズ

1802_karadasift_top

image via shutterstock

生活者の健康ニーズを捉えて、おいしさ、バラエティ感、簡便性、継続性を主軸に考えた商品で、心もからだもよろこぶバランスの良い食生活をサポートする。そんなブランドコンセプトを掲げて誕生した「食べるをかえる からだシフト」。第一弾として、人々の関心が高まっている「糖質オフ」に着目した「糖質コントロールシリーズ」が発売中です。アイテムは全部で14品レトルトカレースープドレッシング乾麺がそれぞれ3種類と、レトルト米飯つゆ、といった、使い勝手の良いラインナップ。

第二弾として、2018年2月末には、主食系のラーメン・パリパリ麺パンケーキ・お好み焼き用のミックス粉、それをサポートするジャムソース親子丼・牛丼・中華丼のレトルト商品パン粉等の13品を新たに投入する予定とのこと。バラエティーが広がり、選ぶ楽しさが加わりそうです。

1802_karadasift_01

価格例:ビーフカレー(150g)/ 270円(税別)、ミネストローネ(150g)/ 200円(税別)、シーザーサラダドレッシング(170ml)/ 220円(税別)、そば(160g)/ 200円(税別)、ごはん 大麦入り(150g)/ 170円(税別)、つゆ(300ml)/ 260円(税別)

三菱食品が加盟している「一般社団法人 食・楽・健康協会」では、血糖値の急激な上昇は肥満の原因とされており、 糖質の摂取量は1食当たり20~40g、1日70~130gと推奨されています。そこで糖質合計130g/日以内に抑えるよう、単品だけでなく「食事」として適正な糖質量を考慮した商品作りをしているとか。この「糖質オフ」の根拠として挙げられるのは、メーカーのナショナルブランド商品との対比や、日本食品標準成分表2015年版(七訂版)との対比。比べると、それぞれのアイテムの糖質が約30~80%オフとなっています。

「味・量・価格」のすべてが揃っているから続けられるロカボ食

ロカボ食(低糖質食)として使い勝手が良いのはわかりましたが、気になるのは普段の食生活で無理せず続けられるかどうか。その点はどのように工夫されているのでしょうか。

まず継続するうえで最も重要なのが「美味しさ」です。「食べるをかえる からだシフト」では味覚を犠牲にしないよう、美味しさと機能のバランスを保つことに注力し開発を行っているとか。次に必須条件なのが「お腹を満たす満足感」です。食事量を減らすとストレスになるので、低糖質でもお腹は満たされたいもの。そこで代表的なカレーライスメニューで計算してみると、ごはん(糖質35g・糖質35%オフ)とグリーンカレー(糖質2.8g・糖質40%オフ)で、通常の食事量と変わらずに糖質もコントロールできるようです。最後の条件は価格ですが、設定金額を見ていると、他メーカーの食品と比較してもだいたい同じようなので、気軽に続けられそうな価格です。

オリジナルサイトで糖質コントロールレシピを紹介

長く継続する為には多様な商品ラインナップと食べ方提案が必要。「からだシフト」のオリジナルサイトでは、主食から調味料までバラエティーに富んだ商品の紹介とともに、時間をかけずに少ない具材でできる簡単レシピをご紹介。「ミネストローネドリア」は、糖質コントロールのごはん(糖質35%オフ)の上に、ミネストローネ(糖質50%オフ)かけ、チーズをちらしてオーブントースターでこんがりと焼けば完成。糖質コントロールのつゆはあまりにも万能。メーカーのナショナルブランド商品と比べて糖質80%オフなのに、おひたしにも、親子丼にも、麺つゆとしても使えて、手放せないアイテムになりそう。たとえば、つゆを使った「パプリカのおひたし」も簡単です。電子レンジで加熱した、細切りのパプリカやピーマンにつゆをかけて、かつお節をのせれば出来上がり。また、糖質コントロールのつゆと、レトルトごはんを使った親子丼もおいしそう。ごはんは、1パックで糖質35.0g。普通の白ご飯に比べると、約35%の糖質オフになります。

このように「糖質コントロールシリーズ」を上手に活用すれば、安心して楽しく、頑張り過ぎないロカボな食生活が続けられそうです。

食べるをかえる からだシフト

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 寒いと滅入るのは気のせいじゃない。季節性感情障害(SAD)の乗り越え方8

    3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    4. 溜め込んだ疲れをスッキリ! 年末の疲労をすばやく回復する方法5つ

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    7. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    8. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    頑張り過ぎずに糖質オフを続けられる、ロカボな食品シリーズ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More