1. Home
  2. EAT
  3. 卵黄と牛乳で簡単「極上カスタードクリーム」レシピ

卵黄と牛乳で簡単「極上カスタードクリーム」レシピ

4,586

1801_custard_top

シュークリームやクリームパンなどのフィリングとしておなじみのカスタードクリーム。ふんわりなめらかな食感とバニラの香りに心もとろけるスイーツの基本ですが、お店によって味わいが微妙に違うのもおもしろいところ。材料がシンプルなだけに、自分で作るのはハードルが高いだろうなと思っていましたが、「FOODIE」に簡単につくれる極上カスタードクリームのレシピを発見。

スイーツマニアが探求した「極上カスタードクリーム」のレシピ

伊勢丹新宿店で誰もが認めるスイーツマニア、洋菓子担当の和田真由子さんが教えてくれるのは「たっぷり食べても飽きないやさしい甘さ」に調節したという自己流カスタードクリームのレシピです。

<材料>(作りやすい分量)

  • 卵黄…3個
  • 牛乳…2カップ(400ml)
  • 砂糖(上白糖)…70g
  • 薄力粉…30g
  • あればバニラオイル…少々

<作り方>

1. 卵黄、砂糖をボウルに入れ、白っぽくなるまですり混ぜる

1801_custard_01

「ここでしっかり卵黄と砂糖を混ぜておくと、あとで牛乳を加えたときに卵黄が凝固しにくくなります」

2. 薄力粉を加えて、軽く混ぜる

1801_custard_02

「薄力粉は混ぜすぎると粘りが出てしまいます。粉が見えなくなるくらい、さっと混ぜるだけでOK」

3. 沸騰直前まで温めた牛乳を少しずつ加え、こしながら鍋に移す

1801_custard_03

「小鍋に牛乳を入れて火にかけ、鍋肌からフツフツと泡が出てきたら火を止めます。熱くなりすぎると膜が張ってしまうので注意して。温めた牛乳を一度に入れると卵黄が固まってしまいます。少しずつ加えながら混ぜてください。バニラオイルがあれば、3~4滴加えます」

4. 鍋に移して中火にかける。木ベラで絶えず混ぜながらとろみをつけ、なめらかなクリームにする

「ここからがカスタード作りの最大の山場です。加熱していくうちに、さらり→とろり→もったりの3段階で状態が変化していきます」

【最初は、さらりとした状態】

1801_custard_04

「沸いてくるまでは、さらりとした状態なので、ゆっくり混ぜていればOK」

【かたまり始めたらスピードアップ! とろりとした状態になる】

1801_custard_05

「温まってくると表面に小さな気泡が出てきて、木ベラを動かして少し重たく感じたら、混ぜる手をスピードアップ! 部分的にとろみがついて、あっという間にかたまりはじめます。焦らずに手早く混ぜ続けていれば大丈夫。全体的にとろりとしてなめらかになっていきます」

【フツフツと気泡が出てきたら、あともう少し混ぜ続けて】

1801_custard_06

「表面にフツフツと大きめの気泡(=青く囲んだ部分)が出てきたら、完成間近! さらに混ぜ続けましょう」

【もったりとした状態になればOK!】

1801_custard_07

「木ベラから落とすと、写真のように筋がしっかり残るくらい、もったりとした状態になればOK! 火から下ろします。表面にツヤが出て、食べてみると粉っぽさがありません」

5. バットに広げてラップをかけ、粗熱をとってから冷蔵庫で冷やす

1801_custard_08

カスタードクリームの表面に密着するようにラップをかけること。氷を広げたバットに重ねて、粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて冷やす。

「温かいまま食べてもいいのですが、すぐに食べない場合は、余熱でこれ以上火が入らないようにするため、バットに移して冷ましましょう。氷水ではなく氷の上に置けばOK。ラップで密着させるのは、表面の乾燥を防ぐためです」

(「FOODIE」より引用)

また、残ったカスタードクリームを保存するには「ラップで空気を入れないように包み、保存袋などに入れて冷蔵庫へ。2~3日以内に食べきりましょう。冷凍保存は風味が落ちるのでおすすめしません」と和田さん。

基本を覚えたら、自分好みに甘さを調節したり、バニラビーンズを入れて本格的に作ったりと、オリジナルにも挑戦してみたい。極上のカスタードクリームをおうちで作れたら、朝のトーストに乗せたり、フルーツを添えてデザートにしたり、プリンやマフィンにしたりと、普段の食事からいろんなアレンジが楽しめそうです。

FOODIE

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    卵黄と牛乳で簡単「極上カスタードクリーム」レシピ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More