1. Home
  2. EAT
  3. 卵黄と牛乳で簡単「極上カスタードクリーム」レシピ

卵黄と牛乳で簡単「極上カスタードクリーム」レシピ

4,818

1801_custard_top

シュークリームやクリームパンなどのフィリングとしておなじみのカスタードクリーム。ふんわりなめらかな食感とバニラの香りに心もとろけるスイーツの基本ですが、お店によって味わいが微妙に違うのもおもしろいところ。材料がシンプルなだけに、自分で作るのはハードルが高いだろうなと思っていましたが、「FOODIE」に簡単につくれる極上カスタードクリームのレシピを発見。

スイーツマニアが探求した「極上カスタードクリーム」のレシピ

伊勢丹新宿店で誰もが認めるスイーツマニア、洋菓子担当の和田真由子さんが教えてくれるのは「たっぷり食べても飽きないやさしい甘さ」に調節したという自己流カスタードクリームのレシピです。

<材料>(作りやすい分量)

  • 卵黄…3個
  • 牛乳…2カップ(400ml)
  • 砂糖(上白糖)…70g
  • 薄力粉…30g
  • あればバニラオイル…少々

<作り方>

1. 卵黄、砂糖をボウルに入れ、白っぽくなるまですり混ぜる

1801_custard_01

「ここでしっかり卵黄と砂糖を混ぜておくと、あとで牛乳を加えたときに卵黄が凝固しにくくなります」

2. 薄力粉を加えて、軽く混ぜる

1801_custard_02

「薄力粉は混ぜすぎると粘りが出てしまいます。粉が見えなくなるくらい、さっと混ぜるだけでOK」

3. 沸騰直前まで温めた牛乳を少しずつ加え、こしながら鍋に移す

1801_custard_03

「小鍋に牛乳を入れて火にかけ、鍋肌からフツフツと泡が出てきたら火を止めます。熱くなりすぎると膜が張ってしまうので注意して。温めた牛乳を一度に入れると卵黄が固まってしまいます。少しずつ加えながら混ぜてください。バニラオイルがあれば、3~4滴加えます」

4. 鍋に移して中火にかける。木ベラで絶えず混ぜながらとろみをつけ、なめらかなクリームにする

「ここからがカスタード作りの最大の山場です。加熱していくうちに、さらり→とろり→もったりの3段階で状態が変化していきます」

【最初は、さらりとした状態】

1801_custard_04

「沸いてくるまでは、さらりとした状態なので、ゆっくり混ぜていればOK」

【かたまり始めたらスピードアップ! とろりとした状態になる】

1801_custard_05

「温まってくると表面に小さな気泡が出てきて、木ベラを動かして少し重たく感じたら、混ぜる手をスピードアップ! 部分的にとろみがついて、あっという間にかたまりはじめます。焦らずに手早く混ぜ続けていれば大丈夫。全体的にとろりとしてなめらかになっていきます」

【フツフツと気泡が出てきたら、あともう少し混ぜ続けて】

1801_custard_06

「表面にフツフツと大きめの気泡(=青く囲んだ部分)が出てきたら、完成間近! さらに混ぜ続けましょう」

【もったりとした状態になればOK!】

1801_custard_07

「木ベラから落とすと、写真のように筋がしっかり残るくらい、もったりとした状態になればOK! 火から下ろします。表面にツヤが出て、食べてみると粉っぽさがありません」

5. バットに広げてラップをかけ、粗熱をとってから冷蔵庫で冷やす

1801_custard_08

カスタードクリームの表面に密着するようにラップをかけること。氷を広げたバットに重ねて、粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて冷やす。

「温かいまま食べてもいいのですが、すぐに食べない場合は、余熱でこれ以上火が入らないようにするため、バットに移して冷ましましょう。氷水ではなく氷の上に置けばOK。ラップで密着させるのは、表面の乾燥を防ぐためです」

(「FOODIE」より引用)

また、残ったカスタードクリームを保存するには「ラップで空気を入れないように包み、保存袋などに入れて冷蔵庫へ。2~3日以内に食べきりましょう。冷凍保存は風味が落ちるのでおすすめしません」と和田さん。

基本を覚えたら、自分好みに甘さを調節したり、バニラビーンズを入れて本格的に作ったりと、オリジナルにも挑戦してみたい。極上のカスタードクリームをおうちで作れたら、朝のトーストに乗せたり、フルーツを添えてデザートにしたり、プリンやマフィンにしたりと、普段の食事からいろんなアレンジが楽しめそうです。

FOODIE

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    2. 便秘や疲労の解消に期待! 簡単シナモンアップルの作り方

    3. 「魔法の15分」で夜が変わる? 習慣化のプロが教える、スマートな夜の過ごし方

    4. 空腹ホルモンを減少させる小さな習慣

    5. 専門医が指南! 美髪に導く正しいヘアケア5つの方法

    6. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    7. 納豆はダイエットに最適?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 自分を労わってますか? 疲れやストレスを和らげるヒント

    10. 「立ちだけ」のシンプルかつ基本的なダイエット方法

    1. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    2. 「魔法の15分」で夜が変わる? 習慣化のプロが教える、スマートな夜の過ごし方

    3. 納豆の栄養をパワーアップさせたい。プラスするとよい食材は?

    4. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    5. 【2月の満月】今年最大の満月! スーパームーンがもたらす癒しと美のパワー

    6. ダイエット中に意識したい、主食や糖質の食べ方3つ

    7. 「糖質制限+筋トレ」でタンパク質不足に? タンパク質の正しい摂取法

    8. 納豆の「ちょい足し」アレンジ14つ。簡単にできて栄養効果もアップ

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. いつもの睡眠を「快眠」にバージョンアップさせるヒント5

    1. 糖質や脂質よりも要注意!? 太りやすい食品とは?

    2. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    3. 体重が密かに増えている、寝る前にやってはいけない9つの行動

    4. 「魔法の15分」で夜が変わる? 習慣化のプロが教える、スマートな夜の過ごし方

    5. 納豆マニアが厳選。スーパーで買えるおいしい納豆12選

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも。見逃しやすい8つの症状

    8. 1回13分の筋トレで筋肉は増強するという最新結果。その内容は?

    9. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品