1. Home
  2. SPORTS
  3. Zone3 ディストリビューター 北川麻利奈さん|My Favorite Sports vol.002

Zone3 ディストリビューター 北川麻利奈さん|My Favorite Sports vol.002

My Favorite Sports

1,948

sw_kitagawa_01

自分なりにスポーツを楽しんでいる女性たちに、その競技についてうかがう連載「My Favorite Sports」。第2回目となる今回、ご登場いただいたのは、Zone3 ディストリビューターとして活躍する北川麻利奈さん。

▼氏名:北川麻利奈(35歳)

▼職業:自営業

▼お気に入りのスポーツ:トライアスロン、ランニング

▼競技歴:5年

▼頻度:週5日

Q.どのエリアでトライアスロンをしていますか?

トレーニングは都内や首都圏ですが、レースは国内・海外になります。

Q.誰と一緒にやっていますか?

競技を通じて知り合った友人。

Q.トライアスロンを始めたきっかけは?

友人から誘われたのがきっかけです。父親がスポーツ教育に熱心だったので、子どものころからスイミングスクールに通ったり、兄に混ざって野球をしたりと運動する環境は整っていたと思います。その後は水球部に所属していたので、鉄人レースと言われる「トライアスロン」を始めることに不安や心配はありませんでした。

Q.トライアスロンをはじめて良かったことは?

情熱を注げる本気の趣味が持てたことで毎日が豊かになりました。利害関係のない数多くの仲間たちにも出会えました。

Q.トライアスロンの楽しいところは?

レース開催場所である土地を、五感で感じられるところ。

Q.トライアスロンをやるうえで難しいところは?

時間と体調の管理です。1日をどう過ごすかによって、トレーニングに費やせる時間が変わってくるので、タイムマネージメントという観点では、仕事をしているとどうしても思うようにトレーニングできないことがあります。また、タイムを縮めるという難しさもありますが、レース当日に体調をピークに持っていくカラダ作りも難しいですね。

sw_kitagawa_02

「小さなポケットもあるので小物を入れるのにも便利です」(北川さん)

Q.トライアスロンをするうえでのお気に入りアイテムは?

「lululemon(ルルレモン)」というカナダのブランドのウエアがお気に入りです。ラン、ヨガ、トレーニングと、複数のカテゴリーごとにアイテムを展開しているのですが、わたしは競技中はもちろんトレーニング中も普段着として愛用しています。私のライフスタイルにぴったりなブランドですね。

Q.トライアスロンを通して、将来の夢は?

港区トライアスロン連合の理事に就任し、広報活動を担っているので、もっと女性に向けてトライアスロンの楽しさを伝えていきたいです。港区人口の1%、約500人を新たなトライアスリートにしていきたいです。

Q.ご自身にとって、トライアスロンとは?

最高のあそび!!!

北川麻利奈(きたがわまりな)さん

元水球アテネ五輪強化選手。大手企業でビジネスパーソンとしての経験を経て、現在はトライアスロンブランドZone3のディストリビューターをメインに、数多くのブランドアンバサダーを務める。instagramはこちら

撮影/内山めぐみ

Tadack(Green House)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって