1. Home
  2. EAT
  3. TORU爺は戌年なので、私が鬼になりました【こぐれひでこの「ごはん日記」】

TORU爺は戌年なので、私が鬼になりました【こぐれひでこの「ごはん日記」】

こぐれひでこの「ごはん日記」

7,062

こぐれひでこ


20180210_kogure_top


20180210_kogure_01

【2月3日】朝ごはん:曇天。ブロッコリー、トマト、コンテ(チーズ)、トースト、目玉焼き(ウインナ)、ヤクルト、いちごヨーグルト、カフェ。買い物へ出かける。野菜類が結構残っているので、いつもより回る店は少なく。

20180210_kogure_02

昼ごはん:マルちゃんの塩焼きそば(久しぶり!)豚肉、キャベツ、ネギ、椎茸、もやし。あんドーナツも食べる。

20180210_kogure_03

お天気悪い。TORU君はハムの燻製中(左手にあるのは洗濯物)。

20180210_kogure_04

夜ごはん:節分。豆まき。節分のことを調べたら、豆をまく役目を担う人は家長か年男だそう。TORU爺は戌年なので、私が鬼になりました。年男はおかめのお面を被り、おかめと鬼の記念写真を撮りました。

20180210_kogure_05

豆まき後、夕食の第一ステージは、生牡蠣とスナップエンドウ、大根おろし(梅干し)、はりはり漬け。

20180210_kogure_06

第二ステージはすき焼き。葉山牛(大盤振る舞い)、しらたき、豆腐、卵。

20180210_kogure_07

玉ねぎ、椎茸、ねぎ、白菜、根三ツ葉。

20180210_kogure_08

関西風の食べ方でいただきました。関西風すき焼きを本場で食した経験は一度だけ(松坂市の「和田金」で)。10年近く経つかしら?記憶を頼りに作っています。

20180210_kogure_09

柑橘類(せとか、日向夏)。

>>こぐれひでこの「ごはん日記」をもっと読む?

>>今日作りたくなる簡単ヘルシーな旬レシピを多数掲載中


    Ranking

    1. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    2. これでは体重が減りません! 運動でよくやりがちな間違い4つ

    3. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    9. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    10. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?