1. Home
  2. MIND
  3. ストレスを力に変えるたった3つの方法

ストレスを力に変えるたった3つの方法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,366

「ストレスとの付き合い方をこんなステップで見直してみては」と心理学者のアリア・クラムさん。

ストレスとのいい距離感をとるには?

0118_main-gettyimages-641574176

1.ストレスを知ること

0118_1-gettyimages-696959540

プレッシャーを感じたときに、ついついやってしまう無駄なクセをリストに

例えば、ぐずぐず先延ばしにしてしまったり、冷蔵庫をあさったり。次にそうなったら、リストをみると、すぐにまた悪いクセだとわかるはず。こんなとき、「時間がないのにやることが多すぎて出てくるストレス」などと名前までつけてみます。このストレスのおかげで、脳のスイッチが切り替わらないのです。

脳の活動が扁桃体のような無意識の感情の中枢から、前頭皮質のような、より意識して深く考えられる領域に移っていかない。このことを認識できるようになると、ストレスをもっとコントロールできると感じるようになるはずです。


2.むしろストレスを歓迎すること

0118_2_2gettyimages-514410099

ある研究によれば、ストレスを避けようとするとなおさら不安や心配が強くなるそう。代わりに、ストレスが強くなると、心配もつのるという事実を想定内に。どんな問題が起こってくるのか考えておくんです

「ストレスが漠然としたものではなくて、もっと何か意味があるんだと理解できれば、ストレスを受け入れやすくなります」とクラムさん。前向きな感情を保つうえで役立つとも。例えば、スピーチの前に緊張でストレスになるという人も、むしろ良い意味の高ぶりととらえなおしたりできるように。自信があふれ、良い発表ができるようになる可能性も出てきます。


3.ストレスをうまく利用する

0118_3gettyimages-457207709

ストレスに対して気持ちが反応するとき、自分のしたいことのためには邪魔?

例えば、パーティーに招待されなくてしょんぼりする気持ちになっているとする。それは暗に社会的なつながりが自分に大切だということ。招いてくれなかった友達を避けず、自分のそばにいる人にむしろ近づき、一緒に食事するなどが賢明

なぜストレスになっている? そこを理解してエネルギーをうまい方向にもっていくといい挑戦をできるようになりますよ」とクラムさん。

Ginny Graves/ 3 Ways to Make Stress a Good Thing

訳/ STELLA MEDIX Ltd.

image via Shutterstock



  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    7. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    8. ヘルシーなだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

    9. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    10. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

    ストレスを力に変えるたった3つの方法

    FBからも最新情報をお届けします。