1. Home
  2. EAT
  3. 日本初、ギルトフリーで美味しいエンドウ豆由来のプロテインバー

日本初、ギルトフリーで美味しいエンドウ豆由来のプロテインバー

1,795

片岡理森

しなやかな体づくりのため、いつもの食事にタンパク質をプラスする女性が増えてきています。手軽な「タンパク質盛り」にぴったりなのがプロテインバー。これまでになかった、女性視点で作られたプロテインバーが登場しました。

女性に優しくカジュアルに食べられる国産プロテインバー

それは、食べても罪悪感を感じないギルトフリースナックの製造・販売を行なう株式会社スナックミーから発売された「snaq.bar(スナックバー)」。

1801_snaqbar_top

snaq.bar 4本セット(3種のフレーバーの中から選択) / 1,274円(税込)※snaq.me会員(snaq.bar公式サイトから登録無料)は1,058円(税込)

まずパッケージのかわいさに目が引かれました。私もおやつ代わりにプロテインバーを食べることが多いのですが、たいていパッケージは二の次。成分がよければいいと諦めるポイントでしたが、こちらはまるでおしゃれなチョコレートのよう。友だちにプレゼントしたくなるビジュアルでうれしくなります。

さらに注目すべきは、その中身。日本で初めてエンドウ豆由来の「ピープロテイン」を主タンパク源として使用しています。言われてみると、よく見かけるプロテインバーはたいてい大豆(ソイ)プロテインやホエイ(乳清)プロテインが使われていますが、大豆の味や乳製品が苦手な人も多いはず。それに大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをすることでよく知られていますが、適度に摂れば女性の味方になってくれる成分である一方、摂り過ぎた場合のリスクも考えられるので気になっていました。欧米でも、大豆(ソイ)プロテインに代わる植物性プロテインとして、エンドウ豆(ピー)プロテインが注目されているのだそう。

パティシエと開発した3種類のフレーバー

1本につきタンパク質が約9g摂れる頼もしいプロテインバー。女性がカジュアルに摂れるようにと考えられただけあって、美味しさにももちろんこだわってます。

1801_snaqbar_01

フランスの製菓業界で修行を積んだパティシエと共に生み出されたのは、ドライフルーツやナッツなど植物性素材のみを使用した「ベリーミックス」「カカオニブアーモンド」「フィグウォルナッツ」の全3種類大豆や乳製品に加え、人工添加物、化学調味料、砂糖、グルテン、動物性食品も一切使われていませんカロリー控えめで高い栄養価の「snaq.bar」。忙しい日の朝食やおやつ代わりに、スマートにタンパク質補給ができそう。

また同社では、ギルトフリースナックの詰め合わせボックスを定期購入できる「snaq.me(スナックミー)」も運営中。間食の頻度や嗜好、普段の食生活や体調の悩みなどの質問に答えることで、1人ひとりに合わせたオリジナルボックスを作ってくれるのだとか。この機会にぜひ試してみたいです。

snaq.bar,snaq.me

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?