1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. ローヤルゼリー100%の美容オイルで赤ちゃん肌を取り戻す

ローヤルゼリー100%の美容オイルで赤ちゃん肌を取り戻す

1,316

知恵子

年齢を重ねるとカサカサで硬くなってくる肌。いつの間にか小ジワも気になってきました。そこで頼りになりそうなのが、山田養蜂場より発売されたローヤルゼリーオイル100%の美容液ローヤルエクセレントオイル」です。

1801_royalexcellentoil_top

ローヤルエクセレントオイル 25ml / 6,000円(税別)

内外美容効果も確認されたローヤルゼリーの力

山田養蜂場の創業者が「わが娘への思い」からローヤルゼリーの研究を始めたのが、約50年前。その後、ローヤルゼリーの多量生産に成功し、いまなおミツバチから贈られるかけがえのない自然の力を、かけがえのない「ひとりの人の健康」のために役立てようと、ミツバチの恵みを活かした伝統的健康法である「アピセラピー」を追求し続けています。

ローヤルゼリーといえば女王蜂の特別食。普通の働き蜂の幼虫であった女王蜂が、ローヤルゼリーだけを食べて成長することで、ほかの働き蜂の数倍の大きさになり、寿命も約40倍の差がつくとか。それもそのはず、ローヤルゼリーには40種類以上の栄養素が含まれているのです。

なかでもビタミン・ミネラル・アミノ酸といった栄養素は、ミツバチだけでなく人間の健康にも、そして健康な肌を維持するためにも重要。さらにローヤルゼリーには保湿効果ヒアルロン酸コラーゲン産生促進作用など、飲用や塗布による内外美容効果も確認されているのだとか。

独自製法により誕生した世界初のローヤルゼリーオイル

そんなローヤルゼリーの新たな可能性を追求し、試行錯誤を重ねた結果、山田養蜂場が世界で初めて、生ローヤルゼリーの中にわずか3%しか含まれない希少な油溶性美肌成分をオリーブスクワランで抽出することに成功しました。そして、みつばち健康科学研究所がローヤルゼリーオイルを調査した結果、乾燥による小じわを目立たなくする効果(抗シワ試験評価済み)によりなめらかな肌へと導き、細胞試験による線維芽細胞増殖促進作用により肌をほぐし、さらに、コラーゲン・エラスチン産生促進作用によりピンとハリのある素肌へ導くといったエイジングケア効果が認められたのです。

このローヤルゼリーオイルをそのまま商品化したのが「ローヤルエクセレントオイル」。導入オイルとして洗顔後に使用することで、肌を柔らかくほぐし、その後の化粧水や美容成分の浸透を促進する働きがあるとか。オイルでありながらベタつかず、軽くなめらかな感触。赤ちゃんのようなハリと潤いのある肌によみがえりそう。

山田養蜂場公式サイト

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?