1. Home
  2. EAT
  3. 冷え症対策に摂りたいビタミンEたっぷりのナッツまとめ

冷え症対策に摂りたいビタミンEたっぷりのナッツまとめ

2,303

1801_nuts_top

image via shutterstock

アーモンドをはじめとするナッツに多く含まれるビタミンE。強力な抗酸化作用アンチエイジングに効果的なだけじゃなく、血流を促してくれる作用があることから、冷えや肩こりの改善も期待できるのだとか。日常的に摂りたいナッツの専門店レシピを、マイロハスの記事のなかから集めました。

中目黒にある国内のナッツ専門店第1号

1801_nuts_01

中目黒の「Groovy Nuts」は、「Nuts by handful everyday(毎日一握りのナッツを)」がコンセプト。くるみやアーモンド、マカダミアナッツ、カシューナッツなど、栄養価の高いナッツを28種類販売。できるだけオーガニックで高品質のものを仕入れているそう。生、ロースト、殻付きなどがあり、お好みのナッツをミックスして袋に詰めて購入できます。同じアーモンドでもアメリカとスペインなど産地の違うものもあり、食べくらべができるのも楽しい。1杯に約8粒のナッツが含まれているナッツスムージーも気になる。

>>ナッツスムージーに注目。国内初のナッツ専門店

広尾にある対面式のナッツ専門店

1801_nuts_02

広尾にオープンした「nuts tokyo」。気になるナッツを試食したり、店員さんと相談したりしながら、自分好みのナッツを見つけられる対面式のナッツ専門店です。生タイプやローストタイプのナッツをはじめ、おやつやおつまみにぴったりのフレーバーナッツや、相性の良いドライフルーツも用意。イートインでは、クラフトビールやグラスワインでナッツとのマリアージュを楽しめるのがうれしい。

>>広尾のナッツ専門店で美味しさ愉しみ新発見

オリジナルの組み合わせで作るナッツの蜂蜜漬け

1801_nuts_03

蜂蜜のある生活を提案する旗艦店「MY HONEY 表参道本店」。ナッツの女王と呼ばれているピスタチオや、女性ホルモンのバランスを整えてくれるというパンプキンシード、マヌカハニーなど、常時10種類以上のさまざまなナッツと蜂蜜から選べます。ショップには「はちみつ美容アドバイザー」スタッフもいるので、美容・健康などの悩みに合わせてアドバイスをもらいながら作ることも。一度食べると止まらないおいしさです。

>>お好みのナッツの蜂蜜漬けが作れるお店「MY HONEY」が表参道に誕生

ビタミンEをより効果的に摂れるアーモンドミルク

1801_nuts_04

アーモンドミルク研究会によると、アーモンドのビタミンE含有量は全食品トップクラスですが、粒のまま食べるのよりもアーモンドミルクとして摂取することでより効果的に摂れるのだとか。アーモンドミルクは牛乳や豆乳に比べて低カロリーで、美容の味方である食物繊維も豊富。ジューサーがあればおうちでも簡単に作れるようなので、日常的に摂れるようにチャレンジしてみたい。

>>低カロリーで、ビタミンE豊富なアーモンドミルクの作り方

トーストやサラダにも合うマカダミアバター

1801_nuts_05

ヴィーガン料理としても活躍するマカダミアナッツで作ったバター。ビタミンやミネラルに加え、良質なオイルで構成されているため、フードプロセッサーで細胞壁を壊すだけでトロトロに変化するのだそう。軽くローストしたマカダミアナッツを5分程度フードプロセッサーで撹拌するだけ。酸化しにくいオイルなので清潔な瓶に入れて冷蔵庫保管すれば1カ月以上おいしく食べられるのだそう。

>>美肌のためのバター!? 絶品マカダミアバターの作り方【TOKYO VEGAN】

寒さで縮こまりがちな真冬の時期には、特に積極的に摂りたいナッツ。おやつとして間食に加えれば、小腹も満たされてビタミンEもチャージ。自分の好きな形状のものを身近に置いて、冷えに負けない体づくりを心がけたいです。

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    2. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    8. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    9. 死を恐れていませんか? | 禅僧のおことば 21

    10. 12星座別のボディケア。本当にぴったりなアロマの選び方

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    4. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    5. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    6. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    7. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    冷え症対策に摂りたいビタミンEたっぷりのナッツまとめ

    FBからも最新情報をお届けします。