1. Home
  2. BODY
  3. リーズナブルに30分で。すきま時間に銀座でスマート脳ドック

リーズナブルに30分で。すきま時間に銀座でスマート脳ドック

3,725

知恵子

1801_medicalcheckstudio_top

image via shutterstock

健康診断に行く時間が取れないときに便利なのが、自宅でできる血液検査キット。でも気づかないうちに進行する場合もある脳疾患は、血液検査だけではカバーしづらいのが難点です。そこで注目なのが30分のスピード検診で、リーズナブルに脳ドックが受けられるという「メディカルチェックスタジオ(MCS)」です。

脳血管疾患の発症を未然に防ぐ検査に特化

「ケア」「治療」の前段である「検査」の領域にフォーカスし、未病の段階で現在の自分を知り未来を変えるためのサービスとして「メディカルチェックスタジオ銀座東京クリニック」がオープン。こちらでは「IT×予防医学×検診」をコンセプトに、これまでハードルの高かった脳ドックを、利便性の高い立地で、早く、リーズナブルに、そして正確に提供してくれます。ではなぜ、脳血管疾患の発症を未然に防ぐ「検査」にフォーカスしたのでしょうか。

1801_medicalcheckstudio_01

実は、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県在住の20~70代の男女600名を対象とした「『検診』に関するアンケート調査(2017年1月:楽天リサーチ調べ)」によると、「健康診断以外で受診したい検診」の第1位に「脳ドック(39%)」が挙げられたのだとか。しかも「知っているが、受診したことがない」人は全体の53%、さらに脳検診については80% 以上の人が「費用がかかる、料金が高そう」と感じている人がいることがわかったそう。こういった人々の声も、脳ドックに特化した理由のひとつと言えそうです。

気軽に脳ドックを受けられるように考えられたシステム

MCSで受けられる「スマート脳ドック」の5つのポイントをご紹介します。

1. 継続しやすい価格

「脳MRI」「MRA」「頸動脈MRA」が17,500円(税別)で受診可能。

2. カンタン予約

予約はWebから。アクセスが便利な場所で、検査時間は30分。

3. 正確 (見逃し防止)

放射線科医師と脳神経外科医師のダブルチェック体制(読影は遠隔画像診断の株式会社エムネスと提携)およびAIサポート(エルピクセル株式会社と共同研究開発中)により見逃し防止。

4. 安心 (何かあった時には)

専門医の紹介や医療施設との連携など、安心のサポートを提供。

5. マイページでのデータ管理(撮影から1週間ほどで反映)

スマートフォンやパソコンで、予約から検査結果の確認、過去の履歴もマイページ上で管理可能。

1801_medicalcheckstudio_02

30分という短い時間で検査できて、検査結果も好きなときにゆっくりとチェックできるのがうれしいです。

軽くめまいがしたり、頭痛がしたり。友達同士でそんな話がでても、お互い「肩こりか、若年性の更年期かな。ゆらぎ期だしね」で、すませていました。ささいな不調も「あるある」話にすると気持ちもラクになるけれど、もしかすると大きな病気のサインかもしれません。短時間で検査できるMCSを上手に利用すれば、より自分の体をケアしやすくなりそうです。

メディカルチェックスタジオ銀座東京クリニック

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-2-4 サクセス銀座ファーストビル2F

外来の予約・問合せ:03-6263-2571

※「スマート脳ドック」の予約は予約サイトから。

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析