1. Home
  2. EAT
  3. なめらかでふわっふわ。絶品マッシュポテトを作る8つのコツ

なめらかでふわっふわ。絶品マッシュポテトを作る8つのコツ

2,972

片岡理森

肉料理でも魚料理でも、メインディッシュの付け合わせとして定番のマッシュポテト。シンプルな材料で簡単にできる名わき役ですが、シンプルなだけにちょっとした手間をかけてあげることで最高においしくなるのだとか。

おいしいマッシュポテトを作る8つのコツ

1801_mashedpotatoes_top

image via shutterstock

ホクホクでフワフワのおいしいマッシュポテトを作るには、やるべきこととやってはいけないことがありました。

1. マッシュポテトに適したジャガイモを選ぶ

デンプン質が多くて粘り気が少ない、ラセットやカタディンといった品種を選ぶといいでしょう。ジャガイモの風味をもっと生かした、まったりした質感がお好みなら、ラセット種と粘り気があって少しクリーミーなユーコン・ゴールド種を半々で使いましょう。

2. 茹でたあとは水分を飛ばす

茹でたジャガイモをざるにあけたら、まだ暖かい鍋にジャガイモを戻し、数分間加熱して余分な水分を取り除きましょう。水っぽさがなくなります。

3. バターや牛乳は温めてから混ぜる

バターは室温に戻してから、牛乳は温めてから混ぜましょう。冷蔵庫から出したばかりの材料を使うとマッシュポテトが冷めてしまうので、材料をなじませるのにより長い間かきまぜることになり、ベタついたマッシュポテトになってしまいます。

4. 牛乳やクリームにはハーブの香りを添えて

1801_mashedpotatoes_01

生のハーブを刻んで最後の仕上げに入れるのではなく、タイムやローズマリーの小枝を数本、ポテトに混ぜる前の牛乳やクリームに入れ、弱火にかけて香りを移しましょう。この作業は、ジャガイモを茹でるのと並行して行なうといいでしょう。

5. フードプロセッサーは絶対に使わない

手間を省こうと茹でたジャガイモをフードプロセッサーにかけると、デンプンの粒が破壊されて、ドロドロの糊状になってしまいます。

6. ポテトマッシャーを賢く使おう

裏ごし器タイプのマッシャーを使うのは、粘り気のある(水分が多くデンプン質の少ない)ジャガイモの場合だけ。デンプン質が多いジャガイモの場合は、通常のつぶすタイプのマッシャーを使います。

7. 茹でるお湯に塩を加える

パスタと同じで、茹で上がってから塩を振るだけではジャガイモにしっかり味がつきません。スパゲッティを作る時と同様に、茹でる前にお湯を塩で味つけしておきましょう。その時は「海水並みのしょっぱさ」を目安にしてください。

8. マヨネーズを隠し味に

大さじ数杯のマヨネーズを加えてみてください。マヨネーズが持つ、乳化を助ける働きのおかげで、マッシュポテトが信じられないほどクリーミーになるはず。

1801_mashedpotatoes_02-1

いままで原因がわからずダマになったり、ベタついたり、水っぽくなったりしがちだったのですが、これらのコツを押さえれば理想的な舌触りになりそうです。マッシュポテトは付け合わせだということもあり、いかに時短で簡単に作るか、というレシピは数あれど、いかに最高の一品を作るか、というレシピはありそうでなかったかも。コツを覚えたうえで、シンプルでおいしいマッシュポテトの材料と作り方を参考に実践してみたいです。

<材料>

ジャガイモ…900g強 ※種類はすべてラセットか、ラセットとユーコン・ゴールドを半々で

牛乳…1/2カップ

有塩バター…1/4カップ ※室温に戻しておく

マヨネーズ…大さじ3 ※お好みで

フレッシュハーブの枝…2~3本 ※タイムやローズマリーなど

<作り方>

(1)塩を多めに加えた水を大きな鍋で沸騰させ、そこに、洗って皮をむき、約1インチ(2.5センチ)角にそろえて切ったジャガイモを入れます。

(2)ジャガイモをゆでている間に、牛乳を温めておきます(お好みでハーブを入れても良いでしょう)。牛乳は弱火で温め、膜ができないように時々かき混ぜましょう。さて、刃の薄いナイフがすっと通るくらいになったら、ジャガイモは茹で上がりです。ざるにあけて水分を切りましょう。

(3)ざるにあけたジャガイモを鍋に戻し、その鍋を再び弱めの中火にかけます。数分間、かき混ぜながら加熱して余分な水分を飛ばしましょう。その後、マッシャーでジャガイモを軽くつぶします(あるいは、粘り気のあるタイプのジャガイモなら裏ごしをかけても良いでしょう)。

(4)ここに、温めた牛乳とバター、マヨネーズ(お好みで)を加えてさらにつぶし、最後に木製スプーンでかき混ぜて、なめらかに仕上げます。味見をして、必要なら塩こしょうで味を調えてできあがり。バター(分量外)をトッピングして、すぐに食卓に出しましょう。

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

基本として最高のマッシュポテトが作れるようになれば、肉や魚の付け合わせにはもちろん、サンドイッチの具にしたり、グラタンやコロッケにしたり、アレンジも豊富。自信をもって出せるレパートリーが一気に増えそうです。

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた