1. Home
  2. EAT
  3. 1日1杯を3週間、季節の変わり目のハーブティーデトックス

1日1杯を3週間、季節の変わり目のハーブティーデトックス

新習慣

4,688

冠ゆき

1801_herbtea_top

image via shutterstock

消化器官に溜まった不要物を、速やかに排出する手助けをしてくれるデトックスハーブティー。その効能や効果的な飲み方について、「L’Express」で語っていたナチュロパシスト自然療法士)のステファン・テタール氏の意見が参考になります。

効果効能に合わせて摂りたいデトックスハーブティー

ハーブの成分はカプセルや錠剤でも手に入れることができますが、テタール氏によれば、成分を凝縮したカプセルなどよりも、ハーブティーで摂ったほうが身体への作用は優しいそう。

デトックスというのは、身体に負担をかける面もあるのです。不要物を排出するため、臓器はフルに活動するのですから。

(「L’Express」より翻訳引用)

また、ハーブティーで摂れば、水分補給も同時に望めるという利点もあります。デトックスと一言でいっても、何を優先させるかによっておすすめのハーブもさまざまです。

体内に水分がたまりやすい人は、ダンデリオン、メドウスイート、シラカバ、ネトル、ハイビスカス、さくらんぼの軸をベースにしたハーブティーを選びましょう。

(「L’Express」より翻訳引用)

ネトルはスープなどにすると酸味があるのですが、ハーブティーではほとんど感じず、むしろ日本の番茶に近い味。ハイビスカスはよく知られるように、赤く酸っぱいお茶。さくらんぼの軸は、ヨーロッパでは非常にポピュラーなデトックス素材として知られています。オーガニックのさくらんぼが手に入れば、自分で軸を乾燥させ、煎じてハーブティーにして試してみるのも良いでしょう。

食後おなかにガスがたまったような感覚がある場合こってり料理がうまく消化できない場合。(中略)そういうときもデトックスのハーブティやお茶が役立ちます。テタール氏がすすめるのは、ローズマリータイムです。

(「L’Express」より翻訳引用)

ローズマリーもタイムも、料理によく使うハーブとして知られています。どちらも、すっきりとした香りですが、個人的にはタイムのほうがクセが少なく飲みやすいように思います。

いつ、どのくらいの期間、どのくらいの量を飲むのがベスト?

では、デトックス効果をより良く感じるには、いつ、どのくらいの期間、どのくらいの量を飲むべきなのでしょうか? テタール氏のおすすめは、季節の変わり目です。

基本的には春と秋です。1日カップ1~3杯を毎日飲むのがいいでしょう。ティーバッグ2~3袋を1,5リットルのお湯に浸して作ったハーブティーを、1日かけて少しずつ飲むのもおすすめです。(中略)(期間は)少なくとも3週間

(「L’Express」より翻訳引用)

3週間は長いような気もしますが、ハーブティーの効果が穏やかであることや、1日3杯のお茶を飲むだけのゆるい健康法であることを思うと、それほど負担でもなさそうです。

消化器官が掃除されてきれいになれば、そのほかの部分への効果も目に見えるようになります。肌が明るくなり、消化もスムーズになります。

(「L’Express」より翻訳引用)

これまでは、なんとなく飲んでいたデトックスハーブティーですが、これからは「デトックスするぞ!」と心に決めて、季節の変わり目に3週間ハーブティーを楽しむ習慣を持ちたいと思います。

L’Express

    specialbunner

    Ranking

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. 「感じのいい人」と「感じの悪い人」の違いは脳の使い方にあった!

    4. 【クイズ】頭痛を早く治すには?

    5. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    6. ダイエット中の人に言ってはいけない! 7つの禁句とOKワードは?

    7. 高栄養&腸内環境を整える「甘酒」の作り方。炊飯器で放置するだけ!

    8. ひどい肩こり解消エクササイズ「サイドプランク」

    9. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    10. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    5. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    6. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!