1. Home
  2. EAT
  3. 1日1杯を3週間、季節の変わり目のハーブティーデトックス

1日1杯を3週間、季節の変わり目のハーブティーデトックス

新習慣

4,827

冠ゆき

1801_herbtea_top

image via shutterstock

消化器官に溜まった不要物を、速やかに排出する手助けをしてくれるデトックスハーブティー。その効能や効果的な飲み方について、「L’Express」で語っていたナチュロパシスト自然療法士)のステファン・テタール氏の意見が参考になります。

効果効能に合わせて摂りたいデトックスハーブティー

ハーブの成分はカプセルや錠剤でも手に入れることができますが、テタール氏によれば、成分を凝縮したカプセルなどよりも、ハーブティーで摂ったほうが身体への作用は優しいそう。

デトックスというのは、身体に負担をかける面もあるのです。不要物を排出するため、臓器はフルに活動するのですから。

(「L’Express」より翻訳引用)

また、ハーブティーで摂れば、水分補給も同時に望めるという利点もあります。デトックスと一言でいっても、何を優先させるかによっておすすめのハーブもさまざまです。

体内に水分がたまりやすい人は、ダンデリオン、メドウスイート、シラカバ、ネトル、ハイビスカス、さくらんぼの軸をベースにしたハーブティーを選びましょう。

(「L’Express」より翻訳引用)

ネトルはスープなどにすると酸味があるのですが、ハーブティーではほとんど感じず、むしろ日本の番茶に近い味。ハイビスカスはよく知られるように、赤く酸っぱいお茶。さくらんぼの軸は、ヨーロッパでは非常にポピュラーなデトックス素材として知られています。オーガニックのさくらんぼが手に入れば、自分で軸を乾燥させ、煎じてハーブティーにして試してみるのも良いでしょう。

食後おなかにガスがたまったような感覚がある場合こってり料理がうまく消化できない場合。(中略)そういうときもデトックスのハーブティやお茶が役立ちます。テタール氏がすすめるのは、ローズマリータイムです。

(「L’Express」より翻訳引用)

ローズマリーもタイムも、料理によく使うハーブとして知られています。どちらも、すっきりとした香りですが、個人的にはタイムのほうがクセが少なく飲みやすいように思います。

いつ、どのくらいの期間、どのくらいの量を飲むのがベスト?

では、デトックス効果をより良く感じるには、いつ、どのくらいの期間、どのくらいの量を飲むべきなのでしょうか? テタール氏のおすすめは、季節の変わり目です。

基本的には春と秋です。1日カップ1~3杯を毎日飲むのがいいでしょう。ティーバッグ2~3袋を1,5リットルのお湯に浸して作ったハーブティーを、1日かけて少しずつ飲むのもおすすめです。(中略)(期間は)少なくとも3週間

(「L’Express」より翻訳引用)

3週間は長いような気もしますが、ハーブティーの効果が穏やかであることや、1日3杯のお茶を飲むだけのゆるい健康法であることを思うと、それほど負担でもなさそうです。

消化器官が掃除されてきれいになれば、そのほかの部分への効果も目に見えるようになります。肌が明るくなり、消化もスムーズになります。

(「L’Express」より翻訳引用)

これまでは、なんとなく飲んでいたデトックスハーブティーですが、これからは「デトックスするぞ!」と心に決めて、季節の変わり目に3週間ハーブティーを楽しむ習慣を持ちたいと思います。

L’Express

    specialbanner

    Ranking

    1. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    2. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    3. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    4. なぜ「劣化」という言葉が使われるのか。嫉妬心の裏返し?

    5. むくみと冷えを解消し、堂々と出せるスッキリ美脚に

    6. イライラやアレルギー症状も。体内の「油バランス」の悪化が原因?

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    9. キールズの紙袋が有料化。日本ロレアルの取り組む環境問題と女性支援のいま

    10. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    1. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    2. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    3. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    4. 肌寒いのであたたかい鳥南蛮【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    5. 3人のなかでもっとも仕事を任せられる顔は? 「顔の心理学」で人のすべてがわかる

    6. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    7. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    8. むくみと冷えを解消し、堂々と出せるスッキリ美脚に

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. 「おばさん」って誰のこと? 連載第1回「女が年をとるということ」

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    3. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    4. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    5. O脚、ガニ股にサヨナラ。2ステップの簡単ストレッチ

    6. 女優はなぜ太らない? なりきるだけの「やせメンタル」ダイエット

    7. 毛穴・小ジワ・テカリをまるっと解決「魔法の化粧下地」。これはリピです!

    8. 内臓脂肪と皮下脂肪は別もの。それぞれの効果的な減らし方は?

    9. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    10. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら