1. Home
  2. EAT
  3. 華やかに魅せベジ。人気インスタグラマーの飾り切りのコツ・作り方

華やかに魅せベジ。人気インスタグラマーの飾り切りのコツ・作り方

1,217

毎日の料理やレパートリーがある程度決まってきて、代わり映えしないということも。ひと手間加えることで、食卓をいつもよりパッと明るく華やかに見せることができます。それは野菜をきれいに飾り切りした魅せベジ」。今回は、人気インスタグラマー3名に魅せベジについて伺いました。

初心者でもできる基本の魅せベジ

パーティーやおもてなしには特におすすめの魅せベジ。食べるのがもったいないくらい美しく盛りつけられています。初心者でもできるの魅せベジの作りかたを、フードコーディネーターや野菜ソムリエプロの資格をもつ日高直子さんブログURL)に教えていただきました。

<野菜で作るお花の作りかた>

(1)野菜(きゅうりや大根など)をスライサーで薄切りにし、塩をまぶしてしばらく置く。水分が出てやわらかくなったらクッキングペーパーなどで水分をよくとる。

(2)半月切りにする(半分に切る)。

1801_decovege_1

(3)半月切りをした直線部分をあわせ、少しずつずらしながら並べていく。

(4)端からくるくると巻いていく。

1801_decovege_2

野菜で作るお花なんて難しそうと思っていたら、私でも作れそうでうれしくなりました。いろいろな野菜のお花が盛りつけられていたら、それだけでカラフルに「魅せる」プレートが完成します。

魅せベジのポイントは「紫」

fu ふうさん(@fu0821)がシェアした投稿 -

野菜の切りかた、魅せかたを変えるだけでこんなにも芸術的に。こちらを投稿されたfu ふうさんに魅せベジのポイントを教えていただきました。

食卓に紫色の野菜が並ぶだけでぐんとおいしそうに見えるので、紫色の野菜を見つけると買うようにしています。 切りかたは、その野菜が一番きれいに見えるように切っています。野菜の断面の美しさとかわいさに、うっとりしてしまうことも。 また野菜そのものの色が一番映えるように、器の色もしっかり選んでいます」 (fu ふうさん)

ふつうのグリーンサラダにも、紫が入るだけで一気に印象が変わります。食卓をおしゃれに華やかに見せるヒントは紫にあるのかも。

キッチンツールを使えば簡単に華やかに

ただ野菜を切って並べているだけでもこんなにおしゃれな一皿に。切り方の多様性におどろきます。こちらを投稿したひとみさんにコツを教えていただきました。

型抜き、包丁、デザインカッターなどを使ってカットしています」(ひとみさん)

野菜をカットするにも、包丁だけではなかなか難しいところ。型抜きやデザインカッターなどを使えば手軽にかわいく野菜をカットすることができるそう。さまざまなアイテムを上手に使えば、魅せベジレパートリーも増えること間違いなし。

ひと手間で食卓の印象をガラリと変えることができる「魅せベジ」。色合いを意識しつつカットツールを使って、日常の食卓でも、おもてなしの食卓でも、野菜をもっとおめかししてあげたい。

横山かおり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    華やかに魅せベジ。人気インスタグラマーの飾り切りのコツ・作り方

    FBからも最新情報をお届けします。