1. Home
  2. MIND
  3. 強く結ばれたカップルに共通する4つの特徴

強く結ばれたカップルに共通する4つの特徴

33,919

冠ゆき

1801_coupleties_top

image via shutterstock

この人とともに生きると決めたパートナー。長い共同生活を送る中で2人の関係性は変化していくものですが、土台さえしっかりしていれば絆の固さは変わらないはず。ときどき確認したい土台のチェックポイントとしては「Psychologies」が挙げる「しっかりとした絆で結ばれたカップルの特徴4つ」がヒントになります。

パートナーとの絆を強く結びつける4つのポイント

1. お互いの相違点を、評価しあっている

パートナーとの性格や好みの違いは、恋愛初期には魅力的に映ることも多いもの。例えば、自分にはない決断力、ユーモアのセンス、おおらかさ、もしくは逆に几帳面なところなど。その“違い”が、今でも2人のバランスを保つのに役立っているなら、そのカップルの絆は問題なし。

反対に、もしそのパートナーの性質や態度が、あなたに我慢を強いるものだったり、文句の種になっているようなら、カップルにとっては脅威になりえます。その場合は、2人で話し合って、良い関係を保つためのラインを見つけましょう

(「Psychologies」より翻訳引用)

2. 思いやりと信頼を持ちあっている

親や子どもよりも長い時間をともに暮らすパートナー。穏やかな関係を保つには、理解と思いやり、信頼が必要です。

注意深く、思いやりを持ち、相手の感情を受けとめ、エンパシーをもって接することができる。決めたことを守り、自分の間違いや弱さを認め、(中略)、自分に課せられた役割―貞淑さ、財政管理、子どもの教育にかかわることなど―を果たす。

(「Psychologies」より翻訳引用)

具体的に挙げられたこれらの態度。相手がどうかよりも、自分ができているかどうかの視点から見直すことも大切です。

3. お互いの価値が対等である

ここでいう価値は、収入の多少や、役職、容姿のことではなく、それぞれの分野で、どの程度その道に長けているかを指します。

どの進化心理学の研究結果も同じ方向を指しているように、われわれは「対等である」と感じる必要があるのです。

(「Psychologies」より翻訳引用)

私の友人に、妻は市の福祉課の責任者、夫は車両を作る工場勤めというカップルがいます。一見インテリの妻と肉体労働の夫に見えますが、もう30年近く車両製作に携わった彼はかなりのベテランで、今は指導者の立場。もちろん自分の仕事に誇りも持っています。また別な知り合いでは、夫は大企業の管理職。妻は専業主婦ではありますが、移民を援助する団体の責任者の立場にあり、精力的に活動し、市から表彰なども受けています。全く別な分野ながら、それぞれ打ち込めるものがあれば、どちらかがどちらかの影になることもなく、対等であると感じられるということでしょう。

4. 自己評価よりも、パートナーが寄せてくれる評価のほうがポジティブである

人は自分自身には意外と厳しいもので、何か小さな躓きひとつで、がっくりと自信を失うことも珍しくありません。また、自分の欠点は、実際以上に大きく見えるものです。そんな時、パートナーが長所に目を留め、ポジティブな評価をしてくれれば好循環な関係を築くことができます。

たいていの場合、人は自分に貼られたレッテルに応えようとするものだということを忘れてはなりません。貼られたレッテルがポジティブなものであれば、それに呼応し、自分自身も相手もポジティブに見られるようになるものなのです。

(「Psychologies」より翻訳引用)

4つとも非常に平明なポイントで、読んでいると頷きたくなるものばかり。とはいっても、自分に当てはめてみると、当然のことのように相手に求めることはあっても、自分はどれだけ実践できていただろうかと、反省する点もいくつか……。パートナーとの良い関係を長く続けるためにも、ときおり忘れず見直してみようと思いました。

Psychologies

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析