MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. MIND
  3. 集中力を高めて自分の時間を活性化する8つのアイデア

集中力を高めて自分の時間を活性化する8つのアイデア

1,013

20180130_syuutyuu

image via Shutterstock

いつもの仕事や家事が今日はなんだか効率悪くて進まない、そんな時ってありますよね。その時の気分や、体調......。原因はなんであれ、集中力が違ってしまうのは困るところ。できるだけいつも同じパフォーマンスを保つコツを知っていたら作業がはかどりそうです。

科学的に集中力を高めるポイントとは?

BUSINESS INSIDER JAPAN」の中で「人の集中力」の研究に取り組むアイウエアブランド・ジンズの井上一鷹さんが紹介する、集中力を科学的なデータにもとづいて高める「8つのアイデア」を発見。知っていると簡単に使えて役立ちそうなものばかりです。

アイデア1:集中に必要な「最初の23分間」を確保する

人が集中状態に入るまでには「23分」かかるのだとか。まずはその間に誰にも話しかけられない自分だけの時間と空間を確保することが大事。きちんと周りに集中したいと伝えることで環境を整えていくようにしましょう。

アイデア2:植物を置いて「緑視率」を10〜15%に調整する

緑視率とは人間の視野覚の120度に対して占める緑の比率のこと。それを10~15%だと集中するのに適した程よいストレスが保たれるのだとか。多ければ多いほど自然を感じられてリラックスできて良いのではと思いがちですが逆にストレスが増強してしまうそう。観葉植物などの置き場もそれを目安に置くようにしたいものです。

アイデア3:夕方と夜に浴びる「照明の光の色」を変える

部屋の照明は明るく昼も夜も同じ明るさを保ってくてます。一見良さそうですが実はこれが体内時計を狂わせる原因に。体が休むことができず次の日の作業に支障が出ることになってしまいます。

本来の時間にあった太陽と同じような光を浴びることが望ましく安定した睡眠をとるようにすることが重要。部屋の照明を柔らかな暖色系に変えたり、ブルーライトカットを心がけるだけでも違いが出るそうですよ。

アイデア4:ハイレゾ音源で「自然の音」を感じる

人間の可聴域を超えた音「ハイレゾ音」。なんとこれが心地よく集中するのに最適なのだとか。

とはいえ手に入れるのは難しいのでここは市販のBGMを使うとマスト。日の光と同じくポイントは時間にあった自然な音を聞くこと。夜に小鳥の声でリラックス、とはいかないようです。

アイデア5:「間食とお酒」の種類を変える

血糖値の急な上下はだるさを感じたり、体調面で集中できなくなってしまいます。集中には緊張とリラックスのバランスが必要ですが

そんなときにはカフェインを含むコーヒーやテアニンを含む抹茶などで調節を。リラックスの効果もあるアルコールですが眠る前4時間までにのみ終わるように心がけると良いようです。

アイデア6:「アクティブレスト」でからだを回復させる

「アクティブレスト」とはアクティブ(積極的)にレスト(休息)のこと。休息に必要なのは運動と睡眠。惰性で仕事をするよりきっちり気分を変えて筋トレなどで体を動かしてストレスを発散することが効果的なのだそう。

アイデア7:そのときの思考モードに合った「椅子」を選ぶ

椅子で何かが変わるの? と思ってしまいますが、注目すべきは姿勢。下を向くと収束思考に、上を向くと発散思考にモードが切り替わるのだとか。

きちんとモードの時は前傾になる椅子、アイデアを出したい発散モードの時は後ろにもたれやすい椅子をチョイスすると良いようです。

アイデア8:「温度・湿度・騒音・CO2濃度」を可視化する

集中しやすい環境に適した温度や湿度は欠かせません。部屋の環境は大切です。今の時代ならではのIoTデバイスを使って環境を最適化することもおすすめだそう。可視化することで環境を整えやすく、調整も容易になります。

日々の生活はコミュニケーションの連続で一人の時間を確保することはなかなか難しいものですが、集中することで部屋を整頓するように毎日のリズムが整ってくることもありそう。

簡単に取り入れられそうなアイデアばかりなので意識して取り入れてみると仕事も家事の効率よくできそうです。

BUSINESS INSIDER JAPAN

Writing byクリハラチナツ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 実はタマゴはまるごと食べたほうがよい理由

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 驚きのフィット感と軽さ。スニーカーのような履き心地のパンプス

    4. みなさんバレンタインには張り込むんですね【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    5. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    6. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 【完全版】管理栄養士に聞く「糖質制限ダイエット」の効果と方法

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 梅の花が咲いてきた。春も近い?【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    8. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    9. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    10. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    10. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    集中力を高めて自分の時間を活性化する8つのアイデア

    FBからも最新情報をお届けします。