1. Home
  2. MIND
  3. 集中力を高めて自分の時間を活性化する8つのアイデア

集中力を高めて自分の時間を活性化する8つのアイデア

1,837

クリハラチナツ

20180130_syuutyuu

image via Shutterstock

いつもの仕事や家事が今日はなんだか効率悪くて進まない、そんな時ってありますよね。その時の気分や、体調......。原因はなんであれ、集中力が違ってしまうのは困るところ。できるだけいつも同じパフォーマンスを保つコツを知っていたら作業がはかどりそうです。

科学的に集中力を高めるポイントとは?

BUSINESS INSIDER JAPAN」の中で「人の集中力」の研究に取り組むアイウエアブランド・ジンズの井上一鷹さんが紹介する、集中力を科学的なデータにもとづいて高める「8つのアイデア」を発見。知っていると簡単に使えて役立ちそうなものばかりです。

アイデア1:集中に必要な「最初の23分間」を確保する

人が集中状態に入るまでには「23分」かかるのだとか。まずはその間に誰にも話しかけられない自分だけの時間と空間を確保することが大事。きちんと周りに集中したいと伝えることで環境を整えていくようにしましょう。

アイデア2:植物を置いて「緑視率」を10〜15%に調整する

緑視率とは人間の視野覚の120度に対して占める緑の比率のこと。それを10~15%だと集中するのに適した程よいストレスが保たれるのだとか。多ければ多いほど自然を感じられてリラックスできて良いのではと思いがちですが逆にストレスが増強してしまうそう。観葉植物などの置き場もそれを目安に置くようにしたいものです。

アイデア3:夕方と夜に浴びる「照明の光の色」を変える

部屋の照明は明るく昼も夜も同じ明るさを保ってくてます。一見良さそうですが実はこれが体内時計を狂わせる原因に。体が休むことができず次の日の作業に支障が出ることになってしまいます。

本来の時間にあった太陽と同じような光を浴びることが望ましく安定した睡眠をとるようにすることが重要。部屋の照明を柔らかな暖色系に変えたり、ブルーライトカットを心がけるだけでも違いが出るそうですよ。

アイデア4:ハイレゾ音源で「自然の音」を感じる

人間の可聴域を超えた音「ハイレゾ音」。なんとこれが心地よく集中するのに最適なのだとか。

とはいえ手に入れるのは難しいのでここは市販のBGMを使うとマスト。日の光と同じくポイントは時間にあった自然な音を聞くこと。夜に小鳥の声でリラックス、とはいかないようです。

アイデア5:「間食とお酒」の種類を変える

血糖値の急な上下はだるさを感じたり、体調面で集中できなくなってしまいます。集中には緊張とリラックスのバランスが必要ですが

そんなときにはカフェインを含むコーヒーやテアニンを含む抹茶などで調節を。リラックスの効果もあるアルコールですが眠る前4時間までにのみ終わるように心がけると良いようです。

アイデア6:「アクティブレスト」でからだを回復させる

「アクティブレスト」とはアクティブ(積極的)にレスト(休息)のこと。休息に必要なのは運動と睡眠。惰性で仕事をするよりきっちり気分を変えて筋トレなどで体を動かしてストレスを発散することが効果的なのだそう。

アイデア7:そのときの思考モードに合った「椅子」を選ぶ

椅子で何かが変わるの? と思ってしまいますが、注目すべきは姿勢。下を向くと収束思考に、上を向くと発散思考にモードが切り替わるのだとか。

きちんとモードの時は前傾になる椅子、アイデアを出したい発散モードの時は後ろにもたれやすい椅子をチョイスすると良いようです。

アイデア8:「温度・湿度・騒音・CO2濃度」を可視化する

集中しやすい環境に適した温度や湿度は欠かせません。部屋の環境は大切です。今の時代ならではのIoTデバイスを使って環境を最適化することもおすすめだそう。可視化することで環境を整えやすく、調整も容易になります。

日々の生活はコミュニケーションの連続で一人の時間を確保することはなかなか難しいものですが、集中することで部屋を整頓するように毎日のリズムが整ってくることもありそう。

簡単に取り入れられそうなアイデアばかりなので意識して取り入れてみると仕事も家事の効率よくできそうです。

BUSINESS INSIDER JAPAN

    specialbunner

    Ranking

    1. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    4. ひどい肩こり解消エクササイズ「チャイルドポーズ」

    5. 高血圧や動脈硬化の危険性も。ダイエットによる「内臓肥満」を防ぐ方法

    6. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    7. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    8. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    9. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    10. ヨガインストラクター・ヨシミさん|My Favorite Sports vol.39

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    7. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    8. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    9. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    10. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!