1. Home
  2. EAT
  3. 卵で集中力・記憶力をアップできるって本当?

卵で集中力・記憶力をアップできるって本当?

ポジティブ栄養学

4,777

吉川圭美

20180131_egg

image via Shutterstock

世間はすっかり受験シーズン。その一方で大人になっても学びを深めている人も多く感じます。資格取得のため、キャリアアップのため、毎日を楽しむため......。とても素敵なことだと思います。

いそがしい毎日のなか、がんばって捻出した時間は有意義に使いたいもの。キレのよい頭で集中して進めるのとそうでないのでは、進み具合が大きく変わってきます。そんなときの栄養サポーターが卵なんです。

卵のレシチンが集中力や記憶力を高めてくれる

卵に多く含まれるレシチン。脳の神経細胞に多くあり、ミエリン鞘と呼ばれる部分の主成分でもあります。また神経伝達物質、アセチルコリンの材料でもあります。神経伝達物質とは、脳内で作られるホルモンで、脳の神経細胞同士が情報を伝え合うのに欠かせないもの。アセチルコリンは記憶に関係の深い物質と考えられ、記憶力や集中力を高める手助けをしてくれます

レシチンは卵の黄身に多く含まれています。効率よく物事を頭に入れたいなら、ゆで卵をかじってから。大豆にも多いので、この時期に売っている節分豆を取り入れてみるのもいいかもしれません。

おにぎりやチョコは避けるのがベター

ちなみに。避けて欲しいのは、おにぎりやチョコレートといった糖質の多いもの。血液中の糖分はつねに一定量になるよう、ホルモンによって厳密に調整されており、食後は血糖値がゆるやかに上がったあとホルモンの作用で下がり、3~4時間たつと空腹のときと同じくらいの値になります。

しかし糖分が多いものを食べると、その分、血糖値がぐんと跳ね上がることに。下げるためのホルモン・インスリンも大量に必要となります。このとき、必要以上に血糖値を下げすぎてしまうことがあるのですが、脳にも必要なエネルギーが回らず、強烈な眠気に襲われてしまうというわけです。

私もオーソモレキュラーを勉強しつづけているひとり。栄養の助けを借りて、効率よく学びを深めていきたいと感じているところです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    7. 韓国料理を手軽に。コチュジャンで作る栗原はるみさんの「自家製たれ」

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    10. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら