MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. EAT
  3. 卵で集中力・記憶力をアップできるって本当?

卵で集中力・記憶力をアップできるって本当?

ポジティブ栄養学

1,224

20180131_egg

image via Shutterstock

世間はすっかり受験シーズン。その一方で大人になっても学びを深めている人も多く感じます。資格取得のため、キャリアアップのため、毎日を楽しむため......。とても素敵なことだと思います。

いそがしい毎日のなか、がんばって捻出した時間は有意義に使いたいもの。キレのよい頭で集中して進めるのとそうでないのでは、進み具合が大きく変わってきます。そんなときの栄養サポーターが卵なんです。

卵のレシチンが集中力や記憶力を高めてくれる

卵に多く含まれるレシチン。脳の神経細胞に多くあり、ミエリン鞘と呼ばれる部分の主成分でもあります。また神経伝達物質、アセチルコリンの材料でもあります。神経伝達物質とは、脳内で作られるホルモンで、脳の神経細胞同士が情報を伝え合うのに欠かせないもの。アセチルコリンは記憶に関係の深い物質と考えられ、記憶力や集中力を高める手助けをしてくれます

レシチンは卵の黄身に多く含まれています。効率よく物事を頭に入れたいなら、ゆで卵をかじってから。大豆にも多いので、この時期に売っている節分豆を取り入れてみるのもいいかもしれません。

おにぎりやチョコは避けるのがベター

ちなみに。避けて欲しいのは、おにぎりやチョコレートといった糖質の多いもの。血液中の糖分はつねに一定量になるよう、ホルモンによって厳密に調整されており、食後は血糖値がゆるやかに上がったあとホルモンの作用で下がり、3~4時間たつと空腹のときと同じくらいの値になります。

しかし糖分が多いものを食べると、その分、血糖値がぐんと跳ね上がることに。下げるためのホルモン・インスリンも大量に必要となります。このとき、必要以上に血糖値を下げすぎてしまうことがあるのですが、脳にも必要なエネルギーが回らず、強烈な眠気に襲われてしまうというわけです。

私もオーソモレキュラーを勉強しつづけているひとり。栄養の助けを借りて、効率よく学びを深めていきたいと感じているところです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

Writing by吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    3. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 頭皮のビフォーアフターが一目瞭然!極上ヘッドスパ体験をレポート

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 体臭が気になるのは、洗濯洗剤が合っていないのかも?

    8. 鰯のつみれ鍋は本当においしい【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    9. 文句ばかり言ってしまう性格をなんとかしたい! グチを減らすための6つのステップ

    10. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 良縁に恵まれない......実は目に見えない「心の相性」が原因かも

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 花粉と戦う「眞鍋かをり」が驚愕した、イギリスでの花粉エピソード

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    9. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    10. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    7. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    8. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    9. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    10. 辛酸なめ子より。すべての乾いている女性たちへ

    卵で集中力・記憶力をアップできるって本当?

    FBからも最新情報をお届けします。