1. Home
  2. EAT
  3. 3食材とスパイスで、簡単美味しいデンマーク流肉じゃがレシピ【平らな国と山の国】

3食材とスパイスで、簡単美味しいデンマーク流肉じゃがレシピ【平らな国と山の国】

1,911

大澤弥生

20180126_stew

その昔、船乗りたちが食べていたひと皿がオリジンという、このシチュー。 材料は、これ以上シンプルにはできないほどなのに、たっぷりと使うローリエと白胡椒のおかげで、おしゃれな風味に仕上がります。

デンマークフィッシングのお昼は「船長のシチュー」

国の周りを海に囲まれているデンマーク。フィッシングが趣味の人もたくさんいます。友達と釣り船を仕立てて沖に出る時の楽しみは、お昼の「船長のシチュー」。冷えた身体を芯から温めてくれます。釣り船のご主人が作ってくれる時もあれば、主催者が腕によりをかけて、前日作って持ち込む時も。

陸の上でも、週末の時間がある時に作ってほっこりしたり、大人にも子どもにも好まれる味なので、気軽なパーティ料理としても大人気。材料が経済的なことも、大量に作るときにうれしいポイントです。

作り方はとても簡単。塩味が肉によくしみるように、前夜に塩をまぶしておきます。

船乗りたちの船長のシチューオリジンレシピ

20180126_stew1

<材料>

  • シチュー用の牛肉 500g
  • じゃがいも(メイクイーン)500g
  • たまねぎ 1個
  • ローリエ 3から6 枚
  • 粒白胡椒 小さじ1/4 から1/2杯分

<作り方>

  1. 小さめに角切りにした牛肉に大さじ1の塩をまぶし、密閉容器にいれて冷蔵庫でひと晩おく。
  2. (1)の牛肉を鍋に入れ、かぶるくらいの水を入れて火にかける。沸騰してきて、あくがもこもことたくさん出てきたら、火からおろしてざるにあけ、水できれいにあくを洗い流す。
  3. きれいな鍋にバターを多めにとかし、みじん切りにした玉ねぎを炒める。色をつけぬよう、透明になってきたらOK。
  4. (3)の鍋に、(2)の牛肉、ローリエ3枚、粒の白胡椒小さじ1/4をいれ、材料がかぶるくらいの水を入れる。火にかけ沸騰したら、蓋をして、弱火で肉が柔らかくなるまで煮る。
  5. 肉がフォークの背中でつぶせるくらい柔らかくなったら、肉を取り出す。スープの味をみて、塩が足りなければ好みの味になるよう調整。また、ローリエと白胡椒の風味がもの足りなかったら、残しておいた量を加える。
  6. (5)のスープに荒く角切りにしたじゃがいもをいれる。スープの量は、じゃがいもがひたひたになるくらい。多すぎたら、レードルですくい出して取っておく。
  7. じゃがいもが柔らかくなるまでことこと煮る。途中で水分が足りなくなったら、(6)でとっておいたスープを少しずつ足す。へらで軽くつぶせるようになったら肉を戻して、なじむようにまた少し煮て、出来上がり。

20180126_stew2

コツは、じゃがいもが煮あがった時に、スープもちょうど無くなるようにすること。まだ鍋底にスープが残っていたら、火を強くして水分を飛ばします。ただし、決してぱさぱさにしないように。「しっとりとクリーミー」を目指してください。

また、じゃがいもを完全なマッシュ状にしないこと。つぶれるけど、まだ半分形が残る、というのが理想です。ローリエと白胡椒の風味を「味付け」と思って、しっかりと効かせることも決め手です。

冷たい角切りバターやビーツの甘酢漬け、そしてバターをたっぷり塗ったライ麦パンを添えるのが、デンマーク流。チャイブやパセリのみじん切りをふって、どうぞ召し上がれ!

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析