1. Home
  2. STYLE
  3. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、見逃せば次は19年後!

1月31日は皆既月食&ブルームーン、見逃せば次は19年後!

星と暮らす

67,910

景山えりか

1月31日(水)の夜、2018年注目の天体ショー「皆既月食」が起こります。日本で見られる皆既月食としては、2015年4月4日以来、約3年ぶりで期待が高まります。

南東の夜空に、赤く幻想的な月が浮かび上がる!

170126_star_top2

image via shutterstock

月食とは、月が地球の影に入りこんで、満月なのに暗くなったり、欠けているように見えたりする現象のこと。今回は、月が見える場所ならば、日本のどこにいても月食の一部始終が見られる好条件です。また、観察するときには特別な準備や道具は必要なく、時間になったら空を見上げるだけでOK。肉眼で楽しめるところが嬉しいですよね。それでは、当日のタイムスケジュールをチェックしておきましょう。

【月食タイムスケジュール】

  • 部分食の始まり:1月31日 20時28分
  • 皆既食の始まり:1月31日 21時51分
  • 皆既食の終わり:1月31日 23時8分
  • 部分食の終わり:2月1日 0時12分

月の一部分が地球の影に入りこむと「部分食」に、月全体がすっぽりと影に入ると「皆既食」になります。皆既食のとき、月は暗くなり、一般的に「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる色合いに。いつもは明るく輝いている月が、赤く幻想的な姿になるなんて、これは必見ですね! 皆既食中の月は南東の空にいるので、観察したい場所から南東の空が見られるかどうか、今のうちにチェックしておきましょう。

次にブルームーンと重なるのは、なんと19年後!

今回の皆既月食は見逃してほしくない、特別な理由があります。それは「ブルームーン」と重なるから。ブルームーンとは、1ヵ月間に2度の満月が生じるときの、2度目の満月をさします(月が青く輝くわけではありません)。英語には「once in a blue moon」という表現があって、辞書を引くと「ときたま」「めったに~ない」とあります。ここから転じたようで「ブルームーンはめったに起こらない幸運なこと。見ると幸せになれる」といわれています。

ブルームーンも皆既月食も数年に一度は起こりますが、ふたつが同日に重なるのは、それこそめったに起こることではありません。私が調べたところによると、次にブルームーンと皆既月食が同日になるのは、2037年1月31日(偶然にも日付が今回と同じ!)。なんと19年後です!

皆既月食という天文現象にワクワクしながら、ブルームーンのロマンチックな言い伝えに心を躍らせて。そんなふうに月を楽しむ貴重な機会が、もうすぐやってきます。

    regularbanner

    Ranking

    1. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    2. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    5. お酒をやめるとやせますか? 3か月の禁酒で5.4kgの成功例は

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    9. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?