1. Home
  2. EAT
  3. 真冬の風景のなかの黄色 #根本きこの島ごはん

真冬の風景のなかの黄色 #根本きこの島ごはん

根本きこの島ごはん

3,626

根本きこ

20180123_shima_top

この季節は、柑橘の「黄色」がとてもうつくしく映えます。

山はもとより、街中でも民家の庭先にたわわに実っている「黄色」を見つけると、なんともふくやかな気持ちになります。文旦、八朔、夏蜜柑、金柑、そしてこちらではタンカンやシークワーサー。

先日、実家が香川の友人から、箱いっぱいの柑橘が届きました。「山で子どもたちととったものです」と、メモが添えられており、彼女と、その3人の子どもたちが摘み取ったと思うと、なおいっそう美味しいに違いない!と嬉しくなりました。「冬が好き」と言っていた彼女は、冬の山が似合います。

20180123_shima_02

箱の中には八朔、そしてレモン。レモンは皮を薄くそいで、ブラジルのサトウキビ酒、「カシャーシャ」に漬け込みました。イタリアのレモンチェッロのようなリキュールにするつもりです。

20180123_shima_03

レモンの実は、パッションフルーツと砂糖といっしょにシロップに。まいにち混ぜてしっかり砂糖を溶かします。漬け込んだお酒は2週間ほどしたら、皮を取り除き、レモンとパッションのシロップを加え味を調整します。これを冷凍庫できりっと冷やせば完成。40℃とアルコール度数が強めなので、少量を味わって飲みます。

20180123_shima_04

八朔は、子どもたちを力を合わせ、果肉と皮に分け、きび糖でコトコト煮込みました。欲張って皮多めにしたら、なかなかのビターな仕上がりに……。なもんで、食べるときはメイプルやはちみつを混ぜています。お湯で割ったら柚子茶ならぬ八朔茶に。寒天でとじてもよさそうです。

>>根本きこの島ごはんをもっと読みたい

    Ranking

    1. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    2. これでは体重が減りません! 運動でよくやりがちな間違い4つ

    3. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    9. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    10. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?