1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. スーパーフード・アロエベラ液汁が美肌にもいいらしい

スーパーフード・アロエベラ液汁が美肌にもいいらしい

1,245

20180124_aroe_01

古くから、軽い火傷や胃腸の不調に効果が期待できると親しまれてきたアロエ。私の母がアロエを使った化粧水を愛用していることもあり、アロエが使われているコスメやフードは自然と手に取ってしまいます。

最近、日本初のアロエ専門のライフスタイルショップ「アロエガーデン」を知りました。調べていくと、こちらの運営母体・株式会社アロエガーデンは小林製薬のグループ企業なのだそう。製薬会社の知見を活かした、基礎化粧品とは一体どのようなものなのでしょうか。

アロエベラの美肌効果とは

20180123_aroe_nobi

アロエガーデンのすべてのアイテムに使われているのが、スーパーフードとして注目を集める「アロエベラ」です。 アロエベラは、日本で多く栽培されているキダチアロエよりも、葉が大きく、葉肉も厚いのが特徴。アフリカ原産といわれていて、砂漠のような過酷な環境でも生息することができます。

それは、生命を維持する「保水力」強い紫外線の下でも生き抜く「生命力」を兼ね備えた植物だからこそ。 また、小林製薬グループと近畿大学の共同研究チームは、「アロエベラの液汁が皮膚の細胞に分子レベルで作用し、美肌効果を発揮する」ことを発見しました。

【アロエベラ液汁 3つの美肌効果】

1. 肌のターンオーバー促進作用……皮膚のうまれかわり「ターンオーバー」を促進します。

2. 細胞接着因子の増加作用……肌荒れなどの肌トラブルを起きにくくするには、皮膚の細胞同士が密に接着しているほどよいとされています。アロエベラ液汁は細胞同士の接着因子を増やし、強い皮膚構造に導きます。

3. 皮膚の構築作用……バリア機能の高い皮膚構造の形成を促し、細胞が詰まって整ったきれいな肌に導きます。 (上記研究結果は、2015年開催第32回和漢医薬学会学術大会にて発表されています)

モコモコ泡の洗顔せっけんと、とろりとした保湿化粧水

スキンケアシリーズのなかでも、特にいいなと感じたのが保湿化粧水と、洗顔せっけんです。

20180123_aroe_03

保湿化粧水(100ml・3780円税込)は、水を使わず、アロエベラの液汁を81%配合とろみがありますが、ベタつくことはなく、さらりとした使用感が楽しめます。アロエベラの液汁は、無農薬の静岡産アロエベラを収穫したその日の内に搾り、国内工場で加工したもののみを使用しています。

20180123_aroe_pro01

もうひとつは、洗顔せっけん(80g・1620円税込)。モッチリ、ふんわりとした、モコモコ泡を作ることができます。アロエの粘りを思わせる独特のねっとり感があり、肌にキュッと密着するような感覚がありました。

20180123_aroe_pro02

乾燥が気になる冬こそ、肌のターンオーバーを整えてくれるアロエベラの液汁を味方につけてみては。

[アロエガーデン]

小竹美沙

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    2. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    3. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    4. 腟や外陰部の違和感、感じたことありませんか?

    5. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    6. ぬくもり香る柔軟剤「アロマリッチ フローラルキャンドルアロマの香り」で寒い冬を乗り切る【プレゼント】

    7. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    8. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    9. 低脂肪・高タンパクな簡単レシピ。鶏むね肉のソテー トマトヨーグルトソース

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    5. 肺がんにならないために、今日からできること10

    6. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    7. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    8. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    スーパーフード・アロエベラ液汁が美肌にもいいらしい

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More