1. Home
  2. EAT
  3. 焼きのりで、タフな肌づくりに役立つビタミンAを補給

焼きのりで、タフな肌づくりに役立つビタミンAを補給

ポジティブ栄養学

2,215

吉川圭美

20180124_nori

image via Shutterstock

冬晴れが続く毎日、湿度計を見ると20%台ということも多く、空気が乾いていることをしみじみと感じます。

そんなとき、気になるのが肌の乾燥という人も多いかもしれませんね。顔はもちろん、手が荒れやすくなったり、腕や足がかさついたり......。

ケア法としては、クリームを塗る、パックをするといったところでしょうか。一方で力を発揮してくれるのが食卓からのケア。なかでも注目したいのがビタミンAです。

ターンオーバーに関わるビタミンA

ビタミンAは油にとけるビタミンで種類は3つあります。一方、かぼちゃやにんじんに含まれるカロテノイドも身体のなかでビタミンAに変わり、はたらいてくれます。

細胞に大きく関わる栄養素でもあります。ターンオーバーという言葉を一度は耳にしたことがあると思いますが、肌の細胞が生まれ、少しずつ表面に押しあげられ、垢となってはがれ落ちる一連の流れに、実はビタミンAが関係しているのです。そのため、足りなくなってくると乾燥などトラブルが起こりがちに。また鼻やのどの粘膜の材料でもあります。

意外にビタミンAが多い「焼きのり」をおやつに、おつまみに

ビタミンAが多い食材としてはレバー類やうなぎ、銀ダラ、バター、チーズ、卵といったものがあります。βカロテンが多いのが緑黄色野菜です。

意外なところで多いのが焼きのり。私はのりが大好きなので、あらかじめ小さく切っておき、びんに入れて常備しています。パリパリとそのまま食べたり、チーズに巻いておつまみやおやつ代わりにしたりも。ビタミンAは身体のなかでタンパク質とくっついて運ばれるので、一緒にとれるのもメリットです。

このほか、バターやチーズをたっぷり使ったリッチなオムレツも。鼻の奥が乾燥しているな、というときによく食べるようにしています。

栄養を勉強する前は、冬場はももやすね、腰がいつもカサカサでかゆみに悩まされていましたが、いまはあれこれ塗らなくてもかさつきがなくなったのには驚き。まめなケアが苦手なこともあり、ラクにできる食べるケアは大助かりです。乾燥に負けないタフな肌づくりを、楽しく続けられたらと思っています。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

    Ranking

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. えっ、この不調も更年期症状? 30代〜50代まで激変する体に対応するには【更年期まとめ】

    8. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    9. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    5. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    9. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    10. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    9. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら