1. Home
  2. BODY
  3. 生理痛がひどくなった……婦人科へ行くべき生理痛の見極め方

生理痛がひどくなった……婦人科へ行くべき生理痛の見極め方

カラダ戦略術

5,461

bodystrategy_16_2


自分の体をきちんと知ろう!をテーマに、増田美加(女性医療ジャーナリスト)さんによる連載「カラダケア戦略術」。前回は、女性が不安になる原因のひとつ。生理にまつわる悩み4、をお届けしました。生理痛の痛みは、お腹だったり、腰だったり、頭や太ももだったりと、人によっても、そのときによっても異なります。痛み方もズキズキ、重苦しいなど実にさまざまです。生理痛は当たり前と思っていませんか? 今回は、セルフケアで可能な範囲と、婦人科を受診したほうがいい生理痛の見極め方をお伝えします。

痛みは我慢しないが基本です

お腹の張りや重苦しさを感じるくらいなら生理的なものですが、なかには寝込んだり、鎮痛剤を飲まないと日常生活に差し支える人もいます。生理は本来、それほど強い痛みはないものです。

もしも、毎月鎮痛剤を飲まないといけないような痛みや日常生活に差し支えるような痛みがあるなら、“月経困難症”という病気の可能性が高いです。ある時期から痛むようになってきたり、痛みがどんどんひどくなる人は、“子宮内膜症”や“子宮筋腫”“子宮腺筋症”などが原因の場合もあります。また、不規則な生活や冷え、慢性的な疲労、ストレスなどが原因という場合もあります。

鎮痛剤を飲むような生理痛が毎回あったら婦人科へ

月に4~5日、鎮痛剤を飲んで痛みが治まるのなら飲みましょう。痛みを我慢し、プロスタグランディンという痛み物質が体内にたくさん放出されてしまうと、痛みをこじらせ鎮痛剤も効きにくくなります。月に数日、規定量の鎮痛剤を飲む程度なら習慣性にはなりません。

既定量の鎮痛剤を飲んでも効かない人はもちろん、毎月、鎮痛剤を飲むような痛みのある人、痛みがひどくなっていっている人は、婦人科を受診しましょう。我慢していると、子宮内膜症や子宮筋腫がある場合は病気が進行してしまうこともあります。

婦人科では、月経困難症には低用量ピルなどのホルモン剤で治療します。低用量ピルは、子宮内膜を厚くするのを抑えて、生理の出血量を少なくして、生理時の子宮の収縮も少なくて済み、痛みも軽くなるのです。不妊症、子宮体がんを予防する効果もあります。

また、生理痛は、「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」「加味逍遥散(かみしょうようさん)」ほかの漢方薬が効く場合もあります。婦人科で相談してみるといいでしょう。

セルフケアならカイロや温湿布で温めて

おへその下と腰を使い捨てカイロや温湿布で温めます。また、ちょうどお尻の真ん中にある仙骨(背骨の一番下にある平らな骨)を温めるのもおすすめです。温湿布には、痛みを緩めるラベンダー、クラリセージのアロマオイルを1~2滴たらすのもいいですね。

甘いものは控えてハーブティーを

生理のときは疲れるので、つい甘いものに手が伸びてしまいます。でも、甘いものはビタミン、ミネラルを奪ってしまい、そのときは元気になった気がしても、あとで逆に体が疲れます。うしても食べたいときは、黒砂糖やドライフルーツにしてみては。プルーン、デーツ(なつめ)などがおすすめです。

痛みのあるときには、カフェインも避けたほうがいいので、コーヒー、紅茶、緑茶のかわりにハーブティーを飲みましょう。ハチミツを少したらせば、スイーツの代わりにもなります。フィーバーフュー、ラズベリーリーフ、カモミールなどがおすすめです。

お風呂へ入りましょう

生理痛のときは、体を温めて、血行を促進し、メンタルにもいいので湯船に入りましょう。生理時でも、清潔な一番湯に入れば問題ありません。体を温める入浴剤はおすすめです。好きな入浴剤やアロマオイル(精油)を入れて、胸から下をお湯に入れてゆっくり温まります。

冷えがひどければ、バスソルトをお風呂に入れてみるのもいいでしょう。生理痛も和らぎます。オールマイティに効くのは、ゼラニウムやラベンダーのアロマオイル(精油)。お風呂に1滴入れてみて。ほかには、サイプレス、ローズマリー、ジュニパーベリーのアロマオイルもいいですね。


mika_masuda

増田美加(ますだ・みか)さん女性医療ジャーナリスト。 2000名以上の医師を取材。予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。著書に『医者に手抜きされて死なないための 患者力』(講談社)、『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)ほか多数。NPO法人みんなの漢方理事長。NPO法人乳がん画像診断ネットワーク副理事長。NPO法人女性医療ネットワーク理事。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。公式ホームページ http://office-mikamasuda.com/

Wavebreak Media Ltd / 123RF.com


増田美加

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    2. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    3. 自閉症、うつ病、強迫性障害などに効くといわれるGAPSダイエット。本当に効果はある?

    4. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    5. 天然の甘味料もOKとは言えない。糖尿病の人に気をつけてほしい食べ物8種(後編)

    6. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    7. グルテンフリーで、糖尿病のリスクが上がる? 意外な行動6つ

    8. あなたは大丈夫? 糖尿病予備軍の見過ごせないサイン7つ

    9. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    4. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    5. 人生が変わらないのは「自罰行為」のせい!? 人生を簡単に変える3ステップ

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. タンパク質不足に気づいていますか? 手軽に摂れる良質プロテイン5つ

    8. あなたは、内向的か外向的、どちら? 実際は、思っているより複雑です

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. その方法あってる? ドクターが教える「正しい腸活」

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 「乳がんの初期サイン」をレモンで表した写真が完璧!

    7. お尻と太ももの境界線がくっきり! 美尻トレーニング体験

    8. ダイエットに「ゆで卵」がおすすめな理由

    9. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    10. ぷよぷよ腹筋を割った、シンプルな自宅ワークアウト。道具はほぼ必要なし!

    生理痛がひどくなった……婦人科へ行くべき生理痛の見極め方

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More