1. Home
  2. MIND
  3. 周りから愛される女性になる3つの方法

周りから愛される女性になる3つの方法

運命を変えるマインド革命

12,893

斎藤芳乃

20180118_MIND_TOP

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。なんだかいつも人から大切にされて、いつのまにかみんなの輪の中心にいる。特別美人なわけでもないのに、そんなパッと華やぐような女性っていますよね。

思わず見てしまう、思わず明るさに惹かれてしまう。そんな女性は、実は「心の中の美しさ」が外側に反映されて、それが雰囲気となって無意識に伝わっているもの

では、こうした雰囲気を作るマインドは、どのように作られるのでしょうか?3つのコツについてお伝えしていきますね。

自分を大切にするのと同様に、他人を大切にする

自分を大切にする女性は愛されると言いますが、でもそれだけではなく、彼女たちはしっかりと「心の中で、他人を愛して」います。 自己尊重と同じくらい大切なコトが「他者尊重」するということなんですね。

これは、「あなたも私と同じように大切な人」というように、心から相手のことを認めることです。対等に扱うということです。

犠牲的な恋愛ばかりしてしまう人は、「あなたはいいけれど私はダメ」という不公平な感覚ばかりで生きています。 こうした時は、「あなたはいいけれど」としていることを、自分にも許してあげることが大切です。が、その反対に、他人につい厳しくなってしまう時は、自分に甘いようなことも、他人にしてあげると良いのです。

他人を許す。愛する。そのマインドの内訳

では、いったいどのようなマインドが、他人を愛し、愛される雰囲気を作ってくれるのでしょうか?

□出来ないこともあるということを理解して、いざそんな場面になっても優しく理解して、時には助けてあげる

□不安なのはみんな同じ。ちょっとくらいネガティブな感情が出てきたとしても、許してあげられる

□相手も自由が必要。いつも自分の面倒ばかり見させるのではなく、自由に振る舞ったり行動してもいい

□自分と違う考えを持っていてもいい。それであなたを嫌いになんてならないから

□服装や生き方が違っても大丈夫。私は私と違う生き方をしているあなたに興味があるの

□話したくないこと、やりたくない時ってあると思うの。だから、そういう瞬間があっても大丈夫だからね

心の中で、こんなふうに「駄目なあなたを認めている」というように、優しく柔らかい理解を示してあげることで、相手にはそのあなたのメッセージが伝わります。すると、それが相手にとっても、「自分はこんなふうにしていていいんだ」という許可=開放感になるのです。

大切なことは自分も許し、他人も許すこと

この開放感がとても大切。なぜなら、誰もが付き合いたいと思えるいい人や、いい男ほど、こうしてお互いに認めあっている、お互いに心を裸にして付き合うということを望んでいるからです。

最初からジャッジし、心の中で「私のことを喜ばせてよ!」なんて言っていると、それが相手へのプレッシャーになってしまいますし、「私は自分にも厳しいし、あなたのことも許さない!」と言っている人がいたとしたら、本当に怖いですよね。

他人ばかり許すのでもなく、自分ばかり許すのでもなく、お互いに許し合い、受け入れあい、OKを出す。

たったこれだけで愛される雰囲気が周囲に伝わり、誰からも暖かく接してもらえるあなたになることができます。 大切なのはマインド。あなたの心は伝わります。 ぜひ、試してみてくださいね。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由