1. Home
  2. MIND
  3. 北欧ヒュッゲの知恵で、忙しくてもストレスフリーになる

北欧ヒュッゲの知恵で、忙しくてもストレスフリーになる

2,684

20180117_hygge_top

image via shutterstock

cafeglobeより転載:寒くて忙しいときだからこそ、オフの時間を心地よく幸せに過ごしたいもの。芳子ビューエル著『世界一幸せな国、北欧デンマークのシンプルで豊かな暮らし』 より、世界一幸せな国といわれるデンマークの文化「ヒュッゲ」についてご紹介します。

自分だけの居場所である「マイチェア」を用意する

デンマークの人たちのマイチェアに対するこだわりも、なかなかのもの。そもそも彼らは、ダイニングのチェアであれ、スツールであれ、「椅子」なら何でも好きなようですが、マイチェアへのこだわりは格別です。長い冬の間、室内で過ごすことの多い彼らにとっては、マイチェアこそが、自分が「いちばん長い時間を過ごす」場所なのですから、無理もないでしょう。

P.71より引用

2012年から行われている国際連合の幸福度調査で、デンマークは過去3回において首位に輝いていると著者はいいます。「世界一幸福な国」といわれるデンマークの独特な文化「ヒュッゲ(Hygge)」。欧米で一大ブームになっているのも、うなずけるところ。「ヒュッゲ」とは、デンマーク語で「幸福」「心地よさ」を表す言葉なのですから。

仕事を終えて帰宅して、ひとしきり落ち着いたら、夜のひとときをお気に入りのソファでゆっくりくつろぐ。あるいは、休日の朝、パジャマ姿のまま、お気に入りの椅子に座って空を眺めながらコーヒーを飲む。そんな場所があると想像するだけで、早く帰りたいという気持ちになるものです。「ヒュッゲ」の考え方と、家やインテリアは切っても切れない関係。ことに、自分自身がくつろげる場所として、デンマーク人は特に椅子へのこだわりが強いのだとか。本当の自分に帰ることができる場所としてのマイチェア。私たちももう少しこだわって選んでみても良さそうです。

ヒュッゲな交流のキーワードは「共有」と「素」

私が考えるヒュッゲなおつきあいのキーワード、その第1は「共有」です。温かい時間の共有、快適な空間の共有、愉快な体験の共有......。中略その2は「素」であること。自然のまま、あるがままのおつきあいです。たとえば、ディナーに招待されて友だちの家を訪ねても、奥さんがいつもと違うドレスを着ているようなことはありません。ふだんと同じです。

P.88~89より引用

デンマーク人にとっての「ヒュッゲ」は、厳しい冬を乗り越えるための"暮らしの知恵"といわれていて、家族や友だちと集まって「あたたかい時間」「快適な空間」を共有することにあるといいます。おいしい食事、仲間と集って場所や時間を共有する。だからといって、ディナーの招待客には「お客様扱い」をまったくしないのだとか。素のままに、一緒に料理の支度をして、おいしくいただく楽しい時間。ときに、密接な人間関係は煩わしくなるものですが、それぞれが心地よさを大切にしているから、問題はおきないのでしょう。

ちなみに、お隣の国スウェーデンには「ヒュッゲ」と似たような「脱力」や「ポジティブにあきらめる」といった意味合いの「ラゴム」という言葉もあります。気持ちよく働くために、人にも自分にも素のままで心地よい場所や時間を意識的に作って。この冬はヒュッゲな感覚を日常生活に取り入れてみたいものです。

[cafeglobe]

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    4. 生米から30分で、もちもち玄米ごはんを作る方法 【TOKYO VEGAN】

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. ふたりの関係に刺激をプラス! カップルに試してほしいこと<後編>

    7. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. 寒い日のヨガレッスンに。足元を温めながらリラックスできるレッグウェア

    10. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

    4. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    5. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    8. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    9. 太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    10. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    北欧ヒュッゲの知恵で、忙しくてもストレスフリーになる

    FBからも最新情報をお届けします。