1. Home
  2. EAT
  3. 冬鍋の定番に。とろり濃厚な脂を楽しむプロ直伝・ぶりしゃぶレシピ

冬鍋の定番に。とろり濃厚な脂を楽しむプロ直伝・ぶりしゃぶレシピ

1,433

20180115_buri

冬に食べたいおいしい魚と言ったら断然「ぶり」。寒い時期に脂がのる寒ぶりは、煮てもよし、焼いてもよしの冬に楽しみたい味覚の一つですが、おすすめなのが「ぶりしゃぶ」です。 うまみたっぷりの身をさっと鍋にくぐらせて、さっぱりしたタレに絡めながらいただくのはたまらない贅沢。

ぶりしゃぶを楽しむ3つの極意

お店でいただくのも良いですが、おうちでみんなで楽しむのも楽しそう。伊勢丹新宿店、野地祐太郎さんによると、ぶりしゃぶには3つのコツがあるのだそう。おさえておけばお店の味に近づけるプロの極意を「FOODIE」からご紹介します。

ぶりしゃぶには「腹身」が最適

半生状態でいただくぶりしゃぶは新鮮なものを選ぶのはもちろんのこと、部位も大事。冬にたっぷりのった脂を楽しむなら選ぶのは腹身。とろりとした濃厚なうまみが楽しめます。

厚さは4mmがマスト

なぜ4mm? というと厚すぎると表面にしか火が通らないからなのだそう。中までほんのりあたたかかくなるくらいが食べるベストタイミング。厚くしたい場合でも8mmにとどめましょう。柵で買ってお家で切るのがおすすめ。その際そぎ切りにして、断面を広くするようにすると口に入れた時にうまみを存分に感じることができるそう。

うっすら白くなったら食べごろ

火を通しすぎると脂が抜けパサパサ食感になってしまうぶり。ここで大事になるのが火加減。一度グラグラ沸いてきたら、鍋の表面がゆらゆらと動くくらいの弱火~中火弱にするのがポイントだそう。ぶりを入れる時も一枚ずつ入れ、霜降りぐらいになったら引き上げると一番食べごろに。

気になるぶりしゃぶのスープはできるだけシンプルが基本。昆布のみのだしや、臭み消しにゆずや酒を加えても。とっておきの新鮮なぶりが手に入ったら塩だけでいただくのもおすすめなのだそうですよ。 ぶりの味を生かすつけだれも気になるところ。2種のレシピも紹介されています。

・ゆずこしょうだれ

【材料と作り方】

水大さじ2、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ1/2、ゆずこしょう小さじ1/2を混ぜ合わせる。好みで大根おろしを加えても美味。

・ピリ辛だれ

【材料と作り方】

酒大さじ1(電子レンジ600Wで1分加熱してアルコールを飛ばす)、水大さじ1、甜麺醤(テンメンジャン)小さじ1、豆板醬小さじ1/2、砂糖小さじ1/4を混ぜ合わせる。好みでごま油少々を加えても。

FOODIEより引用)

タレはもちろん自分流のアレンジでいただいても。みんなであたたまりながらおいしい鍋をつつくのは至福の時間。意外と簡単にできるのでこれからの定番になりそうな予感です。

FOODIE

クリハラチナツ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. レディー・ガガのすっぴんを支える、ビタミンCに秘められたパワー

    2. 【お悩み】セックスをする気が起きず、性欲がなくなってしまったかも......

    3. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    4. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. 夜の営みにプラス効果!? 精のつく身近な食べ物10

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン