MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. EAT
  3. 冬鍋の定番に。とろり濃厚な脂を楽しむプロ直伝・ぶりしゃぶレシピ

冬鍋の定番に。とろり濃厚な脂を楽しむプロ直伝・ぶりしゃぶレシピ

1,113

20180115_buri

冬に食べたいおいしい魚と言ったら断然「ぶり」。寒い時期に脂がのる寒ぶりは、煮てもよし、焼いてもよしの冬に楽しみたい味覚の一つですが、おすすめなのが「ぶりしゃぶ」です。 うまみたっぷりの身をさっと鍋にくぐらせて、さっぱりしたタレに絡めながらいただくのはたまらない贅沢。

ぶりしゃぶを楽しむ3つの極意

お店でいただくのも良いですが、おうちでみんなで楽しむのも楽しそう。伊勢丹新宿店、野地祐太郎さんによると、ぶりしゃぶには3つのコツがあるのだそう。おさえておけばお店の味に近づけるプロの極意を「FOODIE」からご紹介します。

ぶりしゃぶには「腹身」が最適

半生状態でいただくぶりしゃぶは新鮮なものを選ぶのはもちろんのこと、部位も大事。冬にたっぷりのった脂を楽しむなら選ぶのは腹身。とろりとした濃厚なうまみが楽しめます。

厚さは4mmがマスト

なぜ4mm? というと厚すぎると表面にしか火が通らないからなのだそう。中までほんのりあたたかかくなるくらいが食べるベストタイミング。厚くしたい場合でも8mmにとどめましょう。柵で買ってお家で切るのがおすすめ。その際そぎ切りにして、断面を広くするようにすると口に入れた時にうまみを存分に感じることができるそう。

うっすら白くなったら食べごろ

火を通しすぎると脂が抜けパサパサ食感になってしまうぶり。ここで大事になるのが火加減。一度グラグラ沸いてきたら、鍋の表面がゆらゆらと動くくらいの弱火~中火弱にするのがポイントだそう。ぶりを入れる時も一枚ずつ入れ、霜降りぐらいになったら引き上げると一番食べごろに。

気になるぶりしゃぶのスープはできるだけシンプルが基本。昆布のみのだしや、臭み消しにゆずや酒を加えても。とっておきの新鮮なぶりが手に入ったら塩だけでいただくのもおすすめなのだそうですよ。 ぶりの味を生かすつけだれも気になるところ。2種のレシピも紹介されています。

・ゆずこしょうだれ

【材料と作り方】

水大さじ2、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ1/2、ゆずこしょう小さじ1/2を混ぜ合わせる。好みで大根おろしを加えても美味。

・ピリ辛だれ

【材料と作り方】

酒大さじ1(電子レンジ600Wで1分加熱してアルコールを飛ばす)、水大さじ1、甜麺醤(テンメンジャン)小さじ1、豆板醬小さじ1/2、砂糖小さじ1/4を混ぜ合わせる。好みでごま油少々を加えても。

FOODIEより引用)

タレはもちろん自分流のアレンジでいただいても。みんなであたたまりながらおいしい鍋をつつくのは至福の時間。意外と簡単にできるのでこれからの定番になりそうな予感です。

FOODIE

Writing byクリハラチナツ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 頭痛に効く8つのエッセンシャルオイルとその使い方

    2. もっと「自分らしく生きる」ためにすべき3つのこと

    3. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    4. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    5. 梅の花が咲いてきた。春も近い?【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    6. 冷蔵庫整理は続く【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    7. 手軽に腸内環境改善。「ターメリック」のおいしい取り入れ方

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. 天然の植物とパワーストーンで運気を上げるインテリア「ハーバリウム」

    10. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    8. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    9. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    10. 鰯のつみれ鍋は本当においしい【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    10. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    冬鍋の定番に。とろり濃厚な脂を楽しむプロ直伝・ぶりしゃぶレシピ

    FBからも最新情報をお届けします。