1. Home
  2. BODY
  3. 冬季うつ対策にも。寒くても外に出たほうがよい5つの理由

冬季うつ対策にも。寒くても外に出たほうがよい5つの理由

Rodale’s Organic Life 地球と人に優しいオーガニックスタイル

4,357

冬季うつ対策にも。寒くても外に出たほうがよい5つの理由

寒い冬には外に出たくなくなりますが、実は外に出たほうがよい理由がありました。その5つの理由をご紹介します。

1. 気分がアップする

季節性情動障害(SAD、冬季うつ)は実際に起こりうるもので、原因は憂鬱な冬の日にあると専門家は考えています。なぜなら、日照不足によって睡眠覚醒パターンや概日リズム(体内時計によって24時間周期で変動する肉体・精神・生理的な変化のこと)が狂ってしまうから。家にこもってばかりでは、気分も落ち込むし、イライラが溜まります。外に出て日に当たると、たとえ曇り空であっても、セロトニンやメラトニンのレベルをバランスよく保つことができるでしょう。

2. カロリーを消費する

冬場は特に、血のめぐりをよくするために外に出るメリットが倍増します。メリーランド大学の研究者らは、冬に屋外でエクササイズをすると、屋内で行ったときよりも40パーセントもカロリーを多く燃焼することを発見しました。寒い環境では、身体の中心部の体温を維持するのにより負担がかかるからです。

3. 自然と波長をあわせる

あまり人がいない場所に行けば、たとえば小径でキツネに遭遇したり、凍った池の上にカモの群れを見かけたりするかもしれません。こうした「自然とのふれあい」によって、人は神聖な気持ちになり、それが身体や精神面にもよい影響を与えると、『Vitamin N: The Essential Guide to a Nature-Rich Life』の著者リチャード・ルーブは述べています。

4. 免疫を亢進する

インフルエンザになるのはウイルスが原因で、寒さのせいではありません。寒さ、自然、エクササイズは、免疫機能を亢進し(ロシアの生化学者ボリス・トーキン)、血圧を下げ(千葉大学環境健康フィールド科学センター生理人類学者、宮崎良文)、集中力を高めます(「Psychological Science」誌)。

5. 脳の働きをよくする

「雪」も何か新しいことに挑戦するのによい口実に! いちばん近いスキー場に行ってクロスカントリー(カロリーをたくさん燃焼するスポーツ)にトライしたり、近くの自転車ショップではやりのファットバイク(雪の上でも走れる極太タイヤのマウンテンバイク)に試し乗りしたり。科学者いわく、大人になってから新たな身体的スキルを身につけると、運動調節をつかさどる脳の部位の働きが増大するそうです。

Tracy Ross/play-no-matter-how-cold-it-is 訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析