1. Home
  2. STYLE
  3. 実は間違い!? カラダによくない7つの健康習慣

実は間違い!? カラダによくない7つの健康習慣

新習慣

23,664

実は間違い!? カラダによくない7つの健康習慣

ライフハッカー[日本版]より転載:フィットネス業界や食品業界の影響で、世の中には健康に関する様々な情報が溢れています。バターは身体に悪いからマーガリンを使うべきだと言う説が流行ったかと思えば、次の年にはその逆の説が出回ります。ランニングは関節によくないという記事があったと思えば、ランニングは骨を強くするという記事を見つけるなど...。そのため「健康な生活を送りたい」と思っている私たちは、何が正しい情報なのか分からず困っています。矛盾した情報が溢れているために、私たちの多くは、ひと昔前の情報を信じてしまったり、実は健康を害するような変な生活習慣を取り入れてしまったりしています。体を動かすことが少なく誘惑が溢れている現代社会では、健康的な生活を送るのは大変です。そこで、これ以上健康に関するデマ情報に惑わされないように、ウェブサイトでよく見かける最も健康に影響がある、誤った健康情報をお伝えします。

1. 油分を避ける

長年にわたり、油分は健康の敵だと言われてきました。医者や栄養士は、ベーコンやチーズばかり食べていると心臓発作を起こしてしまう、と警告してきました。でも科学者たちの現在の意見は、それまでの考えを大きく覆すものでした。「高炭水化物、低脂肪、低カロリーのものを食べることを『健康的な食生活』として推奨する食べ方に関する政策には、致命的な欠陥があることが分かりました。私たちは40年近く、間違った健康情報を信じていたのです」とイアン・ブルーム教授はガーディアンにコメントを寄せています。今は脂肪の量よりも、加工食品を避けることが大事だと考えられています。例えばアボカドや魚は脂肪が多いですが、食品添加物がたくさん入った低脂肪のスナックより、はるかに健康的な食べ物です。

2. プロテインバーを食べる(ほとんどの場合)

プロテインバーのパッケージには、素晴らしい食べ物だと書かれていますが、専門家は「それは違う」と指摘しています。MindBodyGreenの記事には、「便利な食べ物に見えますが、お店で売られているプロテインバーのほとんどが高カロリーで砂糖たっぷり、防腐剤と添加物もたくさん入っています。プロテインバーを食べたい時は、材料をチェックし、砂糖が5グラム未満で少ない材料で作られたものを選びましょう」と書かれています。また、Muscle and Fitness でも「多くのプロテインバーは偽装されたキャンディーバーです」と指摘されています。

3. 抗菌作用のある石鹸で洗う

定期的に手を洗うこと自体は、様々な菌からの感染を防ぐのに有効な良い行動です。でも、抗菌作用のある石鹸は使わないようにしてください。アメリカ食品医薬品局(FDA)は、最近、多くの抗菌作用をうたった石鹸の使用を禁止しましたが、まだ店頭に置かれているものもあります。これらの抗菌石鹸は副作用があるので使用しないでください。抗菌石鹸は、昔ながらの石鹸と比べて病気を防ぐ効果が高いわけではなく、抗生物質耐性菌の生成、ホルモンを混乱させる、子どものアレルギー発症の可能性を高めるといったリスクもあります。とはいえ証拠は暫定的なので、「今まで使ってしまっていた!」とパニックにはなる必要はありません。でも抗菌石鹸には特にメリットがないので、リスクを負わないほうがよいですよね。また、手の消毒剤も使い過ぎないほうがよさそうです。FDAは現在、Purellなどの消毒剤が妊娠中の女性や子どもに有害かどうか調査中とのこと。

4. 直射日光を避ける

見た目や健康上の理由から「日焼けは良くない」と言われているので、真っ黒に日焼けするのは避けた方が賢明です。でも、熱帯以外の地域に住むほとんどの人にとっては、特に秋と冬に浴びる日光の量が少なすぎると、大きな問題となります。日光には体内のビタミンD合成の促進、一部の癌の予防、規則正しい睡眠、気分を明るくするといった効果があります。また多くの研究で、少ない時間でも自然の中で過ごすと集中力が高まり、より生産的になれるとの調査結果が出ています。とはいえ、日焼け止めをしない、砂浜で何時間も日焼けするといった行動はやりすぎです。でも、日焼けの影響を気にしすぎて家の中にこもるのも、良くないですよ。

5. ジュースやスムージーを飲む

ジュースやスムージーの広告は、液体の形で果物や野菜を摂れるので非常に健康的だと訴えているものの、医師はちょっと懐疑的な見方をしています。「フルーツジュースを飲むことは、フルーツをそのまま食べることとは違います。フルーツジュースの多くは、砂糖を多く含む昔ながらのジュースと同じくらいの糖分が含まれています。また、体内への吸収が非常に速いです。そのため、胃に到達するころには、身体はそれをコカコーラかオレンジジュースが判断できなくなっています」とケンブリッジ大学の専門家、スーザン・ジェブさんは語ります。一番良いのは自然な形で果物を食べることです。「できれば常に、ジュースやスムージーではなく、新鮮な果物や野菜を選んでください。そうすれば、より多くの食物繊維や栄養素が摂れ、摂取するカロリーも抑えられます」と栄養士のAzmina Govindjさんは勧めています。なお、のどが乾いたら、水を飲みましょう。

6. お酒を一滴も飲まない

節度を持って飲むことは大事ですが、今まで適量のビールやワインを楽しく飲んできた方なら、軽く飲酒することは問題ありません。実際、Reader's Digestには「ビールに含まれている豊富なビタミンB6含有量が、心臓発作を引き起こすアミノ酸であるホモシステインの蓄積を防ぐ」と書かれています。また、ワインにも利点があります。 白ワインや赤ワインを時々飲むことは心臓の健康を促進し、いくつかの癌から体を守ります。それに、頭のキレを良くする効果もあるそう。懐疑的な方は、WebMDに詳細が載っているので、読んでみてください。とはいえ、もともとお酒を飲まない方が健康のために飲み始める必要はないですよ。でも、適量を飲むのに罪悪感を感じる必要はありません。

7. 体重をこまめに測り、変化に敏感になる

もちろん自分の身体や元気さなど、健康の度合いに敏感であることは大事です。でも、だからといって体重計に出てくる数字を気にしすぎてはいけません。過去にカーリー・スチュワート博士は「体重計は、健康的な食事と運動の進行状況を追跡する最良の方法ではない」と主張しており、その理由を以下のように述べています。「体重計は脂肪と筋肉の両方を同じように扱っています。別の言い方をすれば、体脂肪1kgは筋肉1kgと同じとみなされています。運動療法として筋肉を強化していると、少し体重が増えることがありますが、それは悪いことではありません。食事や運動療法の進行状況を見るときに大切なのは、自分がどう見えるか、どう感じるかです」 [ライフハッカー[日本版]]image via shutterstock

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    4. 知らない間にストレスを蓄積させている行動習慣とは

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 夜のお出かけ前はこれだけやればOK!「お疲れ顔」がよみがえるメイク直しテク

    8. ちょっとくらい掃除をさぼっても大丈夫! 半永久的に抗菌できる加湿器

    9. オバマ夫妻も取りくんだ不妊治療、IVF(体外受精)について知りたい

    10. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    6. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    7. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 肺がんにならないために、今日からできること10

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    実は間違い!? カラダによくない7つの健康習慣

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More