1. Home
  2. BODY
  3. 習慣化したいデリケートゾーンのケアアイテム5選

習慣化したいデリケートゾーンのケアアイテム5選

新習慣

2,357

片岡理森

習慣化したいデリケートゾーンのケアアイテム5選

スキンケアやヘアケアは毎日しっかりしているのに、おざなりになりがちなのがデリケートゾーン。繊細な部分だからこそ、やさしくしっかりケアしたい。素材にこだわったデリケートゾーンのケアアイテムを、マイロハスの記事のなかから集めました。

かぶれとかゆみを軽減する100%天然由来のクリーム

1801_delicatecare_01.jpg

イタリア・シチリア島生まれのオーガニックコスメブランド「ARGITAL(アルジタル)」の「デリケートハイジーン ニアウリクリーム」。海洋性ミネラルや保湿成分をたっぷり含んだグリーンクレイや、肌荒れを防ぐ効果も期待できるニアウリを配合し、かぶれとかゆみの原因となるかさつきを防ぎます。伸びがよく、なじんだ瞬間サラサラに。スーッとする使用感も心地いい。スタイリッシュなデザインなのでポーチに入れておくのも抵抗ありません。>>持ち歩いてもはずかしくない。植物の力でデリケートゾーンをケア

フランス発デリケートゾーンのケアライン

1801_delicatecare_02.jpg

フランスから上陸した「ウーマンエッセンシャルズ」は、肌と同じようなケアラインがラインアップされています。ボディのお手入れと両立できる「マイルドクレンジング ジェル」や、なめらかでやわらかな肌へと導く「サテンフィール マッサージオイル」など、バスタイムの新習慣に加えたい。すべて希少な天然成分を配合している高品質なアイテムです。>>パリジェンヌがデリケートゾーンをケアする理由

持ち歩きに便利なコットンワイプ

1801_delicatecare_03.jpg

とても敏感で、摩擦や乾燥、蒸れに弱いデリケートゾーン。清潔に心地よく保つには、トイレットペーパーで強く拭くのはやめて、専用のアイテムを使うのがおすすめ。「Pubicare organic」の「デリケートコットン ワイプ」は、一見すると携帯用のウェットティッシュのよう。生理中やスポーツの後など、外出先でも使える手軽さが魅力的です。>>デリケートゾーンは「第二の顔」。自宅で骨盤底筋マッサージ

女性の体と地球環境を考えて作られたナプキン

1801_delicatecare_05.jpg

デリケートな部分と密着する生理用ナプキンにもこだわりをもちたい。「natracare(ナトラケア)」は「必要のない薬剤や添加物を女性の体に持ちこまない」という考えのもと、塩素・高分子吸収剤・プラスチック・香料・添加物がすべてフリーなナプキン。オーガニックコットンやビオフィルムなど100%自然素材で、やわらかく、むれにくく、やさしい肌触りです。>>やさしくて機能的な使い心地、「ナトラケア」のオーガニックナプキン

ファースト布ナプキンにおすすめ

1801_delicatecare_06.jpg

コスメキッチンとオーガニックコットンの専門ブランド「MADE IN EARTH.(メイド・イン・アース)」とのコラボで誕生した「リトル布ナプキン」。素材・吸収体・羽テープ・縫い糸と、すべてのパーツに純オーガニックコットンを使っているのが特徴。軽い日用の生理用ナプキンとしてはもちろん、おりものシートやパンティライナーとしても活用できます。とても経済的で、エココンシャス。やわらかな布にくるまれているような安心感がやみつきになりそう。>>ピュビケアしてる? デリケートゾーンに安心なサニタリーアイテム2選

欧米では当然のように行われているデリケートゾーンのケア。大人の女性として、日常的にケアすることを習慣化していきたいです。

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析